埼玉県の酒器9選。飯能焼などお酒にあうグラス・骨董品の紹介

酒器

埼玉というと東京のベットタウンのイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。しかし、実際は数多くの工芸品や名産品が存在し、日本酒やウィスキーの製造が行われている地域です。
このような背景があれば、必ず存在するのがお酒を注ぐために利用される素晴らしい酒器の数々です。

おつまみライターランニングフリージー
ランニングフリージー
今回は埼玉の酒器というテーマで、気になる埼玉の酒器をいくつか紹介していきます。埼玉にはどのような酒器があるのか気になる方にとってこの記事はきっと興味深い内容となるでしょう。陶磁器や木器、グラスなどのガラス器など様々なものがあります。

※この記事を書いたライターランニングフリージーのプロフィール

飯能焼 ぐい呑み

現在も作陶が続く酒器
飯能焼は、埼玉の南西部にある飯能市で作られている焼き物です。以前は埼玉で盛んに作られていましたが、現在はほとんど焼かれていない絶える寸前の焼き物でもあります。主に生活雑器が焼かれていた歴史から耐火性の強い丈夫さが特徴です。
現在は、ごく限られた陶工が作陶し時々、埼玉県内で目にする機会もあります。珍しくなった焼き物で、ぐい呑みを見つけるのも手間がかかりますが、手に入った分、報われ方も大きいのではないでしょうか。骨董品的な価値のある飯能焼が多い中、現在も作られているぐい呑みを探しに行ってみるのもおすすめです。

飯能窯
¥6,380 (2021/11/28 07:06:20時点 Amazon調べ-詳細)
 

錫の籐巻ぐい呑み


錫の輝きと藤の質感が美しい酒器
埼玉は、内陸ではあるものの東京から近いという地理的な条件から、様々な工業が発達しています。特に川口の鋳物技術や金属の加工技術は全国的にも高い水準にあります。
このぐい呑みは、川口の優れた金属加工技術によって生み出された錫のぐい呑みです。衛生的で口当たりもよくぐい呑みとしての機能も高い酒器に仕上がっています。また、熱伝導率の高さから熱燗を手に持つと熱さを感じてしまう弱点も藤の弦を巻いて改善しているのも特徴です。関東では非常に貴重な錫の加工技術を生かしたぐい呑みで、冷酒はもちろん、熱燗を楽しんでみるのもおすすめです。

 

イチローズモルト ロックグラスセット


希少ウィスキーを生み出す蒸留所
埼玉の山間部、秩父にはウィスキーの蒸留所があります。そこで生み出されたウィスキーはイチローズモルト、ワールドウイスキーアワードで世界一に輝くなど大手に負けない銘柄です。現在、日本はもちろん世界でも人気があり、オークションでは非常に高額な金額で年代物のイチローズモルトが取引されています。その理由は5年連続でのワールドウイスキーアワードを受賞したことが挙げられます。日本の大手ウィスキー蒸留所でさえ、なしえるのが難しい偉業を成し遂げているのが埼玉の秩父蒸留所です。

このように輝かしい実績を持つイチローズモルトとこのグラスで飲んでみてはいかがでしょうか。
 

花陽浴のぐい呑み

新進気鋭の蔵元のぐい呑み
花陽浴は若手の蔵元と姉夫婦の3人が手掛ける手作りにこだわった日本酒です。知る人ぞ知る質の高いお酒を提供している醸造所であり、埼玉の隠れた名酒でもあります。
そんな花陽浴を手掛けるのは、埼玉県の北東部に位置する羽生市の南陽醸造です。少量生産でとても希少な日本酒を醸造しており、そのぐい呑みも希少価値が高い酒器といえます。

 

