グレンリベットの飲み方はハイボール?25年物を飲んで評価した

グレンリベットの飲み方はハイボール?25年物を飲んで評価した

2000年以降、世界的に続くウイスキーブーム。近年はジャパニーズウイスキーの高騰化がよく話題になっていますが、本場スコットランドの“スコッチ”も人気面では負けていません。
ザ・グレンリベットは、そんなスコッチウイスキーを代表する銘柄の一つです。世界で最も人気があるシングルモルトと言われており、日本にもザ・グレンリベットの多くのシリーズが流通しています。

お酒ライターAnchan
お酒ライターAnchan
この記事では、世界的な人気を誇るザ・グレンリベットの魅力に迫っていきます。ウイスキー好きのがきちゃんによるザ・グレンリベット25年のレビューも掲載しているのでぜひ参考にしてみてください。
※この記事を書いたお酒ライターAnchanのプロフィール
 

「静かな谷」を意味するザ・グレンリベット

ザ・グレンリベットとは

ザ・グレンリベットはスコットランドで作られる、いわゆるスコッチウイスキーの銘柄です。古くからの歴史を持つ世界的に愛されているウイスキーとなります。
「グレンリベット」はスコットランドで話されるゲール語で「静かな谷」を意味します。名前が表す通り、グレンリベット蒸留所はスコットランド・スペイサイド地方に位置するリベット川の谷の中にあります。
蒸留所と同じ名のウイスキー「ザ・グレンリベット」は、グレンリベット蒸留所で作られるウイスキーだけを瓶詰めしたシングルモルトウイスキーに該当します。スコッチらしい個性と優れたクオリティで、初心者からウイスキーマニアの方まで幅広い層に支持されているのが特徴です。
 

豊富なミネラルによるフルーティーさが魅力

ウイスキー
グレンリベット蒸留所のある場所は、ミネラルを豊富に含む地下水がよく採れる場所です。ミネラルを含んだ硬水と穏やかな環境が、グレンリベットの旨味を作り出しています。
グレンリベットは非常にフルーティーなアロマが特徴で、なめらかな口当たりとほんのりとした甘みがあります。個性の強いと言われるシングルモルトの中でも、非常にバランスが良く飲みやすい味わいをしています。
 

原点にして唯一の歴史あるシングルモルト

原点にして唯一の歴史あるシングルモルト
グレンリベットは正式名称を「THE GLENLIVET」と言います。定冠詞として付けられている“THE”は、グレンリベットが唯一の本物であることを表しています
もともとグレンリベットは、1824年にジョージ・スミスによる英国政府公認第一号の蒸留所として認められたウイスキーから誕生しました。品質の高さと政府公認という名声のもと、グレンリベットはやがてスコットランドから世界へと知れ渡っていくようになっていきました。
しかし人気の高さにあやかろうと他の蒸留所が競い合い、自分達のウイスキーに勝手にグレンリベットの名をつけるようになります。いわゆるグレンリベットの模倣のようなウイスキーが出回るようになってしまい、本来の本物であったジョージ・スミスのグレンリベットの価値が脅かされることとなりました。
そこで本来のグレンリベットの価値を守るため、ジョージ・スミスは裁判所に提訴することを決意しました。
グレンリベット
努力が実り1884年には、ジョージ・スミスのグレンリベットだけが本物だという印として、“THE”という定冠詞をつけることを許されたのです。
本物と認められた唯一無二の価値を持つグレンリベットは、そこから100年以上長く愛され続けていくことになります。現代でも人気は衰えることなく、世界的にも知名度・流通量共にトップレベルを誇るウイスキーとして在り続けています。
 

ザ・グレンリベットのシリーズを紹介

グレンリベットのウイスキーは、熟成年数や製造方法、樽の種類によって細かく作り分けされているのも特徴です。
グレンリベットのシリーズには以下のようなボトルがあります。
 

1.ザ・グレンリベット12年

THE GLENLIVET (ザ・グレンリベット)
¥4,184 (2022/12/07 19:21:55時点 Amazon調べ-詳細)
ザ・グレンリベット12年は、グレンリベットシリーズの中でも最もスタンダードなボトルとなります。鮮やかで明るい金色の見た目をしたウイスキーであり、ホワイトと緑色のラベルが目印です。
グレンリベット12年はアメリカンオーク樽とヨーロピアンオーク樽の原酒を使用しています。最低12年以上熟成させた原酒をブレンドしており、グレンリベットらしいバニラやハチミツの甘み、そしてレモン・オレンジのような爽やかな柑橘のアロマが特徴として挙げられます。口当たりは非常にスムースで、バランスの取れた味わいはウイスキー初心者にも人気があります。
 

