休肝日の目安は?ノンアルコールは効果的?休肝日のメリットと週間にする方法

休肝日

お酒を楽しみ続けるためには、体に良いお酒の飲み方を行います。ポイントは休肝日を一週間に二回ほどの割合でとることです。
そもそも休肝日とは、お酒を摂取した体、特に肝臓を休ませるために必要なことです。体に入ったアルコールが分解される時間は三時間以上を必要とします。もし肝臓を休ませないで立て続けに飲むならアルコールが分解されないまま体に蓄積されてスッキリしない体になります。そうなると、体に肝臓に負担がかかり、お酒を自由に摂取できなくなります。それはアルコール好きにはとても辛いことです。
楽しみを奪われないためにもまずは週末など仕事がない日には控えるなどのスケジュールを決めて飲むようにします。そうすると体に負担なく長くお酒を楽しむことができます。肝臓を休ませるための休みを入れるなら次のお酒の日を楽しみに待つことができます。

休肝日の目安

厚生労働省の飲酒のガイドラインによると週に2日は休肝日をとるようにすすめれらています。休肝日の目安は人によって異なります。女性、男性二十代三十代、中年と言った年齢などによって違います。何より一日にどれくらいの量を自分は飲んでいるかを考慮して設定をします。
一日にビール缶一つを飲むなら若い人なら一日の休肝日をとるだけでも十分ですが体に入ったアルコールの分解の状況を考えると二日は必要であるということを考えて計画します。最初は重圧に感じる物なので、なるべく負担にならないよう、自分が許せる範囲で設定しておくことは大切です。無理だと思うなら一週間に一日だけでも設定しておきます。
参考:飲酒のガイドライン | e-ヘルスネット(厚生労働省)

休肝日のメリット

お酒の休肝日をなかなか決められない時はお酒の休肝日を入れるなら自分にどんなメリットがあるかを考えます。

ビール腹にならない

ビール腹
健康的な体を作れます。特に中年以降、男性女性ともお腹のポッコリが気になり始める時です。お腹ポッコリの原因の一つがアルコールとも言われます。もし休肝日をとるなら別名ビール腹と呼ばれるお酒の体をできにくくするというメリットがあります。

飲み代を節約できる

節約
毎日の晩酌には外で飲むにしても家で飲むにしてもそれなりに費用がかかります。飲み代を少しだけ軽くして貯金にまわして別の楽しみを見つけられるというのもメリットです。

休肝日を週間にする方法

はじめに休肝日を決めて行動していたのに次の週には守れないこともしばしばです。守れなくなってくると、諦めて続かない人もいます。やり始めの頃は誰もが経験することなので諦めないで続けることが大切です。

方法1.家族や友人に決意したという宣言する

決意
習慣化させるためには自分一人で続けることは難しいことを覚えておきます。始める前に、家族や友人に今は節制のため休肝日をとるように決意したという宣言をしておきます。

方法2.休肝日を記録する

カレンダー
次に自分が休肝日とした日付けを伝えておくかカレンダーに印をつけておきます。もし達成できたら自分自分なりにご褒美の日を決めておきます。とりあえずいつまで続けるかを決めておきます。はじめのうちは長く続くことはないので、一か月、二か月まず設定をし、それを越せれば半年、その次は一年と計画をします。そうするなら無理なく計画を実施することができます。もし達成できたらカレンダーに印やシールを貼ったり家族からのコメントをもらったりして励みを得るようにするならやりがいが出てきます。もしも厳しくしたいならお酒代を持たないようにすることやお酒を買ってしまったり付き合いに行ってしまったら罰金を決めておこずかいから差し引く方法もあります。どちらにしても楽しく長く続けられる方法を見つけることは大切です。

方法3.休肝日を通知する設定やその日の行動を見直す

アラーム通知
また休肝日を忘れることを避ける別の方法は、携帯やスマホでお知らせアラームをセットしておくことも効果的です。これならいつでも今日が休肝日だったと思い出すことができます。また休肝日を設定している日にはお酒を見てしまうようなスーパーやコンビニに行くことを避けたり、お酒の付き合いを断って置いたりすることも効果があります。とくに大人の世界ではお酒の付き合いはとても大切なので、事前に自分が休肝日を作っていることを知らせておくならその日に誘われても休肝日だからと断りを入れることもできます。

休肝日を楽しく過ごす方法

休肝日が近づいてくるとなんだか憂鬱になることがあります。そんな時は、自分なりに休肝日をどう過ごすかを決めておきます。
例えば、今までためておいた映画やドラマを見ることや、家族と散歩に出かけること、妻の家事手伝いをするなど具体的に決めておきます。万が一何か飲みたくなった時は炭酸ジュースなど代用できるものをそばに置いて活動することは効果的です。また、ドライブに行ったり、自分で料理を作ってみるという計画を立ててみることもできます。

方法1.趣味や運動をする

ストレッチ
ジグゾーパズルをしたり、ゲームをやったり、ストレッチや体操に通ってみるなど、この機会にやりたかったことにチャレンジするなら休肝日も無理なく憂鬱になって過ごすことは無くなります。

方法2.休肝日の食事を豪華にする

豪華な料理
お酒の楽しみが減ってつまらないと感じる時は、休肝日の初日だけでも食事を豪華にすると計画することもできます。豪華な食事でなくてもデザートにフルーツやケーキなど別の楽しみをとっておくのも効果があります。体を綺麗にするためになるべくなら野菜料理がいいですが、それだけでは物足りないという人はお酒のつまみを少し工夫して料理にするという方法もあります。自分なりに工夫して休肝日に備えます。