十四代

十四代(山形の日本酒)本丸・龍月・七垂二十貫・白雲去来の特徴や美味しい飲み方を分析

馴染みの日本酒バーで『十四代』入っていると声をかけられられた思わず頬が緩んでしまう方は日本酒好きなら多いと思います。
よくグルメ番組などで、「今。最も予約の取れないレストラン」というフレーズでお店が紹介されることがあります。同様に、「今、最も入手が困難な日本酒」といわれるお酒があります。「十四代」は間違いなくその中の一つでしょう。

十四代の歴史や特徴

「十四代」は、山形県村山市の酒蔵が醸す清酒。創業は元和元年(1615年)ということは大坂夏の陣が起こった年。創業以来、400年をこえる歴史を積み重ねた老舗の酒蔵です。
高木酒造の看板銘柄が「十四代」。実は、名前を特許申請したところ「十四代」以外の候補はみんな通らず、唯一通った「十四代」をブランド名にしたという逸話があります。
さてこの「十四代」、淡麗ブームの時代に華やかな果実感と奥のある甘み旨味のある大吟醸酒を引っ提げ現れました。日本酒愛好家だけではなく、女性やいままで日本酒を飲まなかった層にも驚きをもって迎え入れられました。そしていまやプレミアム日本酒といわれる入手困難の日本酒の筆頭格となっています。
「十四代」には他にも魅力あふれる商品がラインナップされています。どの「十四代」も丁寧にしっかりと造られ、酒造りに魂を込めた杜氏や酒蔵のこだわりとポリシーがしっかりと伝わってくるようです。入手が困難なお酒ですが、五感で感じることのお酒を一度飲んでいただきたいと思います。

十四代の種類

十四代の種類
十四代には27種類あります。純米大吟醸、大吟醸、純米吟醸、純米、吟醸、特別本醸造、リキュールで、いくつかの種類があります。プレミアがつくほど、貴重な日本酒で、なかなか手に入りません。

フルーティーな味わいなので、とても飲みやすいお酒です。かと言って、甘すぎないので、食事の邪魔もしないので、とてもおススメなお酒です。日本酒が苦手、敬遠しているという方でも、比較的飲みやすいお酒だと思います。口当たりだけではなく、香りも楽しめるお酒です。

十四代 純米吟醸酒特吟

中でも有名なのは、純米吟醸酒特吟です。こちらは、飲みやすいですし、価格もプレミア日本酒の中でもお手軽な方です。

created by Rinker
十四代
¥11,280 (2020/03/29 23:30:15時点 Amazon調べ-詳細)

十四代 本丸 秘伝玉返し

「十四代 本丸 秘伝玉返し」は、特別本醸造酒。箔押のラベルが高級感を醸し、贈り物にも最適な一品です。鼻に抜けるような香り立つ鮮やかなフルーティ感口に含むとクセのないあっさりとした味わいで、喉越しスッキリと余韻がサッと引いていく感じのお酒です。
余談ですが、ラベルの箔押は冷暗所に保管するこのお酒が目立つようにとのことで、高級感を煽る目的ではないそうです。

十四代 純米大吟醸 七垂二十貫

「十四代 純米大吟醸 七垂二十貫」は、名前からして重厚感がある「十四代」の頂点の一つ。兵庫県の特A地区産の酒米「愛山」を、40%まで磨きこんで仕込まれたお酒です。
グラスに注ぐとふくよかなフルーティな香りが立ち、口に含むと優しく溢れ出す米の旨味と甘さ、陰にはしっかりと酸味が感じられ、日本酒好きには堪らない味です。一度は味わいたいお酒といってもいいでしょう。

created by Rinker
¥43,000 (2020/03/29 14:22:05時点 楽天市場調べ-詳細)

