お酒に関わる仕事がしたい!職業や酒造り別に仕事や求人の事を考えてみた

お酒に関わる仕事


お酒が好きな方の中には、お酒に関わる仕事がしたいと考える方も多いのではないでしょうか。
実はお酒に関わる仕事と一言で言っても、豊富な種類の職業があります。そのため「どれを選んだらいいのかわからない」「どんな風に職につけるのか知りたい」と考える方もいらっしゃることでしょう。

お酒ライターAnchan
お酒ライターAnchan
そこで今回は、お酒に関わる仕事について紹介していきたいと思います。ぜひ職探しの際や資格取得の際に参考にしてみてください。
※この記事を書いたお酒ライターAnchanのプロフィール

お酒に関わる仕事は何があるの?

お酒が造られてから人の元に届くまでには、色々な工程があります。お酒を造る人や売る人はもちろん、その間にも色々な手段で携わる方がいます。お酒に関する仕事を選ぶ場合は、お酒にどんな形で関わりたいのかを考えてみると良いでしょう。具体的には以下のような仕事があります。
 

お酒を造る

酒造り
お酒を造りたいなら、「酒造やメーカーに就職」するのが一番です。なお造りたいお酒の種類によって、働く場所や会社も変わってくるでしょう。
なおお酒を造るためには、職人としての技術と知識が必要になります。お酒に関する知識を学び資格を取り、さらに酒造で実際にお酒造りを体感して学んでいくことになります。
 

お酒を提供する

飲食店の店員
お酒を人の手に届けて喜ぶ顔が見たいという方は、「酒販店」やお酒を提供する「飲食店」で勤務するといいでしょう。お酒についての知識が詳しければ詳しいほど役に立つので、ソムリエなどお酒に関して味や知識を理解している資格があると活躍の場が広がるでしょう。
またお客さんとお店の間に入り、お酒を卸す「酒問屋」という仕事もあります。直接お客さんと触れ合う機会は少ないものの、取引するお酒の量も多く、お酒業界に深く入り込みながらお酒と関われます。場合によっては蔵元と相談しながら商品企画に携われることもあるでしょう。
 

広報・ライター・イベント企画等でお酒の魅力を伝える

お酒の魅力を伝える
お酒の魅力を多くの人に伝えるなら、「広報」や「ライター」となってメディアや記事で宣伝するという方法があります。

お酒ライターAnchan
お酒ライターAnchan
私もそうですが、フリーライターとなりお酒の魅力を伝える仕事をしている方は多くいます。さらに大手のお酒関連のところで働けば、お酒のランキング付けに関われたりすることもあります。
またイベントを企画してお酒の魅力を伝えたり、イベントのスタッフとしてお酒に関わるという方法もあります。
 

海外進出してお酒を広める

グローバルビジネス
今は日本酒やジャパニーズウイスキーなど、日本のお酒が海外でとても流行しています。魅力を多くの人に伝えるというだけでなく、大きなビジネスという意味でも注目の仕事です。
例えば海外輸出をしている会社に勤めたり、また実際に海外に行きお酒の仕事に関わるという方法もあります。

なおお酒に関わる仕事の内容は、お酒の種類によっても変わってきます。ここからはお酒の種類ごとの代表職種を紹介していきます。
 

日本酒に関わる仕事は?酒造で働くほか、販売店や輸出も!

日本酒
日本酒は「蔵」や「酒造」と呼ばれるところで造られます。大規模なメーカーから小さな酒造、伝統の続く老舗や新規精鋭の蔵など幅広い種類があります。伝統的な日本の酒類である日本酒づくりは、どちらかというと職人気質のような一面があります。
また蔵内で働く人だけでなく、お店などで提供したりと日本酒を広めていく仕事につく人もいます。日本酒は海外で注目を集めているので、海外を視野に入れたグローバルなビジネスとしても携わることができます。
 