2.ザ・グレンリベット15年

THE GLENLIVET (ザ・グレンリベット)
¥9,200 (2022/12/07 19:23:06時点 Amazon調べ-詳細)
ザ・グレンリベット15年は、名前の通り酒齢15年を超える原酒を使用して作られています。12年ものよりもやや深みのある金色の見た目で、赤茶色のようなラベルカラーが目印となっています。
グレンリベット15年にはコニャックの熟成に使われるフレンチオークの樽を使っています。これにより、異国風のリッチな香りと個性を放つ味わいに仕上がっています。
まるでドライフルーツやマンゴーを感じさせるような甘みがあり、その中にシナモンのようなスパイスも感じられます。長く続く余韻で、じっくりと堪能しながら飲み続けられる銘柄です。
 

3.ザ・グレンリベット18年

THE GLENLIVET (ザ・グレンリベット)
¥13,310 (2022/12/07 19:23:07時点 Amazon調べ-詳細)
ザ・グレンリベット18年は、ファーストフィルのアメリカンオーク樽・バーボン樽、そしてセカンドフィルのアメリカンオーク・バーボン樽、さらにヨーロピアンオーク・シェリー樽を贅沢に使用しています。3種の樽を使った絶妙なブレンドは、アプリコットやオレンジを感じさせるフレッシュなアロマを生み出します。
口に含むとりんごのような酸味と、蜜のような甘みが広がっていきます。フィニッシュも長く、レーズンのような熟した余韻が続いていきます。
なおウイスキーは熟成年数が長くなるほど高級品扱いとなり、18年ものボトルは同ブランドの12年ものよりも高くなります。それでもザ・グレンリベット18年はおよそ15,000円ほどで入手可能であり、ジャパニーズウイスキーよりもコスパが良いと評価されています。
 

4.ザ・グレンリベット21年

ザ・グレンリベット21年は、琥珀色の見た目をした熟成期間の長いウイスキーです。アメリカンオークのバーボン樽に加えヨーロピアンオークのシェリー樽を使っており、長い期間をかけてゆっくりと熟成を加えているのが特徴です。
長期間の樽熟成により、ウッディなアロマと深い味わいが生まれているのがグレンリベット21年です。ドライフルーツを思わせる熟成感に活力のある強さも加わっていて、非常に飲みごたえを感じます。
 

5.ザ・グレンリベット25年

¥56,826 (2022/12/07 14:27:44時点 楽天市場調べ-詳細)
ザ・グレンリベット25年は、グレンリベットシリーズの中でも極上ランクのボトルです。オロロソ・シェリー・オークの樽で25年以上熟成させた原酒を使うことにより、非常になめらかでシルキーかつ複雑な味わいに仕上がっています。
リッチな甘みがあるウイスキーであり、ダークチョコやオレンジピールのようなほろ苦いスパイシーさも感じ取ることができます。
 

グレンリベットはシリーズ品が多い

  • ・ザ・グレンリベット ナデューラ・オロロソ
  • ・ザ・グレンリベット ナデューラファーストフィル セレクション
  • ・ザ・グレンリベット ナデューラ ピーティッド
  • ・ザ・グレンリベット 12年 イリシット・スティル
  • ・ザ・グレンリベット シングルカスク2022 24年   など

グレンリベットには12年、15年、18年などの熟成もの以外にも、上記のようなボトルがあります。中にはアルコール度数が60度を超えるような個性派のボトルも存在しています。
同じグレンリベットのシリーズでも、味わいや刺激の強さが異なるので飲み比べをしてみるのも楽しいです。見かけることがあれば、ぜひトライしてみてください。
 

ザ・グレンリベット25年をがきちゃんが飲んで評価した

ザ・グレンリベット25年をがきちゃんが飲んでみた

酒屋さんで売られているグレンリベットは12年~18年のものが多いのではないでしょうか?
今回はあまりお店では見かけないグレンリベット25年のレビューをしていきます。ちなみにこの木箱はオーク材で作られています。
グレンリベット25年 容量700㎖ alc.43%
色は鮮やかなゴールド。
香りはウッディーでスパイシー、オレンジピール、ダークチョコレート。
 

ストレート

グレンリベット25年ストレート
開栓してすぐに飲んだ時はブランデーに近いような感じがして少し苦手意識がありましたが、ゆっくり味わいながら飲むといい感じのシェリー感とフルーティーが合わさって美味い
グラスを傾けたときに香るウッディーと柑橘香。
口に含んだ時の優しい甘さとスパイシー。
広がる余韻が凄く長い。
フィニッシュ手前にナッツの風味が強く現れ、フルーティーな余韻を残しながら消えていく。
 

ロック

グレンリベット25年ロック
ロックにするとスパイシーさが和らぎ、フルーティーな甘さと麦芽が顔を出す。
ロックにすると現れるポジティブ要素もありますが、ストレートで飲んだ時の長く続くリッチな余韻が消えてしまい失われるポジティブ要素の方が大きいです。
今までロックで飲むことの方が多かったので申し訳ない気持ちが・・・。
 

個人的評価

ウイスキー レビューライターがきちゃん
がきちゃん
飲み方はストレートで間違いないと思います!