十四代 純米大吟醸酒 白雲去来

高い十四代を口にしたいと言う方には、純米大吟醸酒白雲去来がおススメです。こちらは、720mlが10万円するのもざらなのですが、一度目にしたら飲んでおくべきです。

created by Rinker
¥88,000 (2020/03/29 14:22:05時点 楽天市場調べ-詳細)

十四代 龍月

シリーズの中で特にプレミアがついているものが十四代 龍月という日本酒で、精米歩合40%の純米大吟醸で高木酒造が特にこだわりを持って生産している日本酒であり、多産していません。
味わいについてはフルーツのような甘味があり、キレのある味わいでとてもまろやかと言われており、是非一度味わってみたいものです。

このように、お手軽な価格と言っても、十四代は基本的に高価なものですし、なかなか手に貼りません。
十四代シリーズは多くは贈答品や祝いの席で開けられることが多く、なかなか普通のお店では飲むのは難しい日本酒です。是非手に入れたいのですが、そもそも高木酒造は今の時代に逆行するように会社のホームページどころかメールアドレスすら記載していないので会社への問い合わせ自体ままなりません。

おススメは十四代があるお店に飲みに行く

そこでおススメしたいのは、家飲みのために購入するのは、困難なので、十四代があるお店に飲みに行くのがおススメです。
山形の郷土料理を出すお店などで飲めます。山形の日本酒だということもあり、山形郷土料理の店には置いていることが多いです。

山形県の村山市あの“郷土料理”と合わせて

山形県の村山市といえば・・・十四代と並んで有名な郷土料理があります。
それは“ひっぱりうどん”です。

おすすめ ひっぱりうどん ゆであがり8分

茹でたてのうどんに、特製のつゆをつけて食べるスタイルなのですが、甘めのめんつゆを使ってつまみながら頂くと絶品です。またこれから秋も深まった折には、河原で芋煮会をしながら楽しむパートナーとして十四代は抜群の相性良さを見せます。
やはり甘口の日本酒ならではの抜群の相性の良さが醤油、味醂とはあると痛感させられるでしょう。最上川三難所そば街道をはじめそばの実の産地として知られるだけに、蕎麦との相性の良さも見逃せないと言えます。
ご当地料理の板そばはシンプルながらもその薫りの豊かさが特徴。吟醸や大吟醸よりも本醸造『本丸 秘伝玉返し』などと合わせるとよりお互いの良さが際立つはずです。

