宮崎県の酒器7選。山王焼などお酒にあうグラス・骨董品の紹介

酒器

日本を作った神様が地上に降り立った伝説の地として知られる高千穂を擁する宮崎は、温暖な気候と自然の豊かさから、様々な観光スポットがあることでも知られています。
そんな宮崎のもう一つの顔は焼酎王国、全国的にも焼酎の名産地が多い九州らしく、宮崎も焼酎の製造が有名です。そんな焼酎を楽しむのに必要なのが酒器です。今回は宮崎のおすすめの酒器をまとめています。定番の酒器から、意外な酒器まで様々な酒器を見ることができます。

生楽陶苑の山王焼 ぐい呑


ガラス状の被膜が美しい生楽陶苑の山王焼 ぐい呑
宮崎の山王焼は焼き物の焼成中に食塩を投入することで、蒸気となった食塩が焼き物の表面をコーティングし、ガラス状の被膜を形成させているのが特徴です。こういった技巧を塩釉といい、塩釉によって生み出された質感は食器にした際のスムーズな口当たりとなって、美しさだけでなく機能性を高めてもいます。そんな山王焼をぐい呑みにしたのがこの酒器です。美しい青の模様とは対照的に内部は素朴な茶色、この色合いの対比も楽しめます。
このぐい呑を手掛ける生楽陶苑は宮崎で7種の窯を構え多彩な作風を持つ技巧派の窯元であり、この山王焼のぐい呑みも、その技術をいかんなく発揮しています。焼酎や日本酒を注げば、きっと外見の楽しさだけでなく口当たりの良さも楽しめることでしょう。
生楽陶苑ホームページ

created by Rinker
生楽陶苑
¥5,900 (2021/03/07 23:34:51時点 Amazon調べ-詳細)
 

民芸陶器 えびの焼 ビアカップ


えびのの伝統工芸のビアカップ
えびの高原は、宮崎が誇る豊かな自然です。このえびの高原で焼かれている焼き物がえびの焼になります。高原のススキをイメージした茶褐色が特徴の陶器で、実用性も高い焼き物として宮崎では知られています。近年の焼き物の多くが化学薬品を使った釉薬を使用する中、自然鉱石を使った天然素材をかたくなに使用している焼き物で自然な風合いを感じさせる焼き物に昇華されています。
そんなえびの焼をビールのためのビアカップに仕上げたのがこの酒器です。えびの焼の色とビールの色がマッチし、旨味を演出してくれます。えびの焼がこだわったオーガニックな製法とマッチしたクラフトビールを注いでゆっくりと楽しむのも良いかもしれません。常夏をイメージしがちな宮崎もこういった晩秋をイメージさせてくれる味わい深い酒器でもあります。

created by Rinker
¥20,000 (2021/03/07 23:34:51時点 楽天市場調べ-詳細)
 

都城焼太郎窯 だれやめセット


焼酎飲みの名前を冠した都城焼太郎窯 だれやめセット
だれやめとは九州の方言で、焼酎を飲む晩酌のことを指します。仕事のだれ(疲れ)をやめる(とめる)という意味で使われるこの言葉は、仕事のあとの一杯を楽しむことから多く人々に愛されてきた言葉です。そんなだれやめをするのに最適なお湯割りが簡単にできる焼き物のコップと小鉢をセットにしたのがこのだれやめセットです。
宮崎の南西端に位置する都城市では焼酎のお湯割りを楽しむ文化があります。この文化を体験できるように現地で最適とされる焼酎6とお湯4の六四と呼ばれる飲み方の目印がついているので本格的なだれやめができます。
作られたところは現地の太郎窯で、普段使いにも適した温かい作風の陶工が手掛けています。

 

飫肥杉ぐいのみ

宮崎の名産木を使った飫肥杉ぐいのみ
宮崎県南東部の日南市付近で育成された飫肥杉(おびすぎ)は、九州でも有数の名産として、江戸時代から飫肥藩によって保護されてきました。油分が多く腐りにくいという特性から一躍、飫肥藩の重要な産業として成長し、現在もその植林は続いています。
そんな上質な飫肥杉をぐい呑みに加工したのがこの酒器です。高級感のある杉の質感を楽しめるだけでなく、口当たりも優しいのが特徴といえます。
 

価値の高い骨董品をお持ちの方は買取サイトで鑑定へ

宮崎にも様々な骨董品が眠っています。ご自宅にも意外と多くの骨董品があるかもしれません。そんな骨董品を気軽に、しかもあっという間に簡易査定してくれるのが、【バイセル】などの今回紹介する買取サイトです。ここでは店舗に骨董品を持ち込まなくとも、査定や買取を行ってくれる気軽な買取査定サービスがありますので気になる方はご確認ください。




お酒の買取サイトもあります。宮崎には希少な焼酎や古酒として熟成された高価な焼酎が数多く眠っています。もし、そういった古い焼酎や古酒などをお持ちでしたら、一度買取査定を受けてみましょう。意外な高さの焼酎もあります。こちらのページで詳しく解説していますのでご確認ください。

