山崎18年価格推移と買取価格。定価で買える方法はビックカメラ?

【PR】
山崎18年価格推移と買取価格。定価で買える方法はビックカメラ?

山崎18年は、サントリーが誇る長期熟成ウイスキーとして非常に大きな人気を集めています。品薄や高騰化がしばしば話題となるウイスキーでもあり、お酒買取に出せば高値がつくことが期待できるボトルです。

お酒ライターAnchan
お酒ライターAnchan
今回はそんな山崎18年の買取について解説していきます。
「山崎18年の買取におすすめの専門店が知りたい」
「買取のコツや価格相場が気になる」
という方はぜひ参考にしてみてください。
※この記事を書いたお酒ライターAnchanのプロフィール

 

山崎18年の買取査定ができるおすすめ専門店ランキング

1位:福ちゃん

福ちゃんの買取は初心者の方でも利用しやすい安心感があります。全国展開を行う大手の買取業者であり、買取可能な品目も多いです。お酒の場合はウイスキーをはじめ、ブランデーやワイン、シャンパンなど高級酒を中心に高額買取に対応してくれます。
福ちゃんの買取実績は累計で600万点を突破していて、サントリー山崎の買取実績ももちろん豊富にあります。お酒は1本から、大量買取にまで広く対応してもらうことが可能です。

【福ちゃん史上最大】出張買取価格30%UPキャンペーン中
福ちゃんの公式サイトをチェックする
 

2位:ファイブニーズ

ファイブニーズはお酒に特化した買取専門店です。全国展開をしていて、店頭買取のほか宅配買取や出張買取にも対応してくれます。自宅からの電話査定、LINE査定も利用可能なのでお酒の相場や買取価格を知りたい方にはまさにピッタリです。
土日祝日も対応してくれるので、お仕事などで忙しい方もお酒を売りやすいです。即日現金化も可能なので、お急ぎの方も安心です。

ファイブニーズの公式サイトをチェックする
 

3位:バイセル

バイセルのお酒買取は、24時間・土日祝日でも受け付けてくれます。こちらも大手の買取専門店であり、「抽選で買取金額2倍」など定期的にお得なイベントを開催しています。
お酒を高値で売れるのはもちろんですが、利用者にとって安心できる仕組みを整えているのがバイセルの魅力でもあります。買取価格表をホームページ上に掲載していて、「山崎18年 ピュアモルト」は〜72,000円、「山崎18年 リミテッドエディション」なら〜43,000円の買取相場となっています。

バイセルの公式サイトをチェックする
お酒ライターAnchan
お酒ライターAnchan
福ちゃんとバイセルで悩まれている方は買取価格・口コミ評判・実績などを徹底的に比較しましたので参考にしてみて下さい
 

4位:ジョイラボ

ジョイラボの買取はお酒に特化しています。そのためお酒以外の品目を売ることは難しいですが、レアなお酒やマニアックな地酒などの知識にも長けていてお酒の査定がしてもらいやすいです。
またジョイラボはこまめにホームページ上で買取価格表を更新しているので、お酒の価値がわかりやすいです。山崎18年の箱付きなら、95,000円の相場で買取してもらうことができます。もし他店より買取価格が安い場合は、価格を見直してもらうことも可能です。

ジョイラボの公式サイトをチェックする
 

5位:買取屋さんグループ

  • 買取対象:お酒以外にもお家にある売れる物ならなんでも買い取ってくれます。
  • 買取方法出張買取宅配買取
  • 対象エリア:日本全国
  • ポイント:全国25店舗展開・出張買取最短即日30分

買取屋さんグループは、自宅にある売れるものならなんでも買取してもらえるという便利な業者です。例えば引越し前の片付けやコレクションの整理、遺品整理や生前整理などに役立ってくれます。
出張買取は最短で即日30分対応も可能で、不用品をすぐに現金化してもらえます。山崎18年をはじめ、他にも売りたいお酒や不用品が多くある方におすすめのサービスです。
買取屋さんグループの公式サイトをチェックする
 