杜氏

杜氏
杜氏とは酒造りの最高責任者のことです。酒造に一人だけ配置されていて、蔵内を管理したり原料をどのように扱うのか、絞りや貯蔵、熟成をどのような工程で行うのかを指示し、美味しいお酒を生み出す仕事です。
伝統的なお酒造りの知識や技術はもちろん、現代に入り進化していく高度な醸造機械について学ぶなど、最先端の知識や技能などが求められます。
 

蔵人

蔵人
蔵人は杜氏の元で働く人のことです。実際に酒造りの現場に関わり冬季の間または通年通して日本酒を作ります。なお特別な資格は必要なく蔵人になることができますが、働き始めてから修行しつつ技術を学ぶ必要があります。
なお蔵人の中でも工程ごとに名前があり、蒸米をする人を「釜屋」、麹造りをする人を「代師(麹師)」、醪の管理をする人を「酛師」と呼びます。
 

きき酒師

日本酒
きき酒師は、日本酒のソムリエのことを指します。日本酒について正しい知識を有し、酒の香りや味わいなど僅かな違いを鑑定できる人のことを指します。
なお利き酒師には民間資格があります。資格を取得すれば、信頼感が上がりお酒を提供するお店や調理、管理部門、メディアなど幅広いジャンルで働くことができます。
 

日本酒海外輸出担当

日本酒海外輸出担当
酒造会社やメーカーなどで、海外とやりとりし日本酒の輸出に携わる仕事です。海外への営業はもちろん、実際に海外出張をして現地の人にお酒を売り込んだり、海外にて行われる展示会に参加したりなどグローバルな活躍ができる仕事です。
お酒の知識だけでなく、営業スキルや英語力などが必要になる仕事です。
 

酒屋

酒販店
酒屋とは、ズバリ酒類を販売する人のことです。日本酒だけでなく、幅広いお酒を扱うことになります。そのためできるだけ多くのお酒について知識を有している方が良いとされています。

日本酒関係におすすめの求人転職サイト:就職shop


就職shopでは、専任のキャリアコーディネーターが正社員への就職活動をサポートしてくれます。
未経験者からでもできる求人の中から、自分の能力に合った仕事をマッチングできるため、「日本酒業界に携わりたいけれどどんな仕事が自分に合っているかわからない・・・」という方も安心して利用できます。求人は仕事内容だけでなく、労働環境や職場の雰囲気まで知ることができます。
就職Shopの公式サイトをチェックする

 

焼酎に関わる仕事は?製造は九州が中心!

焼酎
焼酎は鹿児島の薩摩焼酎熊本の球磨焼酎など、九州圏を中心に造られているお酒になります。そのため本格焼酎の造り手となるのであれば、九州で働くことになるケースが多いようです。
焼酎を提供する職種に就けば、全国の様々な場所で働くことができます。
 

焼酎製造作業員

焼酎製造作業員
焼酎の造り手は、焼酎製造作業員と呼ばれます。焼酎造りの工程には麹づくりや仕込み、そして原料の処理や蒸留など様々な工程があります。
なお焼酎造りでは、原料の管理なども大切な仕事になります。例えば芋焼酎造りであれば、実際に焼酎を仕込むだけではなく、畑に行って芋の管理をするなどの作業があることもあります。
 

焼酎アドバイザー

焼酎アドバイザーは民間資格の一つで、所持していれば飲食店や小売店など焼酎を扱う場所で広く活躍ができます。卸売など、お酒を取り扱う企業などにも就職しやすくなるでしょう。
 

酒屋

酒屋では焼酎も扱っているため、酒屋に就職すれば焼酎に携わることができます。

コンサルティングに特化した求人転職サイト:アクシスコンサルティング


アクシスコンサルティングは、コンサルティングに特化した転職エージェントです。求人のうち約77%は非公開求人となっており、業界に精通した情報を知りながらの転職ができます。
業界や企業別の採用動向を知ることができ、企業のニーズに合わせた書類作成や面談対策ができます。転職に初挑戦という方も、安心して利用できるのではないでしょうか。
アクシスコンサルティングの公式サイトをチェックする