ゆっくり1人の時間を楽しむ相棒としてグレンリベット25年をおすすめします。
飲みほしてしまいなんだか恋人と離れ離れになるような悲しい気持ちにもなりますが、今までありがとうと言いたくなる気持ちもあります。
なかなか手の出しにくいお値段ですが、飲んでみる価値は大いにあると思います!
ジャパニーズウイスキーのように希少価値から高騰している訳ではないので価格に見合った味を味わえます。またウイスキー好きな方へのプレゼントやお返しにもピッタリだと思います。誕生日や父の日などイベントの際に贈ってみられてはどうでしょうか。

¥56,826 (2022/12/07 14:27:44時点 楽天市場調べ-詳細)
 

ザ・グレンリベットの入手方法について

12年・18年ものであれば入手がしやすい

グレンリベットは人気銘柄ですが、12年・18年ボトルなどは比較的容易に入手ができます。特に予約などをせずに店頭で購入できるケースも多いので、まずはお近くの酒屋で探してみましょう。やまやなどの酒販店、ビックカメラの酒屋コーナーなどでの購入報告が多いのでぜひチェックしてみてください。
 

レアなボトルは抽選販売を狙うと◎

12年・18年もののボトルがよく流通している一方で、グレンリベット25年などはやや希少価値が高くなります。店頭ですぐに買えるケースはレアなので、見かけた場合は非常にラッキーと言えるでしょう。
なお酒販店や百貨店の中には、時々グレンリベットの抽選販売・予約販売をおこなっているところもあります。レアなウイスキーを購入したい方は、ぜひ数量限定の販売情報もこまめに調べておきましょう。
 

ザ・グレンリベットの価格について

グレンリベットの価格はどれくらい?

シリーズ 参考小売価格 Amazon・楽天での相場
ザ・グレンリベット 12年 5,907円(税込) 約5,000円
ザ・グレンリベット ファウンダーズリザーブ 5,280円(税込) 約3,300円
ザ・グレンリベット 15年 7,377円(税込) 約6,300円
ザ・グレンリベット 18年 12,511円(税込) 約15,000円
ザ・グレンリベット 21年 25,300円(税込) 約38,000円
ザ・グレンリベット 25年 46,200円(税込) 約56,000円

グレンリベットの代表的なボトルの価格を調べてみました。
表をみてわかる通り、グレンリベットの12年ものなどメジャーな商品は比較的安価であり、入手がしやすいのが特徴です。定価は6,000円弱ほどで、Amazon価格はそれよりもお買い得になっています。箱あり・箱なしでも価格は変わっており、ものによっては酒販店で3,000円台で購入できたという報告もあるほどです。ジャパニーズウイスキーの12年ものシングルモルトが軒並み1万円を超える価格で取引されているのに比べると、いかにグレンリベットのコスパが魅力であるかがわかるかと思います。

THE GLENLIVET (ザ・グレンリベット)
¥4,184 (2022/12/07 19:21:55時点 Amazon調べ-詳細)

なお18年、21年、25年などの長期熟成ボトルはやや流通量が限られているため、販売価格は数万円を超える高額になります。それでも価格の上昇値は控えめであり、山崎・竹鶴など激しい高騰化が進むジャパニーズウイスキーの高級品に比べてリアルな価格帯で楽しめるのがグレンリベットの良さと言えるでしょう。

「高級なシングルモルトを飲んでみたいけれど、何から試してみればいいかわからない」といった方にとっては、グレンリベットの熟成ボトルは味わいも価格帯も非常におすすめしやすいです。安定した人気があるので、ご自宅用のほかギフト用に選ぶウイスキーとしても適しています
 

数量限定のボトルはプレ値になりやすい

なおグレンリベットは購入しやすいと言われる一方で、定番ボトルではない数量限定ボトルにはプレミア価格がつきやすいです。なぜなら販売数量に対し需要が高く、コレクション目的で購入する方も多いためです。
近年ではグレンリベット80年が2200万円の値段で落札されたことも話題となっていて、グレンリベットがいかに人気の銘柄であるかがわかります。数量限定のほか、地域限定ボトルなどにも注目が集まっています。

 

