羽根屋

羽根屋(志村けんさんも愛飲した日本酒)煌火・翼。市販酒にも鑑評会と同等の手間を掛けたお酒

酒造りの世界では鑑評会に出品するお酒は特別なもの。精米から醸造、濾過に至るまで特別に手を掛けたお酒を用意する酒蔵も数多くあります。当然、採算度外視の特別なお酒。小数は販売されることもありますが、鑑評会用のお酒のため、ほとんど出回ることはありません。

日本酒、気になる事調べものライターdencross
dencross
このような酒造りに疑問をもった蔵元職人が、市販するお酒と鑑評会用のお酒が違うのは納得ができないと、市販の酒造りにも鑑評会に出展するお酒と同等の手間を掛けて造ろうと挑んだお酒があります。「羽根屋」、富山県の酒蔵が醸造するお酒です。

※この記事を書いた日本酒ライターdencrossのプロフィール
 

富美菊酒造の酒造り

「羽根屋」を醸造するのは富山市にある富美菊酒造。創業は大正5年(1915年)と100年を超える歴史を誇る老舗酒蔵です。
雨晴海岸
富美菊酒造のある富山市は富山平野のほぼ中心。南に立山連山をはじめとする北アルプス、北には富山湾に面し、暴れ川で知られる常願寺川と遠く飛騨に源を発する神通川という二つの河川の潤された平野。古くからの米どころとしても知られ、豊かで清らかな水と相まって、多くの酒蔵が所在し、それぞれの特色を競っています。
多くの酒蔵が切磋琢磨する地で、富美菊酒造は100年余り酒造りを続けてきました。
富美菊酒造は現在、全国市場にターゲットにした純米酒などを展開する「羽根屋と、地元の人に愛され、富山県の代表酒をめざして醸造している地元市場向けで酒蔵の名前を冠したブランド「富美菊の二つのブランドを展開しています。

 

「羽根屋」への道

日本酒
はじまりは、現在四代目蔵元を務める羽根敬喜氏が、家業の富美菊酒造を継ぐため富山に戻り酒造の世界に飛び込んだことでした。四代目は、関東の国立大学に進学後、大手発酵会社に勤務していました。さまざまな思いがあって、家業を継ぐ決心のもと実家に戻ってきました。そこで気になったのが、鑑評会などに出品するお酒と市販酒との製造法の違い。市販酒こそおししいものにとの思いを募らせていきました。
あるとき、「全ての酒を、大吟醸と同じ造りでつくる」という発想にたどり着きます。今までの酒造りの常識に反する発想は、現場を仕切る杜氏たちの大反対にあいます。杜氏の言い分にも一理あります。全ての酒を大吟醸と同じ方法で造るためには、膨大な作業を全ての酒に投入するということ。酒造りの現場は回らなくなってしまいます。
そこで四代目は自ら酒蔵へ入り、酒造りを行うことで説得。まずは洗米、吸水を大吟醸と同じ方法で行い、その良さを認めてもらったそうです。その後、ベテラン杜氏の作業を見様見真似で覚え、酒造りの全工程を自分のものとしていきました。こう書くと、簡単に習得したように思われますが、きっと並々ならぬ苦労と努力があったにちがいありません。現在は、蔵元杜氏として地元蔵人ともに「羽根屋」の醸造に勤しんでいます。
 

「羽根屋」の魅力

「羽根屋」は全国市場を相手にする限定醸造の特別酒との位置付け。その醸造は少量単位の手間のかかる限定吸水による原料処理、手間のかかる箱麹・蓋麹による丁寧な麹処理という、最高級の吟醸酒の醸造のみ用いられる手法をすべての「羽根屋」に投入し、市販酒こそおいしものにとの四代目の想いが溢れたお酒に仕上がっています。
「羽根屋」の銘柄は古くからの屋号。「翼が飛翔するが如く、呑む人の心が浮き立つような日本酒として存在したい」という思いが込められています。翼の縁か、2015年には「羽根屋 純米大吟醸50 翼」がJALファーストクラスラウンジに採用されました。