 

ウイスキーは今注目のお酒!蒸留所で勤務し携わることができる

ウイスキー
ウイスキーは高級酒として今大きな注目を集めています。特に日本のジャパニーズウイスキーは今海外で大きな人気であり、世界5大ウイスキーの中の1つとされており高騰が続いておりウイスキー造りに携わる人は非常に重宝されます。

小さな蔵が数多くある日本酒の酒造とは違い、国内にあるウイスキーの蒸留所は40箇所程度と数が限られています。特に有名なのはサントリーやニッカウイスキーなどの大手企業が所有する蒸留所です。
またほかのお酒のように蒸留所だけでなく、ウイスキーを提供するお店で働いたり、広報として広めていく仕事もあります。ウイスキーの資格を持つ方はワインのソムリエなどと比べて少ないため、資格取得者は活躍の場が広いです。
 

ブレンダー

ウイスキー工場
ブレンダーはウイスキーの原酒を組み合わせて、ウイスキーの味を整えるという非常に重要な役割です。1日に数百もの原酒サンプルをテイスティングすることもあり、ウイスキーを正確に判断できる舌が重要です。一朝一夕で身につく技術ではないため、何年もウイスキーに携わり経験を積んでいくことが求められます。
 

ウイスキー製造

ウイスキー製造
ウイスキー製造は、実際にウイスキーの原酒を造る仕事です。現場での作業のほか、原材料を仕入れたり、製造計画を練ったりなども仕事に含まれます。蒸留所ごとに規模が異なるため、働きたい場合は蒸留所の勤務形態やシステムを知り、どのような仕事に携わるのか細かく理解しておくことが重要です。
 

ウイスキーコニサー

ウイスキー
コニサーとは「鑑定家」の意味です。ウイスキーコニサーは日本酒の利き酒師やワインのソムリエのように、ウイスキーについてあらゆる知識や鑑定能力を身につけた人を指します。酒類の販売やバー・レストランでの勤務など、幅広いシーンで活躍できます。

ウイスキー関係にもおすすめの求人転職サイト:リクナビNEXT


リクナビNEXTはリクルートが運営する転職サイトです。非常に大手の転職サイトであるため、名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
リクナビNEXTは非常に多くの種類の求人を扱っており、職種や条件から自分に合った仕事を探すことができます。例えば住んでいる土地や働きたい業種、そして自分のスキルから仕事を探せるので、長く続けられる仕事が見つかりやすいです。
リクナビNEXTの公式サイトをチェックする

 

ワインはぶどうに関わる醸造家から、提供するソムリエまで人気の職業

ワイン
高級なレストランで提供されたり、贈り物として非常に評価の高いワインは、長年安定して愛されている需要のあるアルコールです。造り手は原料であるぶどうの管理なども行う必要があります。
また提供される場所が格式の高いレストラン等が多いため、「ソムリエ」資格があると信頼感を得やすいのが特徴です。どのような職業があるのか解説していきます。
 

醸造家

ワイナリー
ワイン醸造家は、ワインを造る人のことです。ワインの醸造家は、まず原料をなるぶどうを栽培するところから始まります。秋になりぶどうを収穫した後、ワインの種類に分けて仕込み、発酵させていきます。
醸造家になるためには、発酵がどのようにして行われ、どのような味になるかという化学や生物の知識が求められます。そのため大学の醸造学科や化学科から醸造家になる方は多いです。なおワインの有名なフランスでは、ワイン醸造に関する国家資格が設けられています。
 

ソムリエ

ソムリエ
ソムリエはワインの味やあらゆる知識を把握している人物で、ホテルやレストランなどにおいてワインを提供する給仕人のことです。ワインは同じ銘柄でも年度によってぶどうの出来栄えが違うため、大きく味が異なります。そのため毎年変化する味わいについて、豊富な知識やセンスをもって判断する必要があります。
ソムリエには資格があります。資格を身につけてから高級店で働く人もいれば、働きながら勉強し後から資格を取得する、という方も存在します。

