知多

サントリーウイスキー知多はまずいのか?ストレートを飲んで評価した

お酒に詳しい方やお酒が好きな方は、いま世界中で日本産のウイスキーが流行っているということをご存知なのではないでしょうか。日本のウイスキーは「ジャパニーズウイスキー」の愛称で親しまれていて、ここ10年あまりで爆発的な人気を見せています。
そんな日本のウイスキーのうち、高い人気を集めているのがサントリーの「知多」という銘柄です。もともとは限定品のような立ち位置で造られていたにも関わらず、あまりの人気ぶりに全国発売され、CM放映されるようになったほどの銘柄です。

お酒ライターAnchan
お酒ライターAnchan
今回はそんなサントリー「知多」について、その魅力やおすすめの飲み方をお伝えしていきます。同じサントリーの「山崎」や「」との違いにも触れているので、ぜひ参考にご覧ください。
※この記事を書いたお酒ライターAnchanのプロフィール
 

ウイスキー好きのがきちゃんが実際に飲んで評価レビューした

知多

ジャパニーズウイスキーの知多をレビューしていきます。
知多 容量700㎖ alc.43% 価格4,000円~
色はシャンパンゴールドで薄めです。
香りはバニラの様な甘い樽香、シングルモルトとはまた違う穀物香がします。
 

ストレート

知多ストレート
アルコールの辛さがあります。味わいは甘さが強く飲みやすい部類だと思いますが、がきちゃんは酔いそう。ストレートで飲みなれていない方は喉にピリピリくると思います!
 

ロック

知多ロック
口の中でのアルコール感は感じます。氷で薄まってくると程よい甘さになりフィニッシュにスパイシーさがあっていい感じ。タンニンも感じます。
 

ハイボール

知多ハイボール
やっぱり薄い色のウイスキーはハイボールが美味い!!
穀物由来の甘味があり後味もすっきりとしていて美味しいですよ!食中酒におすすめ。
 

がきちゃん個人的評価

おすすめの飲み方はハイボールですね。風香るハイボールというキャッチコピーのように爽やかですっきりとしたハイボールで美味しいです!佐藤健さんをCMに起用するところもサントリーさんは宣伝が上手ですよね。飲みたくなる(笑)
ですが価格から考えて山崎や白州の定価とほぼ同じ価格帯となると高く感じますね。山崎などは定価でなかなか入手できませんが・・・。
ウイスキーが好きで勉強のために飲んでみるのは良いと思います!コスパ的にはちょっと悪い印象ですが。
 
ハイボールはおすすめですが知多より安くておすすめのウイスキーはたくさんありますし、700㎖ボトルを買うのはおすすめしないかなー・・・。飲んでみたいという方はミニボトルで試してみる方が良いかも!

 

サントリー「知多」の歴史

知多はサントリーの「知多蒸溜所」で造られるウイスキーの銘柄です。サントリーは国内に3つの蒸溜所を持っていて、知多蒸溜所はそのうちの1つです。
ウイスキーといえば大麦を原料とした「モルト酒」に注目が集まりがちですが、ウイスキーの種類は実はそれだけではありません。とうもろこしなどの穀類を主な原料とした「グレーンウイスキー」というものがあり、モルトの濃い味を調整する影の立役者として存在し続けていました。

知多蒸溜所では、昔からこのグレーン酒を製造してきました。そしてその原酒は、サントリーのウイスキーであるやオールド、角瓶などの味を造るのに欠かせないものとなっていました。
そんな知多のグレーン酒に大きな注目が集まることとなります。それは2000年代に入ってからのことで、世の中にハイボールブームが訪れたことがきっかけでした。従来まではウイスキーをそのまま飲む人が多く、味の濃いモルトやブレンデッドウイスキーばかりが好まれていましたが、ハイボールのブームに合わせてあえてサッパリとした味わいである「グレーン酒」を商品化しよう、という事になったそうです。
モルトの味に頼らない知多蒸溜所のグレーンウイスキーは、2014年にまず愛知県やサントリーのオンラインショップで「知多蒸溜所特製グレーン」として限定発売されました。そして瞬く間に大きな人気を集め、「知多」として2015年9月より全国発売されることになりました。

今でも全国のあらゆるところで販売されていて、俳優の佐藤健さんによるCMも放映されるほど有名なウイスキーとなっています。

 

