岩手県の酒器9選。南部鉄器などお酒にあうグラス・骨董品の紹介

南部鉄器

岩手は歴史ある南部杜氏と呼ばれる日本酒の専門家集団がいることでも知られています。そのためレベルの高い日本酒造りが行われている地域です。このように東北の酒どころという顔を持つとともに様々な伝統工芸や新しい試みが行われ、その流れは酒器にも表れています。

おつまみライターランニングフリージー
ランニングフリージー
今回は岩手の酒器というテーマで、酒どころの岩手と伝統工芸技術や芸術のコラボレーションである数々の酒器をご紹介します。

※この記事を書いたライターランニングフリージーのプロフィール

秀衡塗のワイングラス


グラスに漆絵を施した酒器
岩手は漆の産地であるとともに奥州平泉で栄えた歴史を持ちます。この平泉を治めていた藤原秀衡が京都から漆職人を招聘して始まったのが秀衡塗です。
数多くある岩手の漆器の中でも異なるのが、金をふんだんに使った華やかさ。当時の奥州平泉は金の産出で大いに栄えていたため、その金を用いているのが特徴です。その技法は現代にも受け継がれ、華やかな漆器は健在です。
このグラスは、秀衡塗の伝統技法である色漆を使った漆絵を施しています。

重厚な質感を持つ漆で描かれたワイングラスは伝統美を感じさせ、ワインをより奥深い味わいに感じさせてくれることでしょう。

created by Rinker
¥11,000 (2021/06/13 14:07:30時点 楽天市場調べ-詳細)
 

酔仙酒造のグラス


東日本大震災から復活を遂げた蔵元のグラス
岩手県の海岸部、陸前高田市で長年酒造りを行ってきた酔仙酒造。この蔵元は、2011年の東日本大震災で津波にのまれ壊滅的な被害を受けた経験を持ちます。当初は、その被害の甚大さから存続を危ぶまれましたが、多くの方々の支援によって復活しました。
このグラスはそんな酔仙酒造が復活できたことの感謝の気持ちを込めて作った酒器です。東京のガラス工房である松徳硝子の協力によって蔵元オリジナルの冷酒器を生み出しました。

created by Rinker
¥6,600 (2021/06/13 14:07:30時点 楽天市場調べ-詳細)
酔仙酒造のお酒との相性も良く、味と香りを存分に引き出してくれます。震災からよみがえった蔵元に思いを馳せながら日本酒を頂きましょう。
created by Rinker
¥1,813 (2021/06/13 23:38:47時点 楽天市場調べ-詳細)
 

葆光庵(ほうこうあん)の角杯


ユニークな形の漆器で作られた片口
国産漆の約7割を生産する岩手県。ここでは様々な酒器が生み出され、この酒器もその一つです。
この酒器は伝統的な浄法寺漆の技法を用いながら一味違った酒器として生み出されたものです。なぜなら伝統技法から新たな漆の展開を提案するプロジェクト「葆光庵」から生み出された新たな酒器だからです。このプロジェクトからは様々な試みがなされ、今回紹介する酒器はGOOD DESIGN AWARD 2020を受賞しています。
独特な形状をした片口に2種の大小の酒盃が入れ子状にスッキリと収まる新しい設計は実績のある職人、松沢氏の手によるものです。2016年のLEXUS NEW TAKUMI PROJECTの岩手県の匠として選出された松沢氏は新しい試みにも挑戦し、結果を出しました。岩手の新しい風を感じながらお酒を楽しんでみてはいかがでしょうか。

created by Rinker
葆光庵
¥38,500 (2021/06/13 14:07:31時点 Amazon調べ-詳細)
 

南部鉄器の徳利


平安時代から知られる鋳物の技術が光る
南部鉄器は岩手県の中部にある盛岡市、花巻市、雫石町で作られる鋳物です。
その歴史は長く、平安後期に藤原清衡が近江から鋳物職人を招聘して岩手で作られ始めたことがきっかけとされています。その後、盛岡藩を治めていた南部氏が保護し、南部鉄器の名の由来になっていきました。江戸時代には甲州や京都から職人を招聘して技術の向上が図られ、発展し現在も伝統工芸としてその技術が受け繋がれています。
この酒器は、南部鉄器の技術を生かした徳利です。南部鉄器というと鉄瓶や鍋、風鈴などが有名ですがこのような加工技術を生かして徳利にしているのが特徴です。鉄の強靭な強さから毎日使っても傷むことはありません。自分だけでなく、二代、三代とつかえてしまう酒器です。

created by Rinker
¥1,129 (2021/06/13 14:07:31時点 楽天市場調べ-詳細)
 

