ウイスキータリスカーは定価購入可能?18年はまずいか辛口評価した

ウイスキータリスカーは定価購入可能?18年はまずいか辛口評価した

世界にはたくさんのウイスキーがあります。近年のウイスキーブームに刺激を受け、各国のウイスキーを飲み比べてみたいと考えているウイスキーファンの方も多いのではないでしょうか?

お酒ライターAnchan
お酒ライターAnchan
そこで今回はスコットランドのシングルモルト「タリスカー」について解説していきます。どのような特徴を持つのか、どのような味わいなのかをウイスキー好き“がきちゃん”の評価レビューも交えつつお伝えしていきます。ウイスキー選びに迷っている方はぜひ参考にしてみてください。
※この記事を書いたお酒ライターAnchanのプロフィール
 

スモーキーな味わいが魅力のタリスカー

スカイ島で製造されるシングルモルト

タリスカーはスコットランドで生産されるウイスキー、いわゆるスコッチの銘柄の一つです。タリスカー蒸留所のモルト原酒のみを使ったシングルモルトウイスキーとなります。
スコットランドは国内の各地でウイスキーが生産されており、場所や蒸留所ごとに味わいに差があります。タリスカー蒸留所はハイランド地方の「スカイ島」と言われる場所にあり、島の環境や気候をダイレクトに表現した個性のある味わいで人気を集めています
 

アイラモルトにも似たスモーキーさと潮気

アイラモルトにも似たスモーキーさと潮気
タリスカーの味わいを一言で表すなら、「力強くスモーキー」胡椒のようなスパイシーさが特徴で、複雑さがありつつもバランスが取れています
タリスカーが造られるスカイ島は、スコットランドの6つの地域の中でも“アイランズ”というところに該当します。しかしピートによるスモーキーさ、そして海に面した環境で生まれる潮気のある味わいは、アイラモルトに似ていると言われています。
スモーキーなウイスキーが苦手な方には、タリスカーの味わいはもしかすると合わないかもしれません。しかし一方で、「アイラモルトのような個性のある味が好き」「スモーキーでスパイシーなウイスキーを探している」といった方には、まずおすすめしたい銘柄でもあります。ボウモアやラフロイグといったスコッチ銘柄が好きな方は、タリスカーの味わいもきっと好みだと予想できます
 

1830年から続く伝統的なタリスカー蒸留所

タリスカー蒸留所は1830年創業という、非常に長い歴史を持つ蒸留所でもあります。創業以来の製法を忠実に守り、伝統のもとウイスキーづくりを行なってきました。大恐慌や戦争、火災といった災害や試練に見舞われながらも、情熱を注ぎウイスキー作りの灯火を消さずに現代まで歴史が続いています。
そんなタリスカー蒸留所は、スカイ島の過酷な自然と共存することで独特の美味しさを表現しています。雨水から生まれる湧水を仕込み水とし、さらにピート(泥炭)の土壌を生かしたウイスキー作りに強みを持ちます。
蒸留所の特徴としては、まず発酵の過程で昔ながらのオレゴンパイン製の発酵槽で長時間の乳酸発酵をしているのがポイントです。通常は50時間程度しか行われない発酵を、タリスカー蒸留所ではなんと70時間もかけています。これにより、独特のフルーティーな香りが生まれます。
さらにタリスカー蒸留所では「ストレートヘッド型」と「ボール型」の2種類のポットスチルを変則的に使用しています。昔からのスタイルを今も活用し、モルトの豊かな味わいの表現につなげています。

 

タリスカーのラインナップは?

1.タリスカー 10年

Talisker(タリスカー)
¥5,995 (2022/10/05 14:29:35時点 Amazon調べ-詳細)
タリスカー10年は、タリスカーシリーズのスタンダードボトルです。10年以上熟成の原酒をバランスよくブレンドして造られており、タリスカーらしいスモーキーさ、胡椒のようなスパイシーなニュアンスが特徴です。
「ジキル博士とハイド氏」や「宝島」といった著書で知られるR.L.スチーブンソンが酒の王様と絶賛したボトルでもあり、ほのかな潮味とドライフルーツのような甘味も共存しています。ストレートだけでなく、ハイボールにしても美味しいと評判です。
 