「郷に入れば郷に従え」ではありませんが、美味い日本酒と美味い郷土料理は相性があって当たり前ですから、最初の一献はその酒蔵地元で愛されているものと一緒にがお薦めです。
まぼろしの日本酒「十四代」(50代後半男性Sさんの感想)
私がこのお酒をはじめて口にしたのは、取引先の人に連れて行ってもらった都内の料亭でした。フルーティな味わいとほのかな甘みが口の中にひろがり、その旨さに魅了されたことを憶えています。お酒を語る時に辛口、甘口を基準とすることが多いですが、この十四代の旨さはそういった物差しでは測れないと感じるくらい衝撃的なものでした。
その店の店主から、世の中に出回る本数が非常に少なく、手にいれるのが難しいお酒で、一般消費者が購入するには、倍率の高い抽選に当選するか、プレミア価格でインターネットで購入するしかないことを教えてもらいました。
その直後、もう一度飲んでみたいという想いが強くインターネットで購入してみました。3万円以上の価格だったと記憶しています。少し高い買い物ではありましたが、大きな感動を再び味わうことができました。
繊細な中にも力強さもあるので、どんな料理にも合いますが、湯豆腐、野菜の煮物などさっぱりとした料理の方が、このお酒の美味しさが引き立つように感じました。私は、お酒だけで楽しむのがお気に入りです。
口当たりの良さから女性にも好まれ、普段お酒を飲まない妻も十四代の魅力に魅かれ、年数回ではありますが、インターネットで購入して家族で楽しんでいます。
日常的に飲める価格のお酒ではありませんが、日本酒好きであればぜひ一度は飲んでみる価値があります。
日本酒「十四代」を初めて飲んだ感想(40代前半女性Kさんの感想)
私は山形県に親しい友人がいるということもあり、休日が続くときは山形県に行くことがよくあります。
正月に山形県に行ったときに、「お歳暮を渡していないし、日頃の感謝も込めて」ということで、日本酒の「十四代秘伝玉返し 本丸」というものをいただきました。
私がお酒好きということもあると思いますが、玉形ではかなり有名なお酒で、かなり高額だそうです。
製造しているのは「高木酒造」という山形県の老舗酒造だと聞きました。
見た目はスーパーで売っている一升瓶とほぼ同じで、白いラベルに「十四代」と書かれていました。
ただ、正直私はあまり日本酒は飲みません。
お酒は大好きなのですが、ワインや発泡酒がほとんどなのです。
ですから、日本酒をもらった時は正直「飲めるかな?」と、ちょっと心配になったのですが…
十四代はとてもフレッシュな味で口に残りにくく、普段あまり日本酒を飲まない私でも美味しいと思えたのです。
辛すぎず甘すぎずで、本当に飲みやすいお酒で、「全部飲み切れるか」という心配は全く不要でした。
私は自分でも買いたいと思ったのですが、友人によると「一番安いのでも1本3万円以上だよ」とのこと。
この値段にはビックリしましたが、普段は日本酒を飲まない私でも美味しいと思えましたし、とても手が込んだ造りということが味で分かったので、高額なのは仕方ないとも思いました。
値段的に全ての人が飲めるというわけではないと思いますが、日本酒好きなら絶対一度は試してほしいお酒です。
二十代の女が飲む十四代(20代前半女性Cさんの感想)
今回私が飲んだのは、十四代の中取り純米の無濾過です。
一升瓶で30,000円超の十四代、一体どんなお味がするのでしょうか。

1口飲むと、少々とろりとした口当たりを感じました。
辛口の中でも結構甘い方の分類に入ると思いとても飲みやすいです。
これは日本酒初心者の方でも飲みやすいと思います。

お酒のアテとして、焼き味噌とチャンジャを用意しました。
お箸の先に少量の乗せた焼き味噌を口に入れ、強めの塩分を味わってから、十四代を1口飲むと、さらに香りが良く感じるので、おすすめのおつまみです!!
チャンジャの方も美味しいのですが、焼き味噌の方がより香りを楽しめます。
さて、十四代の感想としては、とても飲みやすい日本酒でした。香りにクセが無いので日本酒が苦手な方でも飲めると思います。
そして、希少なお酒を飲める優越感も感じられて幸せなひと時を味わえました。

おつまみは里芋の煮物(50代前半女性Kさんの感想)
出張に山形に行った息子が日本酒が好きな夫のために、この十四代を買って来ました。
夫は特別な日に飲みたいと正月に息子と一緒に、この十四代を飲みましたがおつまみは里芋の煮物にしました。
お酒を飲む時にこのお酒が人里離れた地の蔵元で作られていることを教えてくれました。
この十四代という名前の由来を、お酒を飲みながら息子が教えてくれました。
元々、この酒蔵では特別な古酒だけにこの十四代という名前を付けていたそうです。
由来は十四代目の当主が「十三代」や「十四代」「十五代」「十六代」などの商標登録を出願したところ通常は、数字は許可されないのになぜかこの「十四代」だけが許可されたそうです。  
蔵を引き継いだ15代目の社長がこの、本当は商標登録されないはずなのに許可された、この名前を引き継ぎお酒の名前として使ったのが由来だそうです。
息子も出張した先で聞いた来た話ですが、まるで自分が知っていたように自信ありげに話していました。
お酒の味も味にうるさい夫が、コメの旨みを感じる美味しいお酒だと言いながらいつもより早いピッチで息子と一緒にこのお酒を飲んでいました。
息子の方は、このお酒は高いのでもう少しゆっくり飲んで味を楽しもうといいながら飲んでいました。
息子が買って来たので、値段のことを聞きませんでしたがこの言葉から相当高いお酒なんだろうということが分かりました。
おつまみの里芋の煮物と一緒に食べたら最高だったようです。