6位:大黒屋

大黒屋は買取専門店の中でも実店舗数が多いのが特徴です。店舗数は240を超えていて、駅近やショッピングモール付近など生活に便利な場所に多くあります。そのためお仕事帰りや用事のついでにもお酒を売りやすく、気軽に利用できます。
またお酒は箱のない状態のものなども快く査定してもらうことができます。店頭買取のほか宅配買取や出張買取にも対応してくれます。

<基本情報>

  • 会社名:株式会社 大黒屋
  • 古物商許可番号:第301049904375号
  • 買取方法:店頭買取・宅配買取・出張買取

大黒屋の公式サイトをチェックする
 

圧倒的な熟成感を持つサントリーウイスキー「山崎18年」

サントリー山崎18年はどんなウイスキー?

山崎18年は、サントリーが手がけるウイスキーブランド「山崎」の中でも、特に熟成期間が長い高級品です。山崎蒸留所にて製造されるシングルモルトウイスキーであり、酒年齢18年以上のスパニッシュオーク樽熟成原酒がメインに使われているのが特徴です。
18年以上という長期の熟成で生まれる圧倒的な熟成感と奥行き、そして濃厚さが山崎18年の魅力です。外見は赤みがかった琥珀色をしていて、見るからに熟成されているのがわかります。
そんな山崎18年は、レーズンやチョコレートのような香りを持っており、そして口に含むと蜂蜜のような甘さを感じるフルボディータイプの味わいです。フィニッシュも素晴らしく、熟した果実のようなニュアンスの中にちょうど良い甘酸っぱさが現れ、そして深く長く余韻が続いていきます。とにかくリッチな味わいなので、記念日やお祝いごとなど特別なシーンを飾るのにふさわしいです。山崎18年はお祝い用のウイスキーや贈り物としても選ばれることが多いです。
 

山崎18年の商品情報

  • お酒の種類:シングルモルトウイスキー
  • 製造元:サントリー(山崎蒸留所)
  • 原材料:モルト
  • アルコール度数:43%
  • 容量:700ml
  • 定価:35,200円(税込)

 

定番ラインナップの1本だがレアウイスキーである

定番ラインナップの1本だがレアウイスキーである
山崎18年は、期間限定品ではなくサントリー山崎シリーズにおける定番ラインナップのうちの1つです。そのため終売などにはなっておらず、今でも新品ボトルを購入することは可能です。しかし製造に18年の熟成が必要な商品で生産数が限られているため、購入可能といっても実際には簡単に入手することはできません。少ない生産本数に多くのファンが殺到するので、いわゆる“プレミアウイスキー”と化してしまっている状態です。
希少な山崎18年にはコレクターも多く、中には飲む目的ではなく投資目的で山崎18年を購入されるという方もいるほどです。転売などの対象になることも多く、その価値は年々上昇し続けています。

これほどまでに山崎18年が人気な理由には、国内だけでなく世界からの評価が高いことが関係しています。山崎18年は複数回にわたって「ISC金賞」、さらに2015年には「SWSCベストアザーウイスキー賞・最優秀金賞」といった名誉ある賞を何度も獲得しています。近年はジャパニーズウイスキー自体にも注目が集まっており、代表格である山崎18年にはとにかく買い手が殺到しているような状況です。

 

山崎18年の価格推移と買取価格について

山崎18年の価格推移と買取価格について

山崎18年のAmazon価格推移

現在の定価 35,200円(税込)
2012年時点のAmazon価格 約18,000円
2015年時点のAmazon価格 約39,000円
2018年時点のAmazon価格 約97,000円
2022年末時点のAmazon価格 約150,000円

山崎18年の定価は2023年時点で35,200円(税込)です。しかし先ほども述べたようにプレミア化しているため、実際には定価で買えるケースは非常に少ないです。特にAmazonや楽天市場などのネット価格は高騰していて、2022年末の時点では1本あたりおよそ15万円の値が付けられているような状況です。