2.タリスカー ストーム

Talisker(タリスカー)
¥6,598 (2022/10/06 06:50:26時点 Amazon調べ-詳細)
タリスカーストームは、いわゆるノンエイジタイプのウイスキーです。熟成年数に拘らず、数ある原酒の中から個性の際立つものをブレンドして造られます。
ストーム=嵐というネーミングからも分かる通り、スカイ島の気候を感じさせる荒々しい味わいに魅力があります。甘美なスモーキーさと熱くなるほどのスパイシーさは、ステーキなどの肉料理に合わせても負けることがありません。
 

3.タリスカー ポートリー

Talisker(タリスカー)
¥9,130 (2022/10/06 06:50:27時点 Amazon調べ-詳細)
タリスカーポートリーは、ポートワインの樽での追加熟成がポイントです。独特の潮味と胡椒味に、ポート樽由来の赤いベリーのようなリッチさが加わっています。
余韻が長くドライなスモーキーさを長く堪能できるのが特徴で、ゆっくりとウイスキーを味わいたい時にぴったりな1本です。コストパフォーマンスに優れているウイスキーでもあります。
 

4.タリスカー 18年

Talisker(タリスカー)
¥22,798 (2022/10/06 06:50:27時点 Amazon調べ-詳細)
タリスカー18年は、酒齢18年以上の原酒をヴァッティングして造られるタリスカーの熟成ボトルです。タリスカー10年がアメリカンオークのリフィル樽を使用しているのに比べ、タリスカー18年にはヨーロピアンオークのリフィル樽原酒が使用されているのがポイントです。
ハチミツのような甘さからピートの主張が出てくる、バランスの取れた絡み合いが魅力です。2007年に「ワールド・ウイスキー・アワード」でのグランプリを受賞したこともある、世界一に認められたシングルモルトでもあります。
 

5.タリスカー 25年

タリスカー
¥66,900 (2022/10/06 06:50:28時点 Amazon調べ-詳細)
タリスカー25年は、いわゆる25年熟成という長熟タイプのウイスキーです。長期熟成によるまろやかさが表現されていながらも、タリスカーらしい力強さも感じられます。
かつてはカスクストレングスのスペシャルシリーズとして不定期リリースされていましたが、近年では定期的なリリースが可能となりアルコール度数も45.8%に調整されています。年1のボトリングで、生産数は少なめのため人気度が高いです。
 

6.タリスカー 30年

タリスカー30年は、酒齢30年以上の原酒から生まれるタリスカーです。現行品の中では最長熟成のボトルとなります。25年ものよりもクセの抑えた味わいになっていて、タリスカーの中では非常にまろやかで飲みやすい味わいです。
控えめでリッチな中にも潮のニュアンスや甘味、スモーキーなペッパー風味もあります。加水すると甘味がより増すため、トワイスアップやロックで飲むと非常に美味しいです。
 

7.タリスカー ディスティラーズ エディション

タリスカーディスティラーズエディションは、シェリー酒の一種であるアモロソの樽を使い二段熟成しているのがポイントです。力強いペッパーフレーバーにフルーティーな甘味が加わっていて、レギュラーなタリスカーよりも熟成が進んでいます。年1回の蒸留しか行われない希少なボトルとしても知られていて、蒸留年やボトリングの日付、バッチ番号などがボトルに刻印されています
 

そのほか限定品も

タリスカーは上記で紹介したボトルのほか、定期的に限定品もリリースしています。定番商品よりもさらに長期の熟成が加えられたボトルや、特別な樽熟成をした味のものなどバリエーションは様々です。
限定品のボトルは希少なため入手が難しいですが、タリスカーの味わいが好きな方はトライしてみる価値があります。ぜひ機会があれば探してみてください。
 

タリスカーの評価と受賞歴について

タリスカーの評価を調べてみた

タリスカーは日本への流通量も多いため、飲んで評価している方が多く見受けられました。独特なスモーキーさに対して定評があり、「美味しい」とコメントしている方が多かったです。特に濃く刺激の強い味は、ハイボールにすると相性がいいと述べている方が多かったです。
タリスカーは世界的にも認められているウイスキーであるため、プロの評価も高めです。有名な品評会などで数々の賞を受賞しています。
 

タリスカーの主な受賞歴

<タリスカー10年>

  • ISC金賞(2017年、2015年など)
  • WWAベストシングルモルトアイランズ(2017年、2011年など)
  • IWSC最優秀シングルモルト12年未満(2010年、2009年など)
  • IWSCゴールドメダル(過去13回受賞)

 