グレーンウイスキーとは?山崎、響との違いも

ウイスキー
さきほど紹介した通り、知多は「グレーンウイスキー」と呼ばれる種類のウイスキーになります。グレーンウイスキーは大麦ではなくとうもろこしなどの穀物を原料としているのが大きな特徴です。
一般的にウイスキーとして流通しているものは「ブレンデットウイスキー」と呼ばれるものが多いです。これはモルト原酒とグレーン原酒を掛け合わせることで、バランスの良い味わいに整えられたものです。
そのほか高級なウイスキーの中にはモルト原酒だけで造られた「モルトウイスキー」もあります。モルトウイスキーは原料由来の濃い味や高い香りが特徴で、口に含むと濃厚さを感じます。
これに対しモルト酒を混ぜずに造られたグレーンウイスキーは、他のウイスキーに比べさっぱりとしているのが特徴として挙げられます。サイレントウイスキー」と呼ばれることもあり、主張しすぎない爽やかな飲み口でスイスイと飲めてしまうような感覚です。
なおサントリーが手がける高級ウイスキーにはさまざまな銘柄がありますが、山崎は「モルトウイスキー」、は「ブレンデッドウイスキー」にあたります。したがって「知多」は、これらの銘柄よりも軽やかで飲みやすい味という事になります。

 

グレーン原酒の造り分けで豊かな味に

グレーンウイスキーは非常に軽やかでさっぱりとしているとお伝えしました。しかしさっぱりと聞くと、モルトウイスキーやブレンデットウイスキーよりも物足りないという印象を抱く方もいるかもしれません。
実際にグレーン原酒のウイスキーというのは、モルトに比べ味は薄いです。ただし知多は味わいが単調にならないよう、グレーン原酒を造り分け、それをブレンドすることによって豊かな味わいを実現しています。
具体的には「連続式蒸留機」という設備を使い、さらに樽で熟成をさせています。

そうすることでクリーン・ミディアム・ヘビーという3タイプのグレーン原酒を造り上げています。ここまでグレーン酒を造り分けている蒸溜所は、なんと世界中探しても類を見ないとまで言われています。
この造り分けたグレーン酒をブレンダーがうまく組み合わせる事により、「知多」はグレーンの爽やかさの中にも複雑で豊かな広がりのあるウイスキーに仕上がっています。非常に上品な味わいなので、誰にとっても飲みやすいのが大きな魅力です。
 

知多はハイボールにするのがおすすめ

ハイボール
なぜここへきてグレーンウイスキーに大きな注目が集まったか、それはハイボールの大きな流行によるものです。かつては飲み会や晩酌の定番としては、まず生ビールという文化が定着していました。しかし2000年代に入り、ウイスキーから造られるハイボールを定番酒とする事に大きな注目が集まりました。

お酒ライターAnchan
お酒ライターAnchan
爽やかな炭酸で飲みやすいハイボールは、ビールが苦手な方やビールのカロリーを気にする人から大きく愛されるお酒となったのです。
そしてハイボールを造るにあたり求められたのが、爽やかで飲みやすい、そして飽きの来ない味わいのウイスキーです。
グレーンウイスキー知多はまさにそれに当てはまる銘柄です。炭酸との愛称がよく軽やかな飲み口ながらも、しっかりと香り高く満足できるハイボールが仕上がります。
知多をこれから飲むという方は、ぜひハイボールにして飲んでみてください。「知多」はハイボールが好きな方への贈り物としてもおすすめですよ。
 

美味しいハイボールの作り方

<材料>
・氷
・サントリーウイスキー「知多」
・炭酸水

ハイボールは非常に簡単に作れる飲み物です。ウイスキーと炭酸水を組み合わせて混ぜるだけです。
美味しく造るなら、まずはよく冷やすことが大切です。グラスに氷をいっぱい入れ、そこに知多と炭酸水を加えましょう。ウイスキーと炭酸水の比率はお好みで構いませんが、知多:炭酸水=1:3.5程度にしておくとバランスが良いです。初めて飲む方はまずこの比率で作ってみることをおすすめします。
さらに美味しく飲めるコツとしては、グラスも一緒に冷やしておく、炭酸が逃げないうちにすぐにかき混ぜるなどです。飲み会などであれば乾杯の直前に作るのがおすすめです。
 