まとめ

十四代は山形県村山市にある高木酒造という酒蔵が造っている日本酒です。
一口に十四代といっても十四代シリーズは多くあるのですが、この日本酒は非常に人気が高く、なかなか手に入らない最高級の日本酒で有名です。
全国新酒鑑評会で金賞を受賞したこともあり、その品質の高さは折り紙つきです。
それでもこの十四代シリーズが日本酒好きの中で有名なのは、いかにおいしいかという証明でもあります。
おつまみには塩辛いものが合うそうなので、もしも手に入れた際にはイカの塩辛をつまみに飲んでみたいと思います。
高木酒造のモットーは『芳醇・旨口・キレのある酒を基本とし、心で飲む感動する酒を醸している』ことです。
十四代の他には『朝日鷹』や『黒縄』を醸造していることでも知られており、朝日鷹や黒縄の銘柄の中には十四代に匹敵する評価を得ているものもあります。
なかでも『朝日鷹 特選 本醸造』は『十四代 本丸』とほぼ変わらない出来だと言われているほどです。

created by Rinker
¥24,800 (2020/03/29 23:30:15時点 楽天市場調べ-詳細)

こちらの記事も人気です。

関連記事

  1. 不老泉

    不老泉(滋賀の日本酒)木桶仕込・滋賀渡船・杣の天狗の特徴や美味しい飲み方を分析

  2. 山形正宗

    山形正宗(山形の日本酒)藍・純米辛口・熟成梅酒の特徴や美味しい飲み方を分析

  3. 男山

    伝統銘酒「男山」(北海道の日本酒)歴史・特徴や美味しい飲み方の分析

  4. 天青

    天青(神奈川の日本酒)千峰・吟望・風露・湘南ビールの特徴や美味しい飲み方を分析

  5. 川中島 幻舞

    川中島 幻舞(長野の日本酒)「大吟醸・特別純米酒」の特徴や美味しい飲み方を分析

  6. 龍力

    龍力(姫路の日本酒)「大吟醸米のささやき・ドラゴン」等の特徴・美味しい飲み方を分析

  7. 大谷忠吉本店

    大谷忠吉本店

  8. 信州亀齢

    信州亀齢(長野の日本酒)「純米大吟醸・ひとごこち」等の特徴や美味しい飲み方を分析

  9. 赤武

    赤武(岩手の日本酒)純米・F NEWBORN・結の香の特徴や美味しい飲み方を分析

  1. 奈良地酒

    奈良県の日本酒・地酒20選。春鹿・風の森等、歴史ある奈良のお酒

  2. 栃木地酒

    栃木県の地酒20選。コクのある地酒からスッキリした地酒まで

  3. 山形県の地酒20選。歴史あり地元民からも愛される地酒特集

  4. 鹿児島地酒

    鹿児島の焼酎・地酒19選。誰もがなっとく飲みごたえのある地酒特集

  5. 秋田地酒

    秋田の地酒20選。一度は飲みたい地元の名酒特集

  1. 日本酒名入れ

    【バレンタイン】日本酒・焼酎の名入れプレゼントが人気の理由は?…

  2. 飲み比べ

    日本酒飲み比べセット・利き酒セットのメリットとその理由8選

  3. 日本酒の辛口甘口について

    日本酒の辛口甘口についての基準が分からない。辛口甘口のおすすめ…

  4. 美味しい飲み方とは?

    死ぬまでに1度は飲みたいレア・プレミア日本酒。高額になる秘密と…

  5. 日本酒の種類

    初心者でも分かる本醸造、吟醸、純米、大吟醸の違い。今さら聞けな…