ワイン関係にもおすすめの求人転職サイト:doda


dodaは職種や勤務地条件などから求人を探せる転職サイトです。ワインに携わる仕事がしたい方は、ぜひ利用してみましょう。
dodaの特徴として、新着求人の量が非常に多いことが挙げられます。求人リストは常に更新されていくので、今まさに人材を必要としている場所、会社を知ることができます。ワインに携わりながら即戦力として働きたい方にとって、自分の活躍できる場所を探せるのが大きなメリットと言えます。
dodaの公式サイトをチェックする

 

ビールに関する仕事は?造り手からテイスティングに関わる仕事も

イルミネーションとビール
ビールは私たちの食卓に非常に近い飲み物です。一言でビールと聞くとサントリーやキリンのような大手企業を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、実は大手以外にも「クラフトビール」を造る小規模な醸造所もあります。醸造所や製法によって様々な味があるので、造り手・売り手ともにその場に応じた臨機応変な知識が求められます。
 

ビール貯蔵工

ビール貯蔵工
ビール貯蔵工とは、ビール醸造所(ブルワリー)にてビールを造る仕事に携わる方のことです。大手のビール工場では味の品質を保つために作業が完全マニュアルのようになっていることが多いですが、それに比べ小さな醸造所だと手作業によるところも非常に多く、センスや経験が求められます。基本的には醸造所に就職し、働きながら技術を学んでいくことになります。

ビール貯蔵工におすすめの求人転職サイト:ハタラクティブ


ハタラクティブは主に20代の方の就職・転職をサポートしてくれます。今までの経歴に自信がない方でも、自分に合う環境での仕事を見つけることができます。例えば未経験から始められるビール貯蔵工の求人も探すことが可能です。
ただ求人を探せるというだけでなく、カウンセリングや選考対策の方法なども教えてくれるため、初めての転職の方でも安心して利用できます。
ハタラクティブの公式サイトをチェックする
 

ビアテイスター

ビールの泡
ビアテイスターとは、テイスティングによってビールの出来栄えを鑑定する人のことです。ワインのソムリエのような感覚で、ビールをモルト・アロマ、ホップ・アルマ、苦味、甘味、ボディなどから多角的に判断します。
日本国内の有名ビールはもちろん、近年はクラフトビールや輸入ビールなど幅広い商品が増えているので、それらを正確にお客様に伝えていく仕事になります。

 

アルコールの種類ではなく、「勤務内容」や「仕事内容」で選ぶ方法も

お酒ライターAnchan
お酒ライターAnchan
ここまでアルコール別の職種を紹介しましたが、お酒というのは別々に分けて考えられるものでもありません。例えばレストランでワインとウイスキーが同時に提供されることがあるように、様々なお酒を幅広く扱う職業もあります。
ビールもワインも日本酒も好き、というようにお酒全般が好きな方は、働く場所や仕事内容からお酒に携わる仕事を探してみてもいいでしょう。
お酒に携わりながら働ける場所や仕事には「飲食店勤務」のほか、企業に就職して事務系の仕事をしたり、「お酒を管理する技術系の仕事」をしたりと色々な選択肢があります。
 

飲食店は直接お客様の喜ぶ顔が見たい方にぴったり

飲食店は身近な居酒屋から高級なレストラン・バーまで様々です。特に高級店では、詳しいお酒の知識を持つ方が重宝されます。一言で飲食店といっても、お酒を作る方や提供する方など携わり方は多数あります。
 

バーテンダー

バーテンダー
バーテンダーはバーやホテルのラウンジなどでカクテルなどのアルコール飲料を作り提供します。アルコールを提供するソムリエ等との大きな違いは、シェイカーなどを使いドリンクを作る点にあります。幅広いドリンクのレシピや、多数のお酒に関する知識が求められます。
バーテンダーには必須の資格はなくアルバイトからでもスタートできますが、民間資格やバーテンダー用のスクールなどもあり非常に奥が深い仕事です。
 

