山口県の酒器10選。萩焼などお酒にあうグラス・骨董品の紹介

萩焼

山口県は、日本海や関門海峡、そして瀬戸内に囲まれた自然豊かなエリアとしてだけではなく、西日本の小京都と言われた山口市や長州藩のおひざ元である萩市など文化溢れる県として知られています。当然そういったエリアには酒器も充実したものがあります。今回山口県の酒器をテーマに、山口県にまつわる魅力的な酒器を紹介していきます。山口県の酒器について徳利やぐい呑み焼酎カップなど、様々な酒器を知ることができるのではないでしょうか。
それでは、山口県の酒器をご覧ください。きっと今まで知らなかった酒器の世界を知ることができるはずです。

白萩焼酎カップ


白い萩焼で焼酎を!白萩焼酎カップ
萩焼と一言でいってもいくつかの種類があり、そのうちの一つに白萩があります。この白萩とは、焼き上がりが軽く素朴さが特長の萩焼の中でも雪のような白さを再現したものとして知られています。萩焼の窯元、三輪家が茶器として代々改良を重ねた白萩は江戸時代に活躍した陶工、三輪休雪(みわ きゅうせつ)が大成させたことから「休雪の白」という異名を持つ焼きものです。三輪家では、元々の地色である黒をうまく用いることで白をより際立たせるという試みが行われました。そういった努力によって白萩の知名度を飛躍的に上げることに成功させたという経緯を持っています。
そんな昔人の創意工夫は現代にも受け継がれており、焼酎の普及による現代の志向に合わせて焼酎カップを製作しています。透き通った焼酎と白萩の組み合わせは絶妙です。

created by Rinker
¥2,832 (2021/04/19 05:43:44時点 楽天市場調べ-詳細)

萩焼の二彩ロック碗


萩焼の色合いを組み合わせた二彩ロック碗
萩焼はほのかな色合いと優しい手触りに強みを持った陶器です。この色合いに注目し、二つの色を組み合わせた二彩という形式にして仕上げた酒器です。この萩焼の黒や白、赤といった色彩を2つ選びうまく調和するデザインや質感となっています。例えば白地の萩焼に赤い線をワンポイントで加えたものや黒地の萩焼に力強い線を模様のように加えたものなどが挙げられます。そんな萩焼の二彩をロック碗にしてあります。
ちなみにロック碗とは洋式のコップで言うところのロックカップを意味します。ロックカップとはウィスキーや焼酎、ウォッカなどの蒸留酒をロックで楽しむためのロックグラスを陶器などで厚手に作ったものです。つまり、このロック碗もそういった蒸留酒を楽しむための酒器といえるでしょう。萩焼の色合いの組み合わせを楽しみながら焼酎やウィスキー、ウォッカをお楽しみください。

created by Rinker
萩焼窯元
¥11,000 (2021/04/19 05:43:45時点 Amazon調べ-詳細)

萩むらさきの徳利


むらさきの色合いの深み・萩むらさきの徳利
萩焼は様々な種類があります。その中でも紫の色合いにこだわって焼き上げた陶器が萩むらさきと呼ばれています。土と釉薬によって萩焼の陶工が生み出す絶妙な「むらさき」、その要求される技量の高さからこれを売りに展開している陶工もいるくらいです。
そういった萩焼の一ジャンルである萩むらさきを徳利にしてあるのがこの酒器といえるでしょう。スタンダードな形状のものから丸みを帯びた美しい曲線を持ったものまでいくつかの形状が展開されています。いずれもほのかな紫が映える色合いとなっており、青みがかった紫と赤みがかった紫の組み合わせが絶妙なコントラストを生み出しています。
日本酒の注ぎ位置を変えるだけで、その注がれる酒の印象もガラッと変わることでしょう。そんな萩むらさきの徳利で一杯を。

created by Rinker
¥3,780 (2021/04/19 05:43:45時点 楽天市場調べ-詳細)

萩焼ビールグラス

萩焼の新しい風・萩焼ビールグラス
萩焼というと江戸時代の保守的な陶器、しかもどこか自然みのある質感から、よりそういった印象を与えることも少なくありません。更に酒器も伝統的な徳利だと、敷居の高さを感じることもあります。
そんな萩焼もビールグラスにすると一気に現代風の酒器になります。自然な色合いは、今非常に注目されている持続可能な社会の風潮を感じさせる優しい風合いに変化しますし、萩焼の質感はビールの泡立ちを美しく、繊細なものへと変化させ、更に旨味へと昇華させていきます。そんな萩焼のビールグラスは多くの陶工や現地の窯業メーカーが手掛けており、選択肢の多さも魅力です。
自然派のビールグラスにクラフトビールを注いで、現代の解釈で萩焼を楽しみましょう。