余ったザ・グレンリベットはお酒買取専門店へ

余ったザ・グレンリベットはお酒買取専門店へ
グレンリベットは安定した人気を誇るスコッチです。甘みのある飲みやすい味わいで、老若男女に愛されています。幅広い層に支持されているため、お酒買取の市場でも評価がつきやすい銘柄となっています。
特にグレンリベットの中でも、数量限定ボトルや熟成期間の長いレアなボトル、そして生産が終了してしまったボトルなどは高値で売れる可能性が大です。もし未開封でこれからも飲む予定がないグレンリベットをお持ちであれば、お酒買取専門店の利用をぜひ検討してみましょう。

 

まとめ

世界でも有数のシングルモルトに数えられるグレンリベットは、ツイッターなどSNSでの評価も高く幅広い世代に愛されている銘柄となります。ジャパニーズウイスキーよりも比較的安価で入手がしやすい銘柄なので、コスパの良いウイスキーをお探しの方はぜひ試してみてください。

関連記事

  1. やまやで発見アランシェリーカスクを飲んだ感想と評価レビューした

    やまやで発見アランシェリーカスクを飲んだ感想と評価レビューした

  2. 手頃価格グレンリベット12年旧ボトルがうまいか飲み方はハイボール等で評価した

    手頃価格グレンリベット12年旧ボトルがうまいか飲み方はハイボール等で評価した

  3. 竹鶴、黒ラベルと白ラベルの違いとは?実際に飲んで評価した

    竹鶴、黒ラベルと白ラベルの違いとは?実際に飲んで評価した

  4. 価格は安めボウモア12年700mlをロック・ハイボールで飲み評価した

    価格は安めボウモア12年700mlをロック・ハイボールで飲み評価した

  5. アラン ザ・ボシー バッチ3を飲んだ感想と評価レビューした

    アラン ザ・ボシー バッチ3を飲んだ感想と評価レビューした

  6. ブルックラディ種類と評判。まずいかオーガニックを飲んで評価した

    ブルックラディ種類と評判。まずいかオーガニックを飲んで評価した

  7. タリスカー10年旧ボトルをスパイシーハイボールで飲み評価した

    タリスカー10年旧ボトルをスパイシーハイボールで飲み評価した

  8. アベラワー種類と評判。実際にアブーナ(アブナック)を飲んで評価した

    アベラワー種類と評判。実際にアブーナ(アブナック)を飲んで評価した

  9. 宮城峡終売・品薄で定価で売っていない。実際に飲んでレビュー評価した

    宮城峡終売・品薄で定価で売っていない。実際に飲んでレビュー評価した




  • お酒買取ランキング
  • お酒に関わる仕事求人情報
  • 工場住み込み求人ポイントバンク
  • 全国の厳選地酒特集
  • なぜ高い?プレミア焼酎
  • 全国おつまみ特集
  • 全国の地ビール特集
  1. ウイスキー小瓶50ml詰め替え販売ベアーズウイスキーを評価した

    ウイスキー小瓶50ml詰め替え販売ベアーズウイスキーを評価した

    2022.11.17

  2. 山崎蒸溜所見学ツアー予約困難。ショップ限定ウイスキーは定価で買えるか

    予約困難山崎蒸溜所見学ツアー。ショップ限定ウイスキーは定価で買…

    2022.10.14

  3. 美味しい通販おせちとおせちに合うおすすめ日本酒

    2023年本当に美味しいお取り寄せ人気おせち通販口コミランキング10選

    2022.09.16

  4. 天女ラベル等貴州マオタイ酒なぜ高い?本物の見分け方とおすすめ買取店

    天女ラベル等貴州マオタイ酒なぜ高い?本物の見分け方とおすすめ買…

    2022.07.31

  5. スコッチウイスキー お酒の特徴とは?おすすめの銘柄一覧13選

    スコッチウイスキー お酒の特徴とは?おすすめの銘柄一覧13選

    2022.06.30

  1. 2022年値上がりしそうな国産ウイスキー

    2022年値上がりしそうな国産ウイスキー9選を予想してみた

    2022.01.04

  2. 広島お酒に関わる転職求人

    職種考察!広島県のお酒や工場・飲食関係おすすめ転職求人サイト6選

    2021.07.30

  3. おすすめ家庭用ビールサーバー

    自宅で家飲みを満喫!レンタルも可おすすめ人気家庭用ビールサーバ…

    2021.08.06

  4. 飲むシリカ口コミ評判を検証

    飲むシリカは腎臓に効果的?副作用・悪い怪しい口コミ評判と成分

    2021.08.03

  5. ウイスキー

    なぜ品薄・高騰・高額買取?歴史から導くおすすめのジャパニーズウ…

    2021.01.07