レストラン給仕人

レストラン給仕人
高級レストランやホテルで給仕人として働く場合は、アルコールの知識も求められます。中にはソムリエなどの資格を有しながら、給仕人として働く方もいます。

ソムリエにおすすめの求人転職サイト:フーズラボ


フーズラボは飲食店に特化した転職サイトです。一般公開している企業の求人から非公開求人まで幅広く掲載されているので、飲食業界で働きたい方にとって活躍できるお店を見つけやすいです。
サイトへの登録は完全無料です。登録すれば求人の紹介から入社日の調整まで転職のプロセス全てを、プロのキャリアアドバイザーがサポートしてくれるため安心です。
フーズラボの公式サイトをチェックする
 

経営者、店長

経営者
経営者や店長はお酒を提供する飲食店を運営する立場の方です。どんなアルコールを仕入れるのか、何をメニューにするのかなどを決めながらお店を運営していきます。
アルコールを提供することそのものに特別な資格や免許は必要ないので、基本的には誰でも挑戦できるお仕事です。
しかし瓶やボトルでアルコールを販売する場合は「酒類販売業免許」が必要であったり、深夜営業でアルコールを提出する場合は「深夜酒類提供飲食店営業」の届出をする必要があります。お店の形態によって必要な資格や申請が異なる点に注意しましょう。
 

企業に就職して不特定多数の方にお酒の魅力を伝える

人にお酒の魅力を伝える手段は、造り手と飲食店だけではありません。アルコールを販売する会社に就職し、事務系の仕事をしながら多くの人に魅力を伝えるという方法があります。
特に酒類を扱う大手のメーカーなどは、営業や広報、開発などたくさんの職種や役職が用意されています。
 

営業、広報

営業広報
主に酒類のメーカーにおいて、お酒を売り込む営業をしたり、メディアなどを使い広報としてお酒を宣伝するという仕事があります。バーテンダーなどとは異なり直接お客様の顔が見える仕事ではありませんが、全国や世界の不特定多数の人にお酒の魅力を伝えることができます。
イベントなどを企画してお酒を広めていくといった活動があります。
 

マーケティング、商品開発

マーケティング、商品開発
小さな蔵元では杜氏や蔵人が直接お酒を造りますが、大手メーカーでは商品を企画したり、開発したりするための仕事があります。市場のニーズに合わせ新たなお酒を生み出すほか、販売店と協力して開発したり、コラボ商品を生み出したりすることもあります。
 

生産技術

日本酒の加熱のタイミングと名称
生産技術のスタッフは、製造工程を管理したり衛生管理をすることでお酒造りに携わる人のことです。特にメーカーで生産技術を担当する人は、お酒の知識はもちろん機械類の知識や化学の知識などを求められます。したがって理系の学科を卒業したのち、メーカーの生産技術に携わるという方が多いです。

営業・広報・マーケティング・商品開発にもおすすめの求人転職サイト:UZUZ


UZUZは個性に合わせた就業サポートを行ってくれるのが特徴です。豊富な求人の中から、個々の能力にマッチングする企業への就職を探せるため、例えばメーカーに就職し営業や広報として働く場合など、自分の実力をしっかりと活かせる環境での仕事に就くことができます。
特に若者のキャリア支援を得意としているため、未経験からお酒業界で活躍したいという方や、今ある能力を活かしキャリアアップを図りたいという方におすすめです。
UZUZの公式サイトをチェックする
 

お酒関係にも強いおすすめの転職エージェントサイト6選

1位 2位 3位 4位 5位 6位

リクナビNEXT

doda

ビズリーチ

アクシスコンサルティング

メイテックネクスト

5.0
★★★★★
4.7
★★★★☆
4.5
★★★★☆
4.3
★★★★☆
3.9
★★★☆☆
3.7
★★★☆☆
全ジャンル網羅。転職した約8割の人が利用 お酒業界全般に強い 飲食業界に強い 経験を活かしてハイクラスの仕事を探すなら コンサル・アドバイザーの仕事に強い ものづくりエンジニアの仕事に強い
公式を確認 公式を確認 公式を確認 公式を確認 公式を確認 公式を確認

 

お酒の仕事がしたい!あると役立つ資格や学校は?