さらに2016年「IWC インターナショナルワインチャレンジ」で金メダルを獲得。世界が認めた一本になりました。
他にも、フランスの日本酒品評会「Kura Master 2018」で最高賞を、「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」でも連続受賞するなど、その評価は国内外で高まっています。
 

志村けんさんの愛した日本酒

2020年3月、コロナにより死去した志村けんさん。多くの国民に笑いを届けてくれました。もうあのコントを見ることができないことは残念でなりません。
一方で志村さんはお酒に詳しいことで知られていました。志村さんの愛飲したお酒の数々は色々なところで話題になっています。その志村さんがお気に入りの日本酒としていたお酒が「羽根屋」だったそうです。もしあなたが志村けん世代であれば、「羽根屋」を味わいながら、追悼してはいかがでしょうか。

ちなみに志村けんさんの愛された芋焼酎は伊七郎でした。

 

「羽根屋」の味わいとは

一口に「羽根屋」といっても少数生産ながら、四季醸造を取り入れており、数多くの種類がラインナップされています。中からいくつかの「羽根屋」についてご紹介しましょう。

羽根屋 純吟 煌火~きらび 生酒

「羽根屋」ブランドの代表銘柄のようなお酒。なんと一年中醸造されており、出荷されるお酒は常に新酒という驚きのお酒なのです。原料の酒米は地元富山県産の「五百万石」。60%に磨いた「五百万石」に常願地川水系の清冽な伏流水とあわせて、富山県産でまとめたお酒になっています。
グラスに注ぐとスッと立ち上がる華やかな香り、口に入れると米の甘味に旨味が加わり、口の一杯に広がります。嫌味なくクドさもなく流れるようにクリアな味わいに仕上がっています。妙な苦みや過大な酸味もなくスーッと喉奥へ消えてゆくナチュラルな味わいは、淡白な和食、富山湾の幸の白エビやホタルイカにもピッタリの味わいではないでしょうか。
生酒ですから、常温か冷や、キリッとした雪冷えあたりで愉しむのがおすすめですが、日向燗あたりに温めても思わぬ味の発見があるかもしれません。
 

羽根屋 純米吟醸 愛山 生原酒

「羽根屋 純米吟醸 愛山 生原酒」は、名前の通り兵庫県産の愛山を原料米に使用。60%まで磨き上げて醸造。出来上がったお酒を無濾過のまま瓶詰した一本です。酒米「愛山」を「羽根屋」が醸造したレアなお酒でもあります。
口にしていただくと分かると思いますが、「愛山」を使ったお酒の魅力である芳醇でふくらみのある米の旨味が溢れてきます。しかし、ただ旨いだけではありません。さすが「羽根屋」と小膝を軽くたたきたくなるような、クリアでナチュラルな味わいと見事に調和し、奥行きのあるお酒にしあがっています。ある意味、愛山を使用したお酒が数多くありますが、「羽根屋」は愛山をこんな風に仕上げるのかと感じるお酒です。
 

羽根屋 羽根屋特別純米 瓶燗火入れ

「羽根屋 羽根屋特別純米 瓶燗火入れ」は、先に紹介したお酒と違って一本ずつ丁寧に火入れされたお酒です。しかし無濾過なので、瓶の底に若干の澱があるものもあります。こちらは、富山県産五百万石を60%まで磨き上げて丁寧に仕込まれた一本です。蔵元のHPでは、「新緑を吹き抜ける疾風のような爽やかな透明感。フレッシュな酸味とまろやかな旨味を大切に1本」と紹介されています。
グラスに注いでみると他の「羽根屋」と同様、どこまでも透き通っています。華やかな香りも生酒と遜色なく立ち上がります。口あたりはスッと軽い感じの飲み口。米の鮮やかな甘みや旨みもしっかりと息づいています。飲み進むと、切れのよい酸味が現れ、そのまま喉奥へキレよく消えて行きます。常温や軽く冷やした花冷えはもちろん、あえて日向燗やぬる燗で味わっても美味しいお酒ではないでしょうか。さすがに熱燗はないでしょうが、燗酒にして飲むと新たな境地が垣間見えるかもしれません。
 
