獺祭

獺祭(山口の日本酒)2割3分・3割9分・遠心分離・45・50の特徴や美味しい飲み方を分析

日本酒を楽しむ人なら、「獺祭(だっさい)」の名前を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。獺祭は山口県岩国市の旭酒造株式会社の製造・販売する日本酒ブランドの名前です。獺祭の獺とは、かわうそのことを指して、獺祭そのもので、かわうそが食事のために川で魚を捕ることを指します。これが転じて、食事そのものを指したり、先祖への供物をささげることを意味したりするようになりました。

created by Rinker
¥2,838 (2020/05/30 14:52:26時点 楽天市場調べ-詳細)

獺祭の歴史や特徴について

山口県にある旭酒造株式会社は昭和23年から酒造りをしている老舗酒蔵です。
酒類の製造や販売だけでなくお醤油造りやレストランも経営されている酒蔵です。
有名な銘柄に獺祭があり、国内レストランだけでなく海外のレストランでも提供されているお店があります。

獺祭の美味しい飲み方について

獺祭の美味しい飲み方について
獺祭は一銘柄だけでなく、いろいろな種類が発売されているのが特徴です。日本酒の好みや合わせるおつまみ、飲みたいシーンによっていろいろな種類を選べます。
濁りタイプは2種類あります。ひとつが獺祭磨き二割三分で、23%の精米歩合で製造された日本酒です。

獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分

お米をしっかりと磨くことで、お米甘みが感じられる味に仕上がっています。華やかな香りとハチミツのような甘みが広がるお酒です。飲んだ後はキレが良いのですが口の中に旨味が少し残りじんわり消えていくのを楽しめます。

created by Rinker
¥5,830 (2020/05/30 14:52:27時点 楽天市場調べ-詳細)

また、磨きシリーズには39%まで精米した磨き三割九分もあり、こちらは二割三分よりもリーズナブルな価格で手に入れられます。

獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分

華やかな香りが楽しめるお酒で飲んだ後は余韻が残ります。ハチミツのような甘さが感じられるお酒です。

created by Rinker
¥2,541 (2020/05/30 14:52:27時点 楽天市場調べ-詳細)

ほかにも、味と香りのバランスが絶妙で、いろいろな料理に合う大吟醸50や、遠心分離にすることで、日本酒のうまみやコクは残しつつも、臭みやえぐみなどの癖を除去した遠心分離があります。

獺祭 大吟醸50

created by Rinker
¥4,670 (2020/05/30 16:39:55時点 楽天市場調べ-詳細)

獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分 遠心分離

遠心分離技術を使って搾られたお酒と通常のお酒の搾り方で搾ったお酒をブレンドしている商品です。遠心分離で搾ったお酒の良さと通常の搾り方で搾ったお酒の良さが出ていて洗練された味わいです。華やかな香りに厚みのある旨味があるお酒です。

created by Rinker
¥8,498 (2020/05/30 16:39:55時点 楽天市場調べ-詳細)

獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分 遠心分離

ふくらみのある味わい、香りも豊かなお酒になっています。

さらに、獺祭磨き三割九分と大吟醸50には、発泡スパークリングもあります。爽快感のあるスパークリングタイプなので、シャンパンのように飲んだり、女性同士で飲んだり、イタリアンやフレンチなどの洋食メニューと合わせて飲みたいときにもおすすめです。

獺祭 純米大吟醸 スパークリング45

二次発酵で炭酸のさわやかさが癖になる美味しさです。しっかり冷やして夏に飲みたいお酒です。

獺祭 磨きその先へ

旭酒造の中で高級酒とされているお酒になります。これまでに飲んだことがない味わいの日本酒を目指して完成させた1本で美しい香りと余韻のある味わいが特徴です。

created by Rinker
¥33,000 (2020/05/30 16:39:55時点 楽天市場調べ-詳細)

獺祭 純米大吟醸45

山田錦を使用して造られているお酒でお米の甘さと香りを楽しむことができます。

獺祭のお酒は冷やして飲むと美味しくいただけます。冷蔵庫から出してすぐに飲むのではなく、ややぬるくなってから、常温に近いような温度で楽しむと良いでしょう。
常温で飲むと甘みと香りのバランスがとても良くなります。
小ぶりのワイングラスがあるならそちらで飲むのがおすすめです。

お酒は開栓すると酸化していきますのでできるだけ早めに飲むほうが良いでしょう。
生酒の場合は開栓しなくても1週間、その他のお酒は1~2か月以内が目安とされています。風味が落ちないうちに楽しみたいですね。