なお表を見てわかるように、10年前は決してここまで高額で販売されていたようなボトルではありませんでした。しかしジャパニーズウイスキーの注目度が高まった2015年あたりを境に、そこから一気に価格高騰が進んでいるような状況です。

価格が一気に高まった理由には、原酒不足が関係しています。長熟タイプのウイスキーは生産に時間がかかるため、需要が一気に高まったからといってすぐに供給量を増やすことができません。いわゆる原酒不足の状態が続いており、それは今も解消されていないような状況です。このことから、今後も山崎18年の高騰化はしばらく続くのではないかと予想されています
 

買取価格は9万円越え!新旧ボトルで価格が変わることも

市場で高値で取引されている山崎18年は、お酒買取でも高額買取の対象となるウイスキーです。買取価格はお店やボトルの状態によって変動しますが、条件が合えば9万円超えの価格で売ることも可能です。定価が35,200円であることを考えると、定価の2〜3倍に近い価格で売れるボトルであることがわかります。
ちなみに山崎18年のようなウイスキーは常温での長期保管が可能なので、古いボトルであっても買取対象になります。むしろ古いボトルの方がレアだと認められ、旧ボトルとして高値がつくケースもあります。

山崎の旧ボトルは、新ボトルと味わいや口当たりも違うと言われています。味は個人の好み次第なのでどちらが優れているということはなかなか決められませんが、旧ボトルの方が希少価値が高いことから買取査定では高評価になりやすいです。ちなみに旧ボトルは、ラベルデザインやキャップデザインも異なっています。違いを見極めるのはなかなか難しいですが、「福ちゃん」や「ファイブニーズ」などお酒に特化した買取専門店なら、こうしたラベルやボトルの違いも考慮した上で買取価格を付けてもらうことができます。

 

山崎18年を高額買取してもらうためのポイント

1.箱付き・付属品ありの状態で査定に出す


お酒買取では、できるだけ箱などの付属品を揃えた状態で査定依頼するよう心がけましょう。これは山崎18年に限らず、全てのお酒の買取査定に共通して言えることです。箱や冊子の揃ったお酒は“完備品”と呼ばれ査定額UPにつながります。山崎18年の場合、箱の有無で査定額が5,000円以上変わる場合もあるので覚えておきましょう。
ただし箱のない山崎18年も、買取価格は若干下がりますが売ること自体は可能です。箱を無くした場合でも諦めてしまわずに、まずは査定依頼してみましょう。なお箱がないお酒を売る場合、そして傷や汚れなどがあり買取価格に不安がある場合は、劣化したお酒の買取に強い業者を探してみるのも一つの方法です。
 

2.お酒買取は未開封が基本

お酒買取で売れるのは基本的に未開封のお酒のみとなります。一度開封してしまったお酒は衛生面や防犯面から買取してもらえないことがほとんどなので気をつけましょう。山崎18年を既に開封しているという場合は、売るのではなくご自身で飲んで楽しまれることをおすすめします。
また未開封であっても、中身が著しく劣化していると買取対象にならない場合があるので気をつけておきましょう。ウイスキーは直射日光や高温に弱いので、日頃からできるだけ冷暗所で静かに保管しておくように努めてください。
 

3.お酒に詳しい査定員がいる買取業者を選ぼう

お酒に詳しい査定員がいる買取業者を選ぼう
山崎18年は高値で売れるお酒ですが、査定してもらう業者がウイスキーの価値をわかっていない場合は正しい値段をつけてもらえないことがあるので注意です。買取に出す場合は、ただのリサイクルショップではなくお酒買取に特化した専門店を選ぶようにしましょう。ウイスキー買取に強い専門店なら、先ほど紹介した旧ボトルの違いなどもきちんと踏まえた上で価格をつけてもらうことができます。
またメルカリやヤフオクなどでお酒を出品する方も近年は増えてきていますが、自信がない限りはお酒買取専門店に依頼する方が安全です。お酒買取専門店なら価格面や状態面でのトラブルを避けることができ、また買い手がつくか否かに左右されずにすぐ現金化ができます。
 