<タリスカー18年>

  • ISC金賞(2011年、2008年など)
  • WWA世界最優秀シングルモルト(2007年)
  • IWSCゴールドメダル(2015年、2011年など)

こちらの受賞歴はあくまでもほんの一部であり、タリスカーは他にもさまざまなボトルが数多くの名誉ある賞を受賞しています。世界最高賞に選ばれたこともある実力派として、各国で愛されています。
 

タリスカー18年を飲んで評価レビューした

がきちゃんがタリスカー18年を実際に飲んでみた
ウイスキー好きがきちゃんが「タリスカー18年」をストレート・ロック・ハイボール別に飲み評価レビューをしていきます。

タリスカー18年 容量700ml alc.45.8% 価格12,000円~

Talisker(タリスカー)
¥22,798 (2022/10/06 06:50:27時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・・・オレンジ寄りの綺麗な琥珀色
  • 香り・・・オレンジの皮や柑橘類を思い出させる。後からピート香がふんわり香る

 

ストレート

タリスカー18年ストレート
口に含むとまず潮系の辛みと交じり合う柑橘系の酸味。ナッツの様なニュアンス。鼻から抜けるヨード香。全体的にバランスが良くリッチな味わい。
飲み終わった後のグラスの香りはスモーキーでヘビーな香りが残ります。
 

ロック

ウイスキー レビューライターがきちゃん
がきちゃん
ロックにすると全面に甘さが主張してきます。甘さから柑橘類のスッキリな味わいへ変化していきます。最後に胡椒のようなスモーキーな味わいが訪れます。

 

ハイボール

ほのかに燻製香が主張してきますが、タリスカー18年の良さが消えてしまった印象を受けます。
スッキリとしてほのかに甘く、優しく燻製香放つハイボールになりました。
ハイボールはタリスカー10年の圧勝です(笑)

 

個人的評価

タリスカー個人的評価

ウイスキー レビューライターがきちゃん
がきちゃん
個人的にですがタリスカー18年はロック一択です。ストレートでは潮気が強く刺激が強いです。
ロックでは優しく香る燻製香に甘さと柑橘系のスッキリさが合わさってバランスの良いウイスキーに感じます。

高級感もありピーティーに振り切っていないところが大好きです。ロックにすると全面に甘さが主張してきます。甘さから柑橘類のスッキリな味わいへ変化していきます。最後に胡椒のようなスモーキーな味わいが訪れます。
ハイボールではタリスカー18年の良さが薄まってしまいもったいなく思います。
タリスカー18年はウイスキーを多く扱っている酒屋さんなら置いていることも多いですが、ネットの方が安く手に入ることもあるので比較してみて下さい。

Talisker(タリスカー)
¥22,798 (2022/10/06 06:50:27時点 Amazon調べ-詳細)
 

タリスカーの定価や入手方法は?

タリスカーの定価や入手方法は?

タリスカーの定価・価格

タリスカーはボトルによって価格が異なります。最もメジャーなタリスカー10年の場合、定価の目安となる希望小売価格は5,500円(税込)となっています。Amazonや楽天市場といった通販でも簡単に購入可能で、酒販店によっては定価よりも安い価格で購入を狙える場合があります

Talisker(タリスカー)
¥5,995 (2022/10/05 14:29:35時点 Amazon調べ-詳細)
基本的に18年熟成ものまでの定番ボトルであれば、比較的簡単に見つけることができます。「タリスカーストーム」「タリスカーポートリー」あたりのボトルなら1万円未満、「タリスカー18年」なら15,000円程度で購入ができます。
一方定番ボトルの中でも、25年もの、30年ものは数万円を超える高額がついているので注意です。
 

終売ボトルや限定品はプレミア化

タリスカーの中でも、通常発売されていない限定品や終売となったボトルは、希少価値の高さから値段が上がっています。特に熟成ボトルは、1本に何十万円という値段がつくこともあります。
タリスカーには非常にさまざまなボトルがあるので、購入する場合は予算などと相談しながらボトルを選ぶようにしましょう
希少品であるタリスカーは、その分入手も難しくなります。飲んでみたい方は、ボトルごと購入するほかタリスカーを取り扱うバー・レストランで狙ってみるのもありです。
 