 

萩ぐい呑


昔人も愛した萩焼の酒器・萩ぐい呑
萩焼は江戸時代長州藩の産業創生によって誕生した経緯を持ちます。そのため、著名な陶工から職業的な陶工まで多くの人々が製造に携わり、当時の人々に利用されてきました。
そんな萩焼は皿や碗以外にもぐい呑のような酒器についても多く製造され、昔人も様々な場面でお酒を楽しんできた経緯を持っています。特にぐい呑は現代でも多く生み出され、萩焼に携わる様々な人がそれぞれの解釈をもとに創意工夫して現代社会に提案しています。こういった背景から、コブレットのような印象を受けるぐい飲みや伝統的な手法にこだわり形も当時のものをイメージしたものまで多様性に富んでいます。そんな作り手や当時萩焼のぐい呑を愛していた昔人に思いをはせながら使ってみるのもいいかもしれません。

created by Rinker
¥16,500 (2021/04/19 05:43:45時点 楽天市場調べ-詳細)
 

価値の高い骨董品をお持ちの方は買取サイトで鑑定へ

これまで紹介してきた萩焼は、伝統的なものも多く、中には江戸時代にある骨董品的価値を持つ酒器も多く存在します。もしかしたらご自宅にもご先祖様の遺した萩焼の酒器があるかもしれません。また、これからお話ししていく萩ガラスの酒器は、特に希少性があり、価値の高いものも少なくありません。こういった骨董品を所持されている方の中で、もしこれを引き取ってほしいという希望があれば、【バイセル】などの骨董品買取サイトを気軽に利用してみてはいかがでしょうか。連絡を行えば査定や買取を実施してくれ、何となく足を運びにくい骨董品のお店よりも気兼ねなく利用することができます。




また、古いお酒や限定品のウィスキー、焼酎をお持ちでしたら、そういったものもコチラのページで査定買取を紹介しています。ぜひこれらのサービスも確認して見てください。

それでは次に山口県が誇るガラス製品、萩ガラスについて解説していきましょう。
 

萩ガラスタンブラー

萩ガラスが生み出す魅力・萩ガラスタンブラー
山口の食器といえば、萩焼ばかりが勧められることも少なくありません。しかし、実は萩には幕末に萩ガラスと呼ばれる製品も製造されてきた背景があります。萩焼同様に長州藩が新たな産業創生のために江戸の切り子職人を招聘し、萩で産出される水晶石を原料として製造を開始しました。当初から洋酒を意識した製造が行われたものの、幕末の動乱や明治維新などの社会の混乱によって一時途絶えた経緯を持ちます。しかし、近年再興の動きが起こり、当時に忠実な製法を再現しようとしています。その過程で生まれた現代の萩ガラスは洋酒を意識したもの作りの流れを汲んで、ビールのタンブラーも製造しています。
幕末の西洋化を目指したロマンを持つタンブラーでビールを楽しんでみるのもいいかもしれません。

萩玄武岩ガラスワイングラス

日本からの贈り物:
萩ガラス「ワイングラス」/山口県

こんにちは!
本日はクリスマスですね。みなさんはどのように過ごされる予定でしょうか?

本日はクリスマスにちなんで、珍しくてロマンチックなワイングラスをご紹介します。
山口県萩市の笠山…

REALJAPANPROJECTさんの投稿 2012年12月24日月曜日

萩ガラスの原点・萩玄武岩ガラスワイングラス
先ほど紹介した萩ガラスは、幻のガラスとして一時期その製造が歴史から埋もれました。しかし、当時の技術者中嶋治平が残した資料からワイングラスの製造を行っていたことが分かっています。そんな当時のコンセプトを現代に生かしたスタンダードなワイングラスがこの玄武岩を使用したワイングラスです。
シンプルで飽きの来ないデザインは大量生産のワイングラスに飽きてしまった方にもおすすめできます。

 