孟宗竹のワイングラス


埼玉の木工加工技術を生かしたグラス
ワイングラスというと、多くの方がガラスをイメージするのではないでしょうか。しかし、このワイングラスは天然孟宗竹を使用しているのが特徴です。
埼玉県の南東部に位置する越谷市の木工所で中国から取り寄せた良質な孟宗竹を用いてワイングラスに加工しています。もともと越谷市は宿場町として栄えた歴史があり、様々な技術が流入しました。そして雛人形や桐箱など高度な木工加工技術が必要な工芸品を多く生み出した歴史を持ちます。
このような歴史から木工技術も優れ、ワイングラスのように薄く、しかも細い構造の酒器を作るのを可能としています。越谷の匠の技を感じながらワインを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

長瀞蔵 酒器セット

創業290年の老舗蔵元の酒器

長瀞蔵は、埼玉の山間部、長瀞町で江戸時代から醸造を続ける老舗の蔵元です。仕込み水は、埼玉が誇る名水、風布の天然水を使用しているのが特徴で、この水は全国名水百選にも選ばれています。そのような素晴らしい素材を使っている長瀞蔵は現在も多くの愛飲者を持つ素晴らしいお酒です。
この酒器は、長瀞蔵のロゴが入った二合徳利と3勺のお猪口が2つ入ったセットです。いずれも伝統ある長瀞蔵のロゴが配されており、お猪口には内底にしっかりとロゴが入れられています。埼玉の酒造りの伝統を感じながらお酒を楽しみましょう。

¥12,000 (2021/11/28 07:06:21時点 楽天市場調べ-詳細)
 

西川材のワイングラスボトルホルダー


埼玉の優れた木材を使ったワインのための専用ホルダー
西川材は、埼玉県飯能市、入間郡毛呂山町、越生町から産出されているスギ、ヒノキを総称した木材です。江戸時代から利用されており、江戸との距離も近いことから、江戸の町の建物を建てるのにも盛んに利用されてきました。西川という名称は、この木材を運ぶ際に水運を利用したことから始まっています。入間川や高麗川、越辺川から江戸の西にある荒川経由で木材を運んだため、西川材の名前が付きました。
江戸の町を支えた重要な森林資源を贅沢にワインの専用ホルダーとして制作したのがこの酒器です。中央にワインボトルを差し込み、周囲にグラスをかけることで、スムーズにワインの用意ができます。

埼玉の木材の丈夫さで楽しいワインライフが楽しめるでしょう。

 

KTURA(ケトゥーラ)の天然木タンブラー


さいたまの鏡面塗装技術が光る酒器
さいたま市にある栗原木工所が自社の木材加工技術や漆塗装で培った鏡面塗料技術で様々な製品を手掛けています。工芸品に限らず、その技術を工業製品にも生かし、幅広い塗装や加工を行っている企業でもあります。
このような実績を持つ木工所でリリースしているのがKTURAブランドの食器や酒器です。この酒器は、同社の技術を使って木器の表面を鏡面塗装に仕上げています。単に漆で鏡面塗装しただけでなく、金箔をあしらうことで高級感を出しています。一方内面は、木目の温かみを感じさせる対照的なデザインになっているのが特徴です。漆塗りの技術の高さを感じさせるタンブラーといえるのではないでしょうか。

東洋佐々木ガラス
¥8,000 (2021/11/28 07:06:22時点 Amazon調べ-詳細)
 

武州正藍染のぐい呑み袋


希少なぐい呑みを保管する美しい袋
江戸時代から藍染が盛んに行われてきた埼玉では、現在も藍染にこだわり、様々な製品を生み出しています。
この藍染は優れた品質から武州正藍染という名前で現在も高級な藍染として流通しています。染めの状態を目で確認して染めることから均質な色合いが保て、織り上がると非常に温かみのある「青縞」が生まれるのが特徴です。
このぐい呑み袋は、水仙文をあしらい、日本国内で縫製を行った高級な袋に仕上がっています。大切にしたいぐい呑みを保管したり、あるいは自慢のぐい呑みを袋に入れて酒の席に向かったりと利用方法も広いのも魅力です。

陶のぐい呑や
¥3,580 (2021/11/28 07:06:22時点 Amazon調べ-詳細)
 