 

都城杉ロックグラス


都城の木工技術が光る都城杉ロックグラス
先ほど紹介した飫肥杉は宮崎県内で加工されます。その中でも加工技術に定評があるのが都城の木工技術です。この木工技術を生かしてロックグラスに仕上げたのがこの酒器になります。
焼酎のロックはもちろん、ウィスキーのロックも楽しめるロックグラス、ガラスのイメージが強いこのジャンルでも都城で加工されたロックグラスは十分活躍してくれるでしょう。高級木材と高い加工技術を体験しながら、熟成された宮崎の焼酎を楽しむのもおすすめです。

created by Rinker
¥25,000 (2021/03/07 23:34:51時点 楽天市場調べ-詳細)
 

無限窯ビアマグカップ


宮崎の匠が送り出した無限窯ビアマグカップ
宮崎県南部、日南市で工房を構えているのが無限窯です。海岸線の海沿いにある工房で多くの作陶を続けており、特に技術力を要求される急須の制作に定評があります。
その高い作陶技術をビアマグカップというジャンルに応用したのがこの酒器になります。冷たいビールをグイっと飲むのも良いですが、この酒器で本場のビールを常温(欧州のビールは常温で飲むものが多い)でゆっくり楽しむのもふさわしい酒器に仕上がっています。

 

ANA青島ファクトリー青島ぐい呑み


航空会社の関連企業が生み出すぐい呑み
ANA青島ファクトリーは、日本の大手航空会社、ANAが地域の活性化を目的にして開設された工房です。木や紙の原料で様々な製品を製造しています。もともとANAの前身の1つ極東航空が拠点とした経緯からANAと宮崎は深い関係にあり、こういった雇用促進の施設を作るに至りました。この工房で作られる宮崎県木の飫肥杉(おびすぎ)や飲料の紙パックなどを再利用した製品が特徴です。
そんなANAファクトリーで製造されたのが杉で作られたぐい呑みです。木の質感をいかしたクオリティで、ANAともなじみの深いことから航空機に興味のある方にも気に入ってもらえるような酒器に仕上がっています。
 

まとめ

南国情緒豊かな気候、様々な神話伝説、そして美しい自然が感じられる場所、それが宮崎です。
そんな宮崎県は焼酎どころとして知られ、今回紹介した酒器のいくつかは焼酎との相性も最適なものがありました。また、ヤシの木のような植物、フェニックスが県内のいたるところで目にできる暖かな気候は、ビールやハイボール、チューハイといったのど越しの良いアルコール飲料を飲むのにも最高の気候といえます。そのため、気候にあった酒器も多く生み出されている場所でもあります。こういった温かい気候であるのに対し、九州山地にかかるえびの高原は、九州屈指の寒冷地として知られ、日本最南端のスキー場も設置されています。
そんな宮崎にもし興味があれば、酒器やお酒目当てで「来んねみやざき(みやざきに来てください)」。

関連記事

  1. 陶器タンブラーでビールを飲む

    石川県の酒器10選。輪島塗や九谷焼などお酒にあうグラス・骨董品の紹介

  2. 九州の地ビール

    九州地方(長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・佐賀)のおすすめ地ビール6選。地ビールにあうおつまみ・お土産・ビール館情報

  3. 酒器

    大阪の酒器8選。大阪錫器などお酒にあうグラス・骨董品の紹介

  4. 宮崎県炭火焼地鶏

    宮崎県のお酒・お土産にも最適なおつまみ10選(海鮮・肉・珍味)

  5. 京焼

    京都の酒器9選。清水焼などお酒にあうグラス・骨董品の紹介

  6. 信楽焼

    滋賀の酒器9選。信楽焼などお酒にあうグラス・骨董品の紹介

  1. 陶器タンブラーでビールを飲む

    石川県の酒器10選。輪島塗や九谷焼などお酒にあうグラス・骨董品の…

  2. お酒買取でジョイラボはおすすめできるか

    お酒買取でジョイラボはおすすめできるか口コミ評判を検証してみた

  3. お酒買取リカーズおすすめできるのか?

    お酒買取リカーズはおすすめできるか検証してみた

  4. お酒買取でバイセルはおすすめできるか?

    お酒買取でバイセルはおすすめできるか口コミ検証してみた

  5. 越前蟹のかに味噌

    福井県の酒器8選。越前焼などお酒にあうグラス・骨董品の紹介

  1. ジャパニーズウイスキー

    なぜ品薄・高騰・高額買取?歴史から導くおすすめのジャパニーズウ…

  2. 2021年値上がりしそうな国産ウイスキー

    2021年値上がりしそうな国産ウイスキー9選を予想してみた

  3. 焼酎

    ダイエット中でもお酒を飲みたい!焼酎と他のお酒のカロリーを比較…

  4. 日本酒の高価お酒買取

    日本酒を売るおすすめお酒買取店6選。高額売却査定の秘訣

  5. 日本酒風呂でお風呂を贅沢に!酒風呂の効能と作り方・温度・使うお…