泡盛を売るおすすめお酒買取店6選。高額売却査定の秘訣

泡盛の高価お酒買取

沖縄県の代表的なアルコール飲料として有名な「泡盛」ですが、名前は知っていても実はどんなお酒なのかよく知らないという声も耳にします。泡盛はいわゆる“蒸留酒”の一種で、大まかにいうと焼酎の一つに分類されます。
沖縄の食卓を中心に広まった泡盛は、今や全国で人気を集めるほどのアルコールとなっています。

比較的安価で手に入るアルコールですが、中には古酒としての価値があるものや希少でなかなか手に入らないレアなものも存在します。そのため銘柄や状態によっては、高額買取の対象となることがあります。
今回はそんな泡盛にフォーカスを当て、その特徴や代表銘柄などを解説していきます。泡盛を売るのにおすすめの買取専門店情報もまとめているので、ぜひチェックしてみてください。

13世紀から始まった泡盛の歴史

泡盛の発祥は、なんと13世紀の初めにまで遡ると言われています。もともとは外国からの蒸留技術をもとにしたものであり、西アジアで発達した技術が中国、タイを経由して琉球王国(現在の沖縄県)に伝わりました。
琉球王朝の時代には、泡盛は首里城周辺の鳥掘・赤田・崎山のいわゆる「首里三箇」でのみ造られていました。王府から泡盛造りの命を受けたものたちだけが製造でき、密造者は死罪になるほど厳重に管理されていたそうです。それほど泡盛は位の高いお酒で、幕府の献上品にも必ず選ばれていました。
沖縄地酒
その後、明治時代に琉球王国が沖縄県となってから、民間にも泡盛の製造が広がっていきました。その頃には急激に酒屋の数が増え、一般の家庭にも泡盛が普及していきました。後に太平洋戦争などの影響を受け一度は製造が減ってしまったものの、沖縄県民たちの泡盛への愛情がもとになり、泡盛は再度復興しています。
観光地としても人気のある沖縄県では、県民はもちろん本土から訪れた人の多くが泡盛を飲んでいます。お土産や贈り物としての需要も高く、銘柄によっては入手困難になるほど人気の高いものもあります。
 

泡盛の特徴と味わいについて

沖縄シーサー
泡盛は米と黒麹を使って造られる蒸留酒です。なお泡盛で使うお米は、国産ではなくタイ米であることが多いです。2回の仕込みを行う一般の焼酎に比べ、一度しか蒸留をしていないのも大きな特徴です。
そんな泡盛は、普通の焼酎に比べ芳醇な香りと濃厚さが際立っているのがポイントです。パンチが強く、アルコール度も30度前後と比較的高めです。沖縄では水割りにして飲まれることが多く、そのほか炭酸やジュースで割って飲む方法もあります。
 

代表的な泡盛は?

1.残波

created by Rinker
比嘉酒造
¥4,707 (2021/03/07 16:00:56時点 Amazon調べ-詳細)
残波は泡盛の中でも定番と言われるブランドで、沖縄本島内にある比嘉酒造が製造しています。モンドセレクションで金賞受賞経験があるなど、世間的な評価も高いシリーズです。
軽快な飲み口で飲みやすく「ザンシロ」の相性で親しまれている残波ホワイト25度と、コクがあり深く芳醇な味わいが特徴の「ザンクロ」=残波ブラック30度などがあります。
さらには古酒タイプや43度のものなど、コアなファン向きの商品も多数存在しています。
 

2.泡波

created by Rinker
波照間酒造所
¥13,699 (2021/03/07 16:00:56時点 Amazon調べ-詳細)
人口約500人という小さい島「波照間島」にて、島民の共同事業として造られた泡盛です。もともと島内での流通を目的として造られたという背景もあり、生産数が極めて少ない希少な銘柄です。そのため入手難易度が高く、プレミアがついています。
味わいはクセが少なく飲みやすいものとなっています。柔らかな香りと泡盛らしい甘味も感じられるので、ストレート・水割り・ロックとさまざまな方法で楽しめます。
 

3.春雨

created by Rinker
春雨
¥6,800 (2021/03/07 16:00:57時点 Amazon調べ-詳細)
那覇市にある小規模な酒造所「宮里酒造所」で造られる泡盛です。この酒造は銘柄を春雨にのみ絞っていて、量ではなく質にこだわって泡盛造りに取り組んでいます。2000年の沖縄サミットの晩餐会でふるまわれるなど、高級銘酒としても名高いです。
1~2年のあいだ熟成させることにより生まれた、ナッツを思わせるような香りと深い味わいがポイントです。臭みがなく上品なので、泡盛初心者の方でも飲みやすいです。
 

高価買取してもらえる銘柄はあるの?