萩ガラス冷酒器

おつまみを入れるのにも!萩ガラス冷酒器
萩ガラスは、基礎技術をもとに様々な酒器が展開されています。その中でも活躍の場が多いのがこの冷酒器です。食前酒、日本酒、カクテルはもちろんのこと、広い飲み口はおつまみの入れ物としても適しています。ナッツ、ドライフルーツはもちろんのこと、器を冷やせばレーズンバターやチーズなどを入れてもいいかもしれません。また、これらに限らず山海の珍味を入れるのもおすすめです。
いずれにしても萩ガラス独特の色合いは、どんなものにも合うに違いありません。

created by Rinker
¥10,780 (2021/04/19 05:43:45時点 楽天市場調べ-詳細)

萩焼ワイングラス

萩焼の挑戦!萩焼ワイングラス
萩焼は、現代社会のニーズに合わせて様々な試みがなされています。その試みとして最後におすすめしたいのがワイングラスです。ワインはもともと瓶や樽に保存される前は土器に保存されてきた歴史を持ちます。そのため、同じ土から生まれた陶器、特に土の風合いが感じられる萩焼と相性が悪いはずがありません。そんな萩焼でワインを楽しめばきっと意外な相性の良さに驚くことでしょう。
 

萩切子天開ワイングラス

江戸の技術が萩で花開く・萩切り子天開ワイングラス
先ほどのシンプルなワイングラスに加えて、江戸の切り子職人が伝えた切り子の技術も萩ガラスは導入していました。そんな当時の江戸の技術を現代に再現したのが天開ワイングラスです。切り子は高い技術が要求され、ガラス製造の付属技術というよりも独立した技術が要求されるジャンルといえます。そんな技術も現代によみがえらせることに成功しました。江戸の技術が萩に伝わり、そして現代へ、ワインを傾けながらそんなロマンを感じてみるのも良いかもしれません。

 
 

まとめ

山口県は、長州藩の本拠地であった萩を中心に様々な酒器が生み出され、そして現代も作られています。変わり種の酒器や歴史に忠実な作風を持つ酒器まで様々なものがあり、選ぶ楽しみも提供してくれています。そんな山口県の酒器は、江戸時代の萩焼の酒器や幻である幕末の萩ガラスの酒器といった骨董品的な価値を持つものも多くあります。そんな山口県の骨董品的な酒器が手元にあり、手放してもいいという方がいれば、ネットの買取サイトを利用してみてはいかがでしょうか。とても簡単に査定から買取までテンポよく進めてくれます。そして手にしたお金で現代の山口県の酒器でお酒を楽しんでみるのもいいかもしれません。

関連記事

  1. お酌

    大分県の酒器7選。日田焼などお酒にあうグラス・骨董品の紹介

  2. ガラスの器

    群馬県の酒器9選。月夜野焼などお酒にあうグラス・骨董品の紹介

  3. 有田焼

    佐賀県の酒器8選。有田焼などお酒にあうグラス・骨董品の紹介

  4. 酒器

    埼玉県の酒器9選。飯能焼などお酒にあうグラス・骨董品の紹介

  5. 酒器

    広島県の酒器7選。宮島焼などお酒にあうグラス・骨董品の紹介

  6. 江戸切子

    東京の酒器10選。江戸切子などお酒にあうグラス・骨董品の紹介

  1. ワインとぶどう

    山梨の酒器8選。能穴焼などお酒にあうグラス・骨董品の紹介

    2021.04.18

  2. インスタ映えするお酒とお店10選

    2021年インスタ映えするお酒とお店計10選と映える撮り方

    2021.04.18

  3. 紹興酒買取

    紹興酒・中国酒を売るおすすめお酒買取店6選。高額売却査定の秘訣

    2021.04.15

  4. 江戸切子

    東京の酒器10選。江戸切子などお酒にあうグラス・骨董品の紹介

    2021.04.14

  5. ジャパニーズウイスキーの定義と問題点

    2021年4月1日施行ジャパニーズウイスキーの定義と問題

    2021.04.13

  1. 対象になるジャパニーズウイスキーの銘柄を確認

    なぜ品薄・高騰・高額買取?歴史から導くおすすめのジャパニーズウ…

    2021.01.07

  2. 父の日 メッセージ

    2021年父の日にプレゼント!お酒ギフト日本酒・焼酎・ビール・おつ…

    2020.06.15

  3. 焼酎

    ダイエット中でもお酒を飲みたい!焼酎と他のお酒のカロリーを比較…

    2021.02.11

  4. 2021年値上がりしそうな国産ウイスキー

    2021年値上がりしそうな国産ウイスキー9選を予想してみた

    2021.02.24

  5. 母の日ギフトと選び方

    2021年母の日にプレゼントしたいお酒ギフト7選と選び方

    2021.04.12