気軽に飲めて美味しい獺祭といえば「純米大吟醸50」

そんな獺祭ですが、飲んでみたいけれどいくつか種類があるため一体どれを選んだら良いのか悩んでしまうという方も少なくないのではないかと思います。
そんな方におすすめなのはやはり純米大吟醸50です。

created by Rinker
¥4,670 (2020/05/30 14:52:27時点 楽天市場調べ-詳細)
獺祭50をはじめて飲んだときには口の中に広がる香りややわらかさに、これが獺祭のスタンダードなのかと衝撃を受けたものでした。その他の獺祭は残念ながらまだ飲んだことはありませんが、正直これで満足してしまった自分がいたりもします。ほかの獺祭を飲んだけれど50が一番好きという友人がいたほどなので、まず獺祭を経験してみたいという方には間違いなく50がおすすめだと言えるのではないかと思います。
と、いいたいところなのですが、実は2019年4月から獺祭50ではなく45になってしまいました。
これは手を取りやすい気軽さが魅力なお酒だからといってそれなりのものを提供し続けるのはいかがなものかといった考えがあったそうで、50をなくして45にした、ということなようです。50より更に磨きがかかったとのことですし獺祭のスタンダードであることにはかわりありませんから、やはり気軽に飲めてはじめてにも最適な獺祭であるといえるでしょう。私自身まだ飲んだことがありませんが、近いうちに是非味わってみたいと思っています。

獺祭に合うお料理とは?

においの強いおつまみはあまりおすすめできません。味に深みがあって広がりのある味わいのお酒なので同じように香りが高いものや味に深みがある食材を合わせるととても美味しくいただけると言われています。
例えば白子や鴨はよく合います。
しかし白子や鴨を自宅で用意するのはなかなか無いことではないでしょうか。

おすすめとしては魚料理チーズやお豆腐も合わせやすいです。
味噌との相性も良いので味付けに悩まれたら味噌を使ってみましょう。
デザートにも合わせることができます。アイスクリームやフルーツなどと一緒に楽しんでみてください。
飲みやすく世界的に人気の日本酒は『獺祭』(30代後半男性Tさんの感想)
『獺祭(だっさい)』は山口県の旭酒造が製造している日本酒です。
原料米として評判のよい国産の山田錦を原料にした純米大吟醸で、世界的にも評価されている代表的な日本酒といわれています。

私も日本酒が好きなので、『獺祭』が海外でも評価の高い日本酒であることは知っていました。
普段行く居酒屋にはおいていなかったので飲んだことはなかったのですが、同じ日本酒好きの友人が飲んだらしく、友人曰くすごく甘くて呑みやすいと聞いて、そんなに違うなら飲んでみたいと思い、ネット通販で試しに購入してみました。

届いた日の晩にさっそくほっけをつまみにして、常温で飲んでみました。
とてもフルーティで甘いおいしさが口の中に広がります。
キューっとくる感じは少なく、初心者でも飲みやすいお酒だと思いました。
辛口のようなパンチは控えめですが、米の旨みがしっかりと感じられる味わい深いお酒だと思いました。

私がお酒を飲むときのつまみは普段から焼き魚が多いのですが、『獺祭』はそのフルーティな風味を楽しむためにもあっさりとした白身魚と相性が良いと思いました。
夏場などは冷ややっこなどのあっさりとしたものと呑むのも良いと思います。
冬ならば湯葉などとも相性が良いと思いました。

調べてみると『獺祭』には大吟醸の他にもスパークリングなどさまざまな種類があって、スパークリングなどは揚げ物などにも合うらしいです。

『獺祭』は人気のあるお酒ですが、私の買った大吟醸の値段は比較的安価で720mlで1600円程度です。
ネット通販で手軽に買えるので、日本酒が好きな人にも、日本酒初心者の人にも一度呑まれることをおすすめしたいです。

日本酒ならではの味がする獺祭(30代後半男性Yさんの感想)
お酒は世界中に色々なものがあり、海外でも国内でも様々なお酒を最近では取り寄せて楽しむことができるのは嬉しいですね。海外のお酒も美味しくて好きなのですが、最近ではやっぱり日本酒って奥が深いなと思えるようになってきました。

日本酒に関しても地方などで色々な種類がありますが、純米大吟醸酒としての獺祭はまさに日本酒だという風味と味わいがあって好きになりました。最初の頃は日本酒って高いからちょっとと思っていたのですが、獺祭は値段も非常に手頃なのもありがたいですね。「酔うため、売るための酒ではなく、味わう酒を求めて」というキャッチコピーからも分かる通り、実際に飲み口や柔らかく甘さを感じるものとなっています。辛口を求めている人だとちっと物足りないかなと思うのですが、お米本来の味とフルーティーさがあり女性にも飲みやすい感じになっているのは個人的に好きですね。