未開封のタリスカーはお酒買取専門店へ

未開封のタリスカーはお酒買取専門店へ
タリスカーはファン人気の高いウイスキーであり、コレクターも存在します。ウイスキーは賞味期限がなく価値が下がりにくいため、未開封ボトルであれば買取査定で値段がつきます。
ただし適切な値段で買い取ってもらうためには、リサイクルショップではなくきちんとお酒の知識に詳しいお酒買取専門店に依頼するようにしましょう。当サイトではウイスキーにおすすめのお酒買取専門店も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

まとめ

スモーキーで強い個性がありつつも、バランスに優れている味わいのタリスカー。世界的な品評会での受賞歴も多く、評価の高い銘柄でもあります。
タリスカーにはさまざまなボトルがありますが、「タリスカー10年」「タリスカー18年」などは入手もしやすくウイスキーに挑戦してみたい方におすすめです。ぜひ見かけたらトライしてみてください。

関連記事

  1. タリスカー10年旧ボトルをスパイシーハイボールで飲み評価した

    タリスカー10年旧ボトルをスパイシーハイボールで飲み評価した

  2. 品薄のアラン10年をやまやで定価購入し評価テイスティングした

    品薄のアラン10年をやまやで定価購入し評価テイスティングした

  3. ウシュクベリザーブ新ボトル・終売旧ボトルの違い。飲んで評価した

    ウシュクベリザーブ新ボトル・終売旧ボトルの違い。飲んで評価した

  4. 村上春樹も愛飲したカティサーク。飲んでうまいかまずいか評価した

    村上春樹も愛飲したカティサーク。飲んでうまいかまずいか評価した

  5. 定価購入は難しい【貴重】アランモルト25年を飲んで評価した

    定価購入は難しい【貴重】アランモルト25年を飲んで評価した

  6. アベラワー種類と評判。実際にアブーナ(アブナック)を飲んで評価した

    アベラワー種類と評判。実際にアブーナ(アブナック)を飲んで評価した

  7. 値上がりで定価は難しい響ブレンダーズチョイスを飲んで評価レビューした

    値上がりで定価は難しい響ブレンダーズチョイスを飲んで評価レビューした

  8. 終売品薄のウイスキー余市。どこで買える?実際に飲んで評価した

    終売品薄のウイスキー余市。どこで買える?実際に飲んで評価した

  9. グレンモーレンジの種類飲み方。キンタルバン12年を飲んで評価もした

    グレンモーレンジィの種類飲み方。キンタルバン12年を飲んで評価もした

  • お酒買取ランキング
  • お酒に関わる仕事求人情報
  • 工場住み込み求人ポイントバンク
  • 全国の厳選地酒特集
  • なぜ高い?プレミア焼酎
  • 全国おつまみ特集
  • 全国の地ビール特集
  1. 美味しい通販おせちとおせちに合うおすすめ日本酒

    2023年本当に美味しいお取り寄せ人気おせち通販口コミランキング10選

    2022.09.16

  2. 天女ラベル等貴州マオタイ酒なぜ高い?本物の見分け方とおすすめ買取店

    天女ラベル等貴州マオタイ酒なぜ高い?本物の見分け方とおすすめ買…

    2022.07.31

  3. スコッチウイスキー お酒の特徴とは?おすすめの銘柄一覧13選

    スコッチウイスキー お酒の特徴とは?おすすめの銘柄一覧13選

    2022.06.30

  4. ウイスキー福袋2022年版!狙いはいつでイオン・リカマン・ビックカメラ?

    ウイスキー福袋2022年版!狙いはいつでイオン・リカマン・ビックカ…

    2022.06.30

  5. 山崎12年・響ウイスキーをふるさと納税返礼品で手にする方法を解説する

    山崎12年・響ウイスキーをふるさと納税返礼品で手にする方法を解説…

    2022.06.25

  1. おすすめ家庭用ビールサーバー

    自宅で家飲みを満喫!レンタルも可おすすめ人気家庭用ビールサーバ…

    2021.08.06

  2. ウイスキー

    なぜ品薄・高騰・高額買取?歴史から導くおすすめのジャパニーズウ…

    2021.01.07

  3. 2022年値上がりしそうな国産ウイスキー

    2022年値上がりしそうな国産ウイスキー9選を予想してみた

    2022.01.04

  4. 広島お酒に関わる転職求人

    職種考察!広島県のお酒や工場・飲食関係おすすめ転職求人サイト6選

    2021.07.30

  5. 飲むシリカ口コミ評判を検証

    飲むシリカは腎臓に効果的?副作用・悪い怪しい口コミ評判と成分

    2021.08.03