陶房金沢の平盃

益子焼の流れを岩手に伝える匠の酒器
陶房金沢を主宰する金沢氏、岩手に生まれ栃木の益子焼の窯元で修業を積んだのち、岩手南部の紫波町(しわちょう)で開窯しました。
同地で20年以上益子焼の技法を用いながら独自の技術で岩手の焼き物の一翼を支えてきた実績を持ちます。土の荒々しさと手触りが魅力の炭化焼き締めや豊かな表情が特徴の粉引と呼ばれる白い器を手掛けている岩手の匠でもあります。「すべての人に美味しいを」をスローガンに使いやすい器を作る「てまるプロジェクト」にも参加し機能に優れた作陶も特徴です。
この酒器も使いやすさを意識した平盃で、ふちがきれいに丸められ飲みやすく、こぼしにくいデザインに仕上がっています。唇と一体化するフィット感や使いやすい大きさにお酒も進むのではないでしょうか。

created by Rinker
¥5,500 (2021/06/13 14:08:10時点 楽天市場調べ-詳細)
 

流工房の盃


南部鉄器と南部蒔絵のコラボレーション
岩手の南部にある雫石町で制作を行っているのが流工房です。
南部鉄器の技術に南部蒔絵の技術を組み合わせた作品を数多く手掛けている工房として知られています。

この酒器は南部鉄器の盃に、工房で南部塗を施した盃です。豪快な風神の絵をあしらい、力強さを感じさせる酒器に仕上がっています。秀衡塗や浄法寺塗の技法を用いた南部塗で仕上がった盃で日本酒を楽しんでみてください。

created by Rinker
¥200,000 (2021/06/13 14:08:10時点 楽天市場調べ-詳細)
 

鍛冶丁焼のぐい呑み


花巻に伝わる伝統的な焼き物
鍛冶丁焼は、岩手県の中西部にある花巻市で焼かれている陶器です。
江戸時代に花巻の鍛冶町で開窯されたのが始まりで、明治、大正と焼かれ続けてきました。しかし昭和になって技術を受け継いでいた陶工が戦死したために断絶。戦後に益子焼の修業をした陶工が保存復興を志し、復活させた歴史を持ちます。地元花巻の粘土に豊沢川の砂を加えてろくろを使って作られているのが特徴で素朴な風合いが特徴です。
このぐい呑みもそんな鍛冶丁焼の特徴を持ったぐい呑みで日用品としても利用しやすい落ち着いた雰囲気を持っています。毎日の晩酌で使えば、どこか癒されるでしょう。

created by Rinker
鍛冶丁焼窯元
¥4,100 (2021/06/13 14:07:31時点 Amazon調べ-詳細)
 

福おちょこ


蹄鉄がユニークな木製のおちょこ
福おちょこは、岩手の名木である北限山桜の高樹齢木材を使用しておちょこに加工しているのが特徴です。加えておちょこの底には南部鉄器の技法で作られた馬の足元につける蹄鉄を模した金具がつけられています。
おちょこも幸福が貯まりやすいような形に仕上げてあり、蹄鉄も幸福が貯まると伝承されたアイテムです。万事、うま(馬)く行く、交通安全・開運・金運に良く幸福を招くなど縁起の良い言葉が合わさっていることから来ています。
使い方もユニークで、マグネットで取り付けできる蹄鉄を外しておちょこの飲み口につけます。そして、馬蹄鉄の開いたところからお酒を注ぎましょう。入った幸運を逃がさないようにそっとまわして頂くことで幸せが口の中に入ってくる仕組みです。岩手の技術が詰まった酒器で幸せを願っていただきましょう。

created by Rinker
¥30,000 (2021/06/14 00:06:14時点 楽天市場調べ-詳細)
 