価値の高い骨董品をお持ちの方は買取サイトで鑑定へ

埼玉には失われた焼き物の技術が数多くあります。そのような技術を生かした骨董品が自宅で見つかれば、【バイセル】などの買取サイトへの査定をおすすめします。
買取サイトであれば簡単な操作で簡易的な査定から、宅配便を利用した本格的な宅配査定から買取までできます。このような買取サイトを利用して様々な骨董品の査定を依頼すれば驚くほどスピーディーに査定買取を受けられるでしょう。興味がある方は以下のリンクからアクセスしてみてください。




お酒に価値があるという事を知らない方も意外と多いです。実はお酒も骨董品並みの価値があるケースも少なくありません。
実際に先ほど紹介したイチローズモルトの古酒は、海外で数千万円以上もの価値が付きました。ここまで高額なお酒はまれですが、価値の高いお酒が多いのは本当の話です。こちらのページで高価買取方法のコツも紹介しています。もし自宅に古いお酒が眠っていたらお酒買取サイトへ査定依頼してみましょう。

 

まとめ

埼玉は、東京の近郊であるという特徴だけでなく秩父の豊かな森林によって木器などの製品加工も盛んです。さらに金属加工など工業技術も高く、加工技術によって多くの酒器も生み出しています。
また、ウィスキーや日本酒も盛んに作られている土地という特徴から蒸留所や蔵元から様々な酒器が出ているのも特徴です。このような魅力を持つ埼玉で酒器を探してみるのも良いのではないでしょうか。まずは、今回紹介した酒器を中心に試してみるのがおすすめです。

関連記事

  1. 信楽焼

    滋賀の酒器9選。信楽焼などお酒にあうグラス・骨董品の紹介

  2. 酒器

    宮城県の酒器9選。堤焼などお酒にあうグラス・骨董品の紹介

  3. 大谷焼登り窯

    徳島県の酒器8選。大谷焼などお酒にあうグラス・骨董品の紹介

  4. 陶器

    兵庫県の酒器8選。丹波焼などお酒にあうグラス・骨董品の紹介

  5. 酒器

    長崎県の酒器9選。波佐見焼などお酒にあうグラス・骨董品の紹介

  6. 酒器

    高知県の酒器8選。内原野焼などお酒にあうグラス・骨董品の紹介

  • お酒買取ランキング
  • 全国の厳選地酒特集
  • なぜ高い?プレミア焼酎
  • 全国おつまみ特集
  • 全国の地ビール特集
  1. お酒買取の福ちゃんバイセルの口コミ評判比較

    お酒買取の福ちゃんバイセルの口コミ評判とは?価格相場や押し買い…

    2021.11.20

  2. シャトーペトリュス買取おすすめ店5選

    シャトーペトリュス買取おすすめ店5選。当たり年や高額売却査定の秘…

    2021.11.18

  3. クルボアジェ買取おすすめ店5選

    クルボアジェ買取おすすめ店5選。ナポレオンcourvoisier等買取価格…

    2021.11.17

  4. 美味しい通販おせちとおせちに合うおすすめ日本酒

    2022年本当に美味しい通販おせちとおせちに合うおすすめ日本酒計10選

    2021.11.17

  5. ヘネシー買取おすすめ店

    ヘネシー買取おすすめ店5選。xo旧ボトルvsop買取価格相場

    2021.11.09

  1. 着物ボトルカバー

    お酒ボトルをオシャレに飾れるおすすめ着物ボトルカバー5選と作り方

    2021.07.08

  2. 飲むシリカ口コミ評判を検証

    ステマ?飲むシリカは美容や腎臓に良いか口コミ効果評判を検証した

    2021.08.03

  3. 着物買取福ちゃんおすすめできるか

    着物買取で福ちゃんはおすすめできるか口コミ評判・押し買いを検証…

    2021.06.29

  4. おすすめ家庭用ビールサーバー

    自宅で家飲みを満喫!レンタルも可おすすめ人気家庭用ビールサーバ…

    2021.08.06

  5. 着物福ちゃんバイセル比較

    福ちゃんバイセル着物買取の店舗相場・口コミ評判や押し買いを比較…

    2021.07.02