知多と合わせたいおつまみ

知多はさっぱりしていてどんなおつまみにも合わせやすいです。そのため乾杯の1杯にとてもおすすめです。
ハイボールにしたなら、味の濃いものをおつまみにして楽しむと良いでしょう。例えば鳥の唐揚げやチーズなど、揚げ物や濃厚な味わいの食べ物と抜群です。
ちなみに知多ウイスキーの造られている場所は、愛知県西部の「知多半島」です。地元ならではの美味しさを堪能するなら、愛知県の名物である味噌カツと合わせたり、知多半島の海鮮と合わせてみるのもいいかもしれませんね。

 

まとめ

さっぱりとしていて飲みやすいサントリー「知多」は、ハイボールにすることでさらに美味しく飲めるウイスキーです。ウイスキーファンの方はもちろん、今までウイスキーをあまり飲んだことがないという方もぜひ試してみてください。
サントリーのウイスキーは山崎・響などを中心に高騰化が続いていますが、知多は比較的入手がしやすい銘柄でもあります。ご自宅用、ギフト用どちらにもおすすめできるので、ぜひ手に取ってみてくださいね。

関連記事

  1. 酒蔵 ゑびす

  2. 値上がりで定価は難しい響ブレンダーズチョイスを飲んで評価レビューした

    値上がりで定価は難しい響ブレンダーズチョイスを飲んで評価レビューした

  3. ブルックラディ種類と評判。まずいかオーガニックを飲んで評価した

    ブルックラディ種類と評判。まずいかオーガニックを飲んで評価した

  4. ニューボーン嘉之助2021first editionを飲んで評価した

    ニューボーン嘉之助2021first editionを飲んで評価した

  5. 宮城峡終売・品薄で定価で売っていない。実際に飲んでレビュー評価した

    宮城峡終売・品薄で定価で売っていない。実際に飲んでレビュー評価した

  6. 大将

  7. 而今

    而今(三重の日本酒)「千本錦・酒未来・にごり酒」の特徴や美味しい飲み方を分析

  8. 瀧自慢

    瀧自慢(三重の日本酒)「純米大吟醸・神の穂・八反錦」の特徴や美味しい飲み方を分析

  9. アードベッグの種類や終売限定品は?ウーガダールを飲んで評価した

    アードベッグの種類や終売限定品は?ウーガダールを飲んで評価した




  • お酒買取ランキング
  • お酒に関わる仕事求人情報
  • 工場住み込み求人ポイントバンク
  • 全国の厳選地酒特集
  • なぜ高い?プレミア焼酎
  • 全国おつまみ特集
  • 全国の地ビール特集
  1. 美味しい通販おせちとおせちに合うおすすめ日本酒

    2023年本当に美味しいお取り寄せ人気おせち通販口コミランキング10選

    2022.09.16

  2. 天女ラベル等貴州マオタイ酒なぜ高い?本物の見分け方とおすすめ買取店

    天女ラベル等貴州マオタイ酒なぜ高い?本物の見分け方とおすすめ買…

    2022.07.31

  3. スコッチウイスキー お酒の特徴とは?おすすめの銘柄一覧13選

    スコッチウイスキー お酒の特徴とは?おすすめの銘柄一覧13選

    2022.06.30

  4. ウイスキー福袋2022年版!狙いはいつでイオン・リカマン・ビックカメラ?

    ウイスキー福袋2022年版!狙いはいつでイオン・リカマン・ビックカ…

    2022.06.30

  5. 山崎12年・響ウイスキーをふるさと納税返礼品で手にする方法を解説する

    山崎12年・響ウイスキーをふるさと納税返礼品で手にする方法を解説…

    2022.06.25

  1. ウイスキー

    なぜ品薄・高騰・高額買取?歴史から導くおすすめのジャパニーズウ…

    2021.01.07

  2. おすすめ家庭用ビールサーバー

    自宅で家飲みを満喫!レンタルも可おすすめ人気家庭用ビールサーバ…

    2021.08.06

  3. 広島お酒に関わる転職求人

    職種考察!広島県のお酒や工場・飲食関係おすすめ転職求人サイト6選

    2021.07.30

  4. 飲むシリカ口コミ評判を検証

    飲むシリカは腎臓に効果的?副作用・悪い怪しい口コミ評判と成分

    2021.08.03

  5. 2022年値上がりしそうな国産ウイスキー

    2022年値上がりしそうな国産ウイスキー9選を予想してみた

    2022.01.04