浄法寺塗りの酒器

日本の漆器を支える伝統工芸品
浄法寺塗は、岩手の内陸部にある二戸市で作られている漆器です。
その歴史は奈良時代にまでさかのぼります。728年に聖武天皇の銘を受けた行基が現在の二戸市浄法寺町に天台寺を創建したことに始まったといわれています。当時、寺で使用する漆器類を寺内で作り始めたのがきっかけで、周囲に多くの漆の木があったことから盛んになりました。
その後も漆塗りの技術が途切れることなく伝わっていきます。明治期には福井県からの出稼ぎによって福井の優れた漆の抽出方法や漆器の技術が合わさり、さらに進化を遂げます。昭和期になると漆の自給率が下がり、深刻な状況になりましたが、漆の木の栽培を行い国産漆の生産を支えました。
また、浄法寺産の漆はウルシオールの含有量が多いため、浄法寺塗は硬く丈夫で現在も優れた漆器として知られています。
この酒器は、長い歴史と高い品質を現在につなげています。杯はもちろんのこと、ぐい呑みやカップなど様々な酒器を製造しているのが特徴です。悠久の歴史と漆の情熱を感じながらいっぱいいかがでしょうか。

created by Rinker
ノーブランド品
¥11,000 (2021/06/13 14:07:32時点 Amazon調べ-詳細)
 

価値の高い骨董品をお持ちの方は買取サイトで鑑定へ

岩手は漆器を中心に骨董品的価値の高い製品が多数あります。岩手から遠く離れた自宅にそのような価値の高い品物が眠っていることも少なくありません。
もし、こういった骨董品を見つけたら【バイセル】などの買取サイトへ確認してみてはいかがでしょうか。
買取サイトを利用すれば気軽に査定から宅配便を利用した本格的な宅配査定、そして買取まで一連の手続きを簡単に行えます。




お酒も骨董品的な価値を持つものが多いことが知られています。特に現在、日本のウイスキーが高騰して話題になっています。

しかし、そのお酒も手元にあるけどどうしたらいいかわからないという方も意外と多くいらっしゃいます。そんな時に利用したいのがお酒の買取サイトです。こちらも気軽にお酒を買い取ってくれるサービスですから、興味があれば是非ご利用ください。
 

まとめ

岩手は漆器を中心として様々な伝統工芸品が酒器に生かされています。その一方で他県の技術を導入したり、新しい伝統工芸品の形を目指している動きもあります。
今回はそのような流れを感じさせる酒器を中心に集めました。新しい岩手の酒器の形や伝統的な技術を体験できる酒器を使いながら、お酒を楽しんでみるのもおすすめです。きっと新しいお酒の楽しみ方ができるのではないでしょうか。

関連記事

  1. 琉球ガラス

    沖縄県の酒器9選。カラカラなどお酒にあうグラス・骨董品の紹介

  2. 新潟燕三条の鎚起銅器

    新潟県の酒器10選。燕三条などお酒にあうグラス・骨董品の紹介

  3. 酒器

    大阪の酒器8選。大阪錫器などお酒にあうグラス・骨董品の紹介

  4. 信楽焼

    滋賀の酒器9選。信楽焼などお酒にあうグラス・骨董品の紹介

  5. 有田焼

    佐賀県の酒器8選。有田焼などお酒にあうグラス・骨董品の紹介

  6. 酒器

    宮崎県の酒器7選。山王焼などお酒にあうグラス・骨董品の紹介

  1. お酒に関わる仕事

    お酒に関わる仕事がしたい!職業やお酒別に仕事や求人の事を考えて…

    2021.06.13

  2. オーパスワン高価買取

    オーパスワン買取おすすめ店7選。2015・2016年オーヴァチャー買取価…

    2021.06.04

  3. ノンアルコール日本酒・焼酎3選

    月桂冠スペシャルフリー等コンビニもあるノンアルコール日本酒・焼…

    2021.06.02

  4. お酒とスイーツのペアリング

    お酒とスイーツのペアリング6選。意外と合う日本酒×お菓子等組合せ

    2021.05.31

  5. ジョイラボお酒買取漫画

    漫画お酒買取でジョイラボはヤフオク等よりおすすめか口コミ評判を…

    2021.05.29

  1. 2021年値上がりしそうな国産ウイスキー

    2021年値上がりしそうな国産ウイスキー9選を予想してみた

    2021.02.24

  2. 父の日に麦焼酎をプレゼント

    2021年父の日にプレゼント!絶対に喜ばれる麦焼酎5選とおつまみセッ…

    2021.05.29

  3. ウイスキー

    なぜ品薄・高騰・高額買取?歴史から導くおすすめのジャパニーズウ…

    2021.01.07

  4. 父の日に芋焼酎をプレゼント

    2021年父の日にプレゼント!絶対に喜ばれる芋焼酎5選とおつまみセッ…

    2021.05.27

  5. 父の日に絶対に喜ばせたい

    2021年父の日にプレゼント!お酒ギフト日本酒・焼酎・ビール・おつ…

    2020.06.15