4.自分に合った買取方法を選択しよう

自分に合った買取方法を選択しよう
お酒買取専門店では、「店頭買取」のほか「出張買取」「宅配買取」といった複数の方法で買取査定を受け付けています。自分に合ったお酒買取の方法をチョイスして、スムーズな取引を目指しましょう。
例えば店頭買取の場合は、予約なしでお酒1本から気軽に売ることができます。忙しく自宅になかなかいないという方や、査定員が自宅に来ることに抵抗がある方でも利用しやすいのがメリットです。ただし人によっては、店頭買取だと途中でキャンセルしづらいと感じる場合があるかもしれません。不安な方は、いきなり来店するのではなく一度電話やLINEで価格を問い合わせしておくと安心です。

一方で出張買取の場合は、査定員が直接家にお酒を取りに来てくれます。お店が近くにないという方や、大量のお酒を売りたいが運べないという方におすすめです。なお出張買取は業者によって対応できるエリアが異なるので気をつけておきましょう。

宅配買取の場合は、段ボールにお酒を詰めてそのまま査定に出すことができます。査定員と直接会うことはできないため値段交渉がしづらいですが、自宅からいつでも気軽に利用できるのでお酒買取が初めてという方にもおすすめです。

 

山崎18年を定価購入する方法は?抽選販売をチェックしよう

山崎18年を定価購入する方法は?抽選販売をチェックしよう
市場価値が高く買取市場でも人気の山崎18年ですが、定価での購入も不可能ではありません。もちろん通常のスーパーやコンビニでは買えませんが、酒屋や百貨店の抽選販売を狙えば山崎18年を定価購入できることがあります
抽選販売に応募して当選すれば、山崎18年の購入権が手に入ります。抽選販売は「伊勢丹」や「高島屋」といった大手の百貨店や、「やまや」「ビックカメラ」といった酒屋などで定期的に開催されているのでぜひチェックしてみましょう。
なおショップによっては、カード会員限定など購入にルールを設けている場合もあるので注意です。オンライン販売なのか店頭販売なのか、そして応募時期はいつまでなのかといった点も細かくチェックしておいてください。

 

まとめ

山崎18年の買取について解説しましたが、いかがでしたか?
定番品でありながら品薄になるほどの人気を誇る山崎18年は、買取で高額査定が期待できるお酒です。高騰化は今でも進んでいるので、今が高値で売るチャンスと言えるでしょう。未開封ボトルをお持ちの方は、ぜひ買取専門店の利用を検討してみてください。
なお山崎18年は、箱付きであるか、旧ボトルであるかといったポイントで査定額が変わってきます。ぜひお酒に詳しい買取専門店を利用して、お得に売れるように相談してみましょう。

関連記事

  1. 大阪の高価お酒買取

    大阪梅田心斎橋。洋酒ウイスキー近くのおすすめお酒買取店10選

  2. マーテル買取おすすめ店

    マーテル買取おすすめ店7選。コルドンブルーなど買取価格相場

  3. お酒買取でリンクサスはおすすめできるか口コミ評判を検証

    お酒買取でリンクサスはおすすめできるか口コミ評判を検証した

  4. 山崎リミテッドエディション2021・2022買取価格の推移と相場

    山崎リミテッドエディション2021・2022買取価格の推移と相場

  5. ニッカウイスキー高価買取

    ニッカウイスキー買取おすすめ店7選。鶴ブラックニッカ等の買取値上価格相場

  6. 米焼酎の高価お酒買取

    米焼酎を高価で売るおすすめお酒買取店比較6選。高額売却査定の秘訣