獺祭の種類には三割九分のものと二割三分のものを飲んでみたのですが、後者の二割三分はさっぱりとしているにもかかわらずお米の甘さが強調されており、まさに日本酒という一品でした。あまりにも飲みやすいためにゴクゴクといけるのですが、結構アルコール度数は高いので休日にじっくりと飲むようにしています。普段飲みだったら50ぐらいの精米歩合の獺祭もあるので、こちらは雑に飲んでも美味しくておすすめです。やや辛口なので仕事帰りに飲める日本酒としても良いですし、贈答品などは三割九分のものと二割三分がおすすめですね。

日本酒の価値観を変えた獺祭(20代前半男性Kさんの感想)
これまで、私は飲み会の席ではビールかハイボールしか飲むことがなく、日本酒に手を出すことがありませんでした。しかし、山口出身の友人からある日、獺祭を進められて飲む機会がありました。
その時、私は日本酒初体験といってもおかしくない状況だったのですが、私の日本酒の持っているイメージは、お酒感が強くあまりたくさん飲むことのできないものだと思っていました。しかしながら、獺祭を飲んでみるとすっきりとした味わいで、フルーティーな味がほんわか口の中に広がる最高のお酒でした。それからというもの私は、獺祭にはまってしまい、獺祭に合うお酒のおつまみを探すまでのはまりようになりました。
私が、これまでお酒を飲む際のおつまみというと唐揚げやフライドポテトといった油物が多かったが、獺祭を飲みはじめてからは、刺身やあん肝などどちらかというとさっぱりとしたおつまみを選ぶ機会が増えました。それがとてつもなくおいしくそのおつまみを発見してから。ますます獺祭を飲むようになりました。
また、ビールなどに比べ、日本酒は体に優しいため、私の食生活や生活習慣を変えるきっかけとなったお酒になりました。最近になり、獺祭にスパークリングがあることをしり、獺祭スパークリングにもはまっている私であります。獺祭スパークリングに合うおつまみは、これは私の価値観になりますが、生ハムなどが獺祭のスパークリングをさらに美味しくしてくれているように思います。獺祭に出会えて最高です。
created by Rinker
¥2,838 (2020/05/30 14:52:26時点 楽天市場調べ-詳細)

こちらの記事も人気です。

関連記事

  1. 男山

    伝統銘酒「男山」(北海道の日本酒)歴史・特徴や美味しい飲み方の分析

  2. 惣誉

    惣誉(栃木の日本酒)生もとづくり・特別純米酒 辛口・手造りの特徴や美味しい飲み方を分析

  3. 龍力

    龍力(姫路の日本酒)「大吟醸米のささやき・ドラゴン」等の特徴・美味しい飲み方を分析

  4. 信州亀齢

    信州亀齢(長野の日本酒)「純米大吟醸・ひとごこち」等の特徴や美味しい飲み方を分析

  5. 道後温泉

    道後麦酒館

  6. 栄光冨士

    栄光冨士(山形の日本酒)暁乃翼・雪女神33・有加藤の特徴や美味しい飲み方を分析

  7. 飛露喜

    飛露喜(福島の日本酒)「無濾過生原酒・特別純米・大吟醸酒」の特徴歴史や美味しい飲み方を分析

  8. 赤武

    赤武(岩手の日本酒)純米・F NEWBORN・結の香の特徴や美味しい飲み方を分析

  9. 千徳

    千徳(宮崎の日本酒)金雫・銀雫・夢の中まで・さらさらにごり酒の美味しい飲み方を分析

  1. おつまみ

    お酒のおつまみ・お土産にも最適な神奈川県のおつまみ12選(海鮮・…

  2. 食中酒として

    神奈川県名産の地酒20選。一度は飲みたい地元の名酒ランキング

  3. 淡麗辛口一辺倒に風穴を開けた一本

    新潟の地酒19選。厳選の一滴の新潟の地酒ランキング

  4. フランスのブルゴーニュ産ワイン

    【フランス産ブルゴーニュワイン20選】ワインの王様の理由・選び方…

  5. 金目鯛の煮付

    海の幸も山の幸もふんだんにある千葉県で見つかる最高のお酒のアテ1…

  1. 日本酒名入れ

    【父の日に今から準備】日本酒・焼酎の名入れ酒をプレゼント。人気…

  2. 日本酒の種類

    初心者でも分かる本醸造、吟醸、純米、大吟醸の違い。今さら聞けな…

  3. 美味しい飲み方とは?

    死ぬまでに1度は飲みたいレア・プレミア日本酒。高額になる秘密と…

  4. 日本酒の辛口甘口について

    日本酒の辛口甘口についての基準が分からない。辛口甘口のおすすめ…

  5. 飲み比べ

    日本酒飲み比べセット・利き酒セットのメリットとその理由8選