「羽根屋」のラインナップは少数生産ですので、なかなか思った商品が手に入らないかもしれません。蔵元のお近くの方は酒蔵まで出向いてはいかがでしょうか。その時、酒蔵で造られた旬のお酒を試飲して買い求めることもできます。運が良ければ杜氏さんの説明をきけるかもしれません。しかし多くの人はそうはいきません。今はネットという便利なものがあります。全国どこからでも購入することができます。こまめにチェックをして、見付けたら即購入したいところです。
 

富美菊

ちなみに富美菊酒造にはもうひとつのブランドがあります。「富美菊」です。こちらは酒に煩い地元富山向けのお酒。しかしながら、「富美菊」のラインナップも魅力的な商品が並んでいます。機会があったらこちらも是非味わってください。
 

まとめ

羽根屋は富山の自然の恵みから誕生した優しい味わいのお酒となっています。こだわりの製法で造られていてなおかつ小規模な蔵なので生産数は拡大できません。なかなか手に入りにくいお酒ともいわれています。希少なお酒ですが数々の賞を受賞し海外からも注目されているお酒なので、入手することができたらぜひじっくりと味わってみてくださいね。

関連記事

  1. 豊盃

    豊盃(青森弘前市の日本酒)豊盃米55・つるし酒 大吟醸の特徴や美味しい飲み方を分析

  2. 賀茂金秀

    賀茂金秀(広島の日本酒)特別純米 原酒・辛口特別純米の特徴や美味しい飲み方を分析

  3. 水芭蕉・谷川岳

    水芭蕉・谷川岳(群馬川場村の日本酒)海外でも人気のMIZUBASHO PUREの特徴や美味しい飲み方を分析

  4. 風の森

    風の森(奈良の日本酒)油長酒造の秋津穂・しぼり華の特徴や美味しい飲み方を分析

  5. 神亀

    神亀(埼玉の日本酒)にごり酒・上槽中汲・真穂人の特徴や美味しい飲み方を分析

  6. 山川光男

    山川光男って誰?山形県で一番話題の日本酒。名前の秘密や美味しい飲み方を分析

  7. 獺祭

    なぜ人気?「獺祭」のすごいところ。おすすめの飲み方と合う料理・おつまみ

  8. レストラン臺眠

    レストラン臺眠

  9. 小左衛門

    小左衛門(岐阜の日本酒)初のしぼり・美山錦・赤磐雄町の特徴や美味しい飲み方を分析

  • バイセルお酒買取漫画
  • お酒買取ランキング
  • 全国の厳選地酒特集
  • なぜ高い?プレミア焼酎
  • 全国おつまみ特集
  • 全国の地ビール特集
  1. ニッカウイスキー高価買取

    ニッカウイスキー買取おすすめ店6選。鶴ブラックニッカ等の買取値上…

    2021.09.16

  2. 福ちゃんお酒買取漫画

    漫画お酒や着物買取で福ちゃんはおすすめできるか口コミ評判を検証…

    2021.09.14

  3. 福島お酒に関わる転職求人

    職種から考えた福島県のお酒や飲食に関わるおすすめ転職求人サイト6…

    2021.09.09

  4. 麹で痩せる?麹の効果やレシピ

    麹で痩せる?麹の効果やレシピ。おすすめ口コミダイエットサプリ6選

    2021.09.06

  5. スパリブは酔わないか

    スパリブは赤くならないか?口コミ効果や飲むタイミング副作用につ…

    2021.09.06

  1. おすすめ家庭用ビールサーバー

    自宅で家飲みを満喫!レンタルも可おすすめ家庭用ビールサーバー9選

    2021.08.06

  2. ウイスキー

    なぜ品薄・高騰・高額買取?歴史から導くおすすめのジャパニーズウ…

    2021.01.07

  3. 広島お酒に関わる転職求人

    職種から考えた広島県のお酒や飲食に関わるおすすめ転職求人サイト6…

    2021.07.30

  4. 着物買取福ちゃんおすすめできるか

    着物買取で福ちゃんはおすすめできるか口コミ評判・押し買いを検証…

    2021.06.29

  5. 着物福ちゃんバイセル比較

    福ちゃんバイセル着物買取の店舗相場・口コミ評判や押し買いを比較…

    2021.07.02