北海道の酒器9選。こんぶぐい呑みなどお酒にあうグラス・骨董品の紹介

【PR】
バフンウニの塩ウニ

非常に広大な土地と豊かな自然、清流や海など国内でもダイナミックな北海道。その恵みを生かした日本酒の製造も道南の江差、松前、函館で江時代から行われてきました。
日本酒だけでなく、ウィスキーの蒸留ビールワインの醸造など、広い面積の中でバラエティ豊かなお酒が生み出されています。北海道は海の幸、山の幸、野菜や肉などお酒のおつまみとなる食品も豊富です。

おつまみライターランニングフリージー
ランニングフリージー
そして道内では様々な工芸品や製品が製造されているという側面も持ちます。これだけの条件がそろえば酒器も数多く生み出されるのは自然の流れ。今回は北海道の酒器というテーマで様々な酒器をご紹介します。

※この記事を書いたライターランニングフリージーのプロフィール

こんぶのぐい呑み

酒器で北海道を味わう
酒器でお酒を味わうという表現があります。しかし、これを雰囲気や口当たりだけでなく直接味わってしまうというのが、こんぶのぐい呑みです。

北海道産の昆布を使い、独自の製法でぐい呑みに加工しています。
この酒器に日本酒や焼酎を注げば北海道のこんぶのうまみが流れ出て磯の香りを楽しみながら飲めることでしょう。このほか、ミネラルやアミノ酸が溶け出し栄養にも良い影響を与えるのも魅力です。

話題作りにもなるユニークな酒器が北海道こんぶのぐい呑みです。

 

旭川クラフトの木Glass(グラス)


北の芸術の街で生み出される木製とガラスの酒器
旭川の西に小高くそびえる嵐山、丘陵となった同地域では様々なクラフトの工房が点在しています。これらの工房の一つに、旭川クラフトがあります。ここではガラス工芸や木工などを行う工房として日夜様々な工芸品が生み出されています。
この酒器は、氷の中に飲み物が溶け込んでいくような神秘的なヒビのデザインを持つグラスとえんじゅの木の土台で構成されています。

いずれも美しい模様を持ち、お酒の時間をより楽しませてくれます。また、えんじゅの土台は表面にウレタンのコーティングを施すなど傷や水に強い、機能性の高いものになっています。

工房のガラス溶解炉は家庭や飲食店などで使用済みの食用油を燃料にしているのも特徴です。そして、CO2の削減に取り組み2011年に環境大臣表彰を受賞しました。環境にやさしい酒器でお酒を楽しんでみましょう。

 

摩周北創窯のぐい呑み

摩周湖のブルーを感じさせる酒器
世界でも有数の透明度を誇る摩周湖を町内に持つ弟子屈(てしかが)町で陶芸を行っているのが摩周北創窯です。ここでは日夜、食器など実用性の高い製品を多数焼き上げており、ぐい呑みもその一つです。釉薬にはヒバ、楢、桜、白樺などの木灰を使い、自然にやさしく、軽くて使いやすい酒器という特徴もあります。
このような機能性の高い一面を持つ一方、一番の特徴は深いブルーをたたえる美しい色合い。まるで摩周湖の青を思わせるカラーは、お酒を注ぐとより鮮明になります。遠く摩周湖の景色に思いを馳せながら、お酒を飲んでみてはいかがでしょうか。
摩周北創窯Facebook
 

黒羽陶工房の酒器


札幌スタイル認証製品作家が絵付けした酒器
札幌スタイルという事業があります。これは、札幌市の札幌市経済観光局産業振興部立地促進・ものづくり産業課が行っているものです。
いずれの製品も高い品質で日用遣いはもちろん、お土産などで買って行っても満足の品ばかりです。札幌市の黒羽陶工房も札幌スタイルの認証を受けた工房の一つとして知られています。同工房を主宰するのは染付作家の黒羽氏、同氏は器を別に発注し、その器に絵付けをすることで高い評価を得ています。特にウサギの絵に定評があり、同氏のトレードマークになっているのも特徴です。
この酒器は、黒羽氏が染付したぐい呑みで、中央にはかわいいウサギの絵付けがされています。独特の絵柄は、どこか癒される雰囲気を持ち、お酒を飲んでいると疲れも取れてくるような印象です。

【ふるさと納税】 黒羽陶工房の染め付けの器・酒器三点セット「黄磁釉(おうじゆう)・雪の森」札幌市
 

網走ビールのグラス


地ビールメーカーのオリジナルグラス
北海道は、大手ビールメーカーの発祥の地として知られており、ビールの醸造も盛んです。地ビールとして多くのクラフトビールが醸造されており、北海道の東にある網走にも網走ビールがあります。