お酒に役立つ資格や学校
お酒に携わる仕事は様々な種類があります。どの仕事にも共通して言えるのは、お酒が好きであることお酒の知識に詳しいことが求められます。もし定められた免許などがいらない職種であっても、お酒に詳しいことには越したことありません。
ソムリエ日本酒検定などお酒に関する資格を持っていれば、お酒に関する仕事を就くのに有利になるでしょう。また学校に通い知識を身につけたり、資格取得を目指したりするという方法もあります。
お酒の資格には以下のようなものがあります。

 

まとめ

お酒の世界に携わりながら働く方法や手段はたくさんあります。お酒に関わりたいと思った方は、まずはどんな職業があるのかを知り、自分の適正に合わせたものを選ぶと良いでしょう。

関連記事

  1. 愛知お酒に関わる求人転職

    職種から考えた愛知県名古屋のお酒や飲食に関わるおすすめ転職求人サイト6選

  2. 兵庫のお酒に関わる求人や職業

    職種から考えた兵庫県神戸・姫路等のお酒や飲食に関わるおすすめ転職求人サイト6選

  3. 焼酎に関わる職業

    焼酎に関わる仕事がしたい!鹿児島の蔵・酒造や職業で求人を探す方法

  4. 東京のお酒に関わる求人

    職種から考えた東京のお酒や飲食に関わるおすすめ転職求人サイト6選

  5. 広島お酒に関わる転職求人

    職種から考えた広島県のお酒や飲食に関わるおすすめ転職求人サイト6選

  6. 大阪のお酒に関わる求人

    職種から考えた大阪のお酒や飲食に関わるおすすめ転職求人サイト6選

  • バイセルお酒買取漫画
  • お酒買取ランキング
  • 全国の厳選地酒特集
  • なぜ高い?プレミア焼酎
  • 全国おつまみ特集
  • 全国の地ビール特集
  1. ワンカップの魅力とおすすめ10選

    パカッと開けて晩酌宅飲みチョイ飲みに!ワンカップの魅力とおすす…

    2021.08.02

  2. 広島お酒に関わる転職求人

    職種から考えた広島県のお酒や飲食に関わるおすすめ転職求人サイト6…

    2021.07.30

  3. 愛知お酒に関わる求人転職

    職種から考えた愛知県名古屋のお酒や飲食に関わるおすすめ転職求人…

    2021.07.28

  4. 長野のお酒に関わる転職求人

    職種から考えた長野県のお酒や飲食に関わるおすすめ転職求人サイト6…

    2021.07.26

  5. 青森お酒に関わる転職求人

    職種から考察!青森のお酒(飲食りんご)に関わるおすすめ転職求人サ…

    2021.07.25

  1. 着物福ちゃんバイセル比較

    福ちゃんバイセル着物買取の店舗相場・口コミ評判や押し買いを比較…

    2021.07.02

  2. 2021年値上がりしそうな国産ウイスキー

    2021年値上がりしそうな国産ウイスキー9選を予想してみた

    2021.02.24

  3. ウイスキー

    なぜ品薄・高騰・高額買取?歴史から導くおすすめのジャパニーズウ…

    2021.01.07

  4. 着物ボトルカバー

    お酒ボトルをオシャレに飾れるおすすめ着物ボトルカバー5選と作り方

    2021.07.08

  5. 着物買取福ちゃんおすすめできるか

    着物買取で福ちゃんはおすすめできるか口コミ評判・押し買いを検証…

    2021.06.29