買取参考価格
泡盛は比較的安価な酒類ですが、中には比較的高い値段で売れるものもあります。一般的に以下のような泡盛は、査定時に高い値段がつくことが多いです。

1.古酒と呼ばれるもの

泡盛は蒸留酒であるため、長期間熟成させると味が変化し深みが増します。長期熟成させたものは「古酒」と呼ばれ、高額になりやすいです。例えば上記で紹介した春雨シリーズの中でも、「春雨 詩(うた)」というシリーズは23年もの長期熟成古酒です。こういった銘柄は、高価買取の対象となります。
 

2.生産数が少なく市場に出回りにくいもの

上記で紹介した泡波」など、生産数の少ないものは希少価値がつきやすく高価買取の対象となります。島である沖縄には、本土やその周辺を含め小規模な酒造所が多く、大量生産をしていない銘柄ばかりです。
なお生産数の少ない銘柄は、そもそもの数が少ないため買取専門店での買取実績が少なく高額査定の欄には載っていない場合も多いです。売りたい銘柄や気になる銘柄があれば、買取専門店に直接相談してみると良いでしょう。
 

3.保存状態の良いもの

泡盛はお土産やギフトとしてのニーズも強いです。そのためお酒の瓶そのものはもちろん、ラベルや箱まで綺麗なものであれば高額で買い取ってもらえる可能性が高いです。
反対に陽の光の当たる場所にずっと置いておいたものなど、状態の悪いものは査定額も半減します。泡盛を保管しておく場合は、冷暗所で保存するなど保存状態に注意しましょう。
 

おすすめお酒買取店

1位:福ちゃん



お酒の買取初心者の方でも安心して泡盛を売りたいなら、福ちゃんの利用がおすすめです。福ちゃんは店頭のほか出張や宅配で買取を行なっていて、訪問料や送料は無料で査定をしてもらえます。
お酒は1点からでも査定可能なので、ぜひ気軽に問い合わせてみてください。もちろん大量の買取にも対応しています。

出張買取価格20%アップ春のお片づけ応援キャンペーン実施中 対象期間【3月31日のお問合せまで
福ちゃんの公式サイトをチェックする
 

2位:買取リカーズ



泡盛のようなアルコールを売る場合は、日本のお酒ジャンルに強い買取専門店選びをするのがおすすめです。買取リカーズなら、ワインやブランデーのような海外の有名酒以外にも、焼酎や日本酒、泡盛といったジャンルにも詳しいです。
出張査定または宅配査定で対応してくれるため、忙しい方でもスムーズにお酒を売ることができます。宅配査定の場合、無料の梱包キットがあるので段ボールを探す手間も省けます。

買取リカーズの公式サイトをチェックする
 

3位:バイセル



出張買取で対応してくれる業者を探している方には、バイセルの利用がおすすめです。バイセルは店頭持ち込みや宅配でも査定をしてくれますが、特に出張買取の人気が高いです。
さまざまなメディアに取り上げられたこともあり、ゼネラルリサーチ調べによる「安心して利用できる出張買取サービスNo1」「顧客満足度が高い出張買取No1」「価格満足度が高い出張買取No1」に選ばれたこともあります。

3月31日まで春のわくわくキャンペーン買取金額2倍!最大10万円。抽選で50名様。全商材対象。
バイセルの公式サイトをチェックする
 

4位:ファイブニーズ



泡盛の中でも特に珍しい銘柄を売りたい方は、ファイブニーズに相談してみましょう。ファイブニーズはお酒にのみ特化したタイプの専門店で、プロの査定士がどんなお酒でも査定してくれます。
流通量の少ないような銘柄でも必ず査定してくれるので安心です。もし持っている銘柄の価値がわからない場合は、相談や査定のみの利用もOKです。
ファイブニーズの公式サイトをチェックする
 

5位:ジョイラボ



ジョイラボの魅力は、気軽に簡易査定が利用できることです。わざわざ店頭買取や出張の査定を申し込む前に、LINEやオンライン上から持っているお酒の価値を知ることができます。
サイト上の買取価格に掲載されてないお酒でも、価値がつくことがあります。

ジョイラボの公式サイトをチェックする
 

6位:買取プレミアム



買取プレミアムは行き届いたサービスと丁寧な対応が好評の専門店です。ラベルが剥がれてしまった泡盛や、箱を無くしてしまった泡盛など、状態が好ましくないお酒でも買い取ってもらえる可能性が高いです。
女性査定員も在籍しているので、一人暮らしの女性の方なども安心して査定依頼が可能です。
買取プレミアムの公式サイトをチェックする
 

麦焼酎や芋焼酎など、他の焼酎は売れるの?

泡盛以外の蒸留酒で代表的なのが「焼酎」です。焼酎には麦焼酎や芋焼酎など、さまざまなジャンルがあります。

銘柄の数も非常に豊富ですが、その中でも「プレミア焼酎」と呼ばれるような希少価値の高いものは、買取専門店の高額査定対象となりやすいです。デイリー用の焼酎も、高額査定とまではいきませんが状態が良ければ買い取ってもらえることも多いです。
 

まとめ

沖縄の泡盛の中には、熟成されて深みが増えた古酒タイプや、小規模酒造所で少量のみ生産されるものなど、レアなものがたくさんあります。これらの泡盛は、買取専門店に売りに出せば高額査定の対象となることがあります。
買取専門店の多くはワインやブランデーの買取を大々的に打ち出していますが、泡盛も相談すればきちんと値段をつけてくれることが多いです。価値がわからない場合は、まず査定だけ依頼してみることもできます。

関連記事

  1. シャンパンの高価お酒買取

    シャンパンを売るおすすめお酒買取店6選。高額売却査定の秘訣

  2. 響の高価買取

    サントリー響を売るおすすめお酒買取店6選。高額売却査定の秘訣

  3. 徳島の高価お酒買取

    徳島県でお酒を売るおすすめ買取店6選。高額売却査定の秘訣

  4. 宮城の高価お酒買取

    宮城県でお酒を売るおすすめ買取店6選。高額売却査定の秘訣

  5. 三重の高価お酒買取

    三重県でお酒を売るおすすめ買取店6選。高額売却査定の秘訣

  6. ブランデーの高価お酒買取

    ブランデーを売るおすすめお酒買取店6選。高額売却査定の秘訣

  1. 陶器タンブラーでビールを飲む

    石川県の酒器10選。輪島塗や九谷焼などお酒にあうグラス・骨董品の…

  2. お酒買取でジョイラボはおすすめできるか

    お酒買取でジョイラボはおすすめできるか口コミ評判を検証してみた

  3. お酒買取リカーズおすすめできるのか?

    お酒買取リカーズはおすすめできるか検証してみた

  4. お酒買取でバイセルはおすすめできるか?

    お酒買取でバイセルはおすすめできるか口コミ検証してみた

  5. 越前蟹のかに味噌

    福井県の酒器8選。越前焼などお酒にあうグラス・骨董品の紹介

  1. 日本酒の高価お酒買取

    日本酒を売るおすすめお酒買取店6選。高額売却査定の秘訣

  2. 日本酒風呂でお風呂を贅沢に!酒風呂の効能と作り方・温度・使うお…

  3. 焼酎

    ダイエット中でもお酒を飲みたい!焼酎と他のお酒のカロリーを比較…

  4. ジャパニーズウイスキー

    なぜ品薄・高騰・高額買取?歴史から導くおすすめのジャパニーズウ…

  5. 2021年値上がりしそうな国産ウイスキー

    2021年値上がりしそうな国産ウイスキー9選を予想してみた