このビールの特徴は、北海道の名産であるハマナスの実を使ったビールや仕込み水に流氷を使っていることです。これらの工夫によって唯一無二のビールを生み出しています。
網走ビールでは、同社の個性的なビールを美味しくいただけるようにオリジナルのグラスも用意しています。

細めの逆三角形のシェイプをしたグラスは、網走の氷をイメージするようなヒビの模様が特徴です。この酒器に網走ビールを注げば美しい泡と素晴らしいのど越しが楽しめるでしょう。
 

ふらのワインのロゴ入りグラス


漫画キャラとのコラボグラス
北海道北部(道北地方南部)に位置する富良野市でワイン醸造を行っているのがふらのワインです。2022年で50周年を迎える同ワイナリーでは、様々な試みを行っていることでも知られています。

その一つがワイングラス。人気漫画「邪神ちゃんドロップキックX」とのコラボレーションで、同漫画のキャラクターをサンドブラスト加工で仕上げました。

グラス自体も同市のガラス工房、グラス・フォレスト in Furanoで作られた本格的なワイングラスです。どこまでも本気でワイン作りやユニークな企画をしてしまうふらのワインに注目です。
 

オホーツク焼のぐい呑み

鮮やかな藍色と白色のコントラストが美しい
北海道の東部にある美幌町の美幌窯で作陶を行っているのがオホーツク焼です。開窯して40年を数え、多くの陶器を生み出してきました。
オホーツク焼きは、北海道から望む北の海、オホーツク海をイメージさせる色遣いが特徴です。鮮やかな藍色と流氷を思わせるような白色とのコントラストは、1つ1つ異なった趣を持っています。北の海をイメージさせるぐい呑みで、荘厳な北海道の自然を感じてみてはいかがでしょうか。
美幌窯(美幌町ホームページ)
 

がらすギャラリー童夢のワイングラス

独特のサンドブラスト製法が生きる酒器
北海道西部にあるニセコ町でガラス工房を開いているのががらすギャラリー童夢です。
蝦夷富士ともいわれる羊蹄山のふもとで数多くのガラス器を生み出しています。一つ一つ受注生産を行っていることから手元に来るまでに数週間かかるものの、非常に美しいサンドブラスト加工が特徴です。ワイングラスのほか、タンブラーやお猪口、徳利などを手掛け、オリジナルの酒器を手に入れることもできます。
美しい模様をサンドブラストで表現し、元のグラスもグラデーションが美しいことから2度楽しめるのも魅力といえるでしょう。そんなガラス器を注文して、豊かなお酒の時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。
がらすギャラリー童夢ホームページ
 

ゆかり窯のぐい呑

ゆかり窯 (北海道)
¥4,860 (2024/07/16 11:53:18時点 Amazon調べ-詳細)
北海道旭川にある素朴な焼き物
ゆかり窯は北海道の中央部にある旭川の窯元です。同地にある嵐山の近くで作られる陶器の数々は北海道らしい形をモチーフにしたものばかりです。そして絵付けの模様も北海道でたくましく生きる草花や生物をモチーフにしているのも特徴です。
この酒器は、手に取ると柔らかな感触を覚えます。そして、使っているとどこか優しい気持ちにさせてくれるぐい呑みでもあります。雄大な北海道の厳しい自然を生きる草花をイメージしながら、お酒を頂けるでしょう。
 

まとめ

北海道は、今回ご紹介した通り新しい試みから生まれた酒器が多いです。かつて江戸時代に焼かれていた焼き物は、ほぼ現在の新しい焼き物に置き換わりました。
そして、主に焼かれている地域も古くから藩や幕府の出先機関があった道南ではなく、それ以外の地域が中心です。このように伝統工芸品というよりは、新しい感覚で生み出されたものが多いのが北海道の酒器の特徴といえます。
一方、陶磁器だけでなく、ガラス器や木器などバラエティ豊かな酒器が多いのも北海道の魅力です。雄大な自然は、酒器を生み出すインスピレーションとなって、日夜新たな酒器が登場しています。そのため今回紹介した酒器以外にもきっと新しい出会いがある地域といっても過言ではありません。そんな懐の広い雄大な北海道を感じながら今夜も一献。

関連記事

  1. 江戸切子

    東京の酒器9選。江戸切子などお酒にあうグラス・骨董品の紹介

  2. 酒器

    大阪の酒器8選。大阪錫器などお酒にあうグラス・骨董品の紹介

  3. 酒器

    宮城県の酒器7選。堤焼などお酒にあうグラス・骨董品の紹介

  4. 大谷焼登り窯

    徳島県の酒器8選。大谷焼などお酒にあうグラス・骨董品の紹介

  5. 越前蟹のかに味噌

    福井県の酒器7選。越前焼などお酒にあうグラス・骨董品の紹介

  6. ワイングラスで飲むとおいしい日本酒とグラス

    ワイングラスで飲むとおいしいおすすめの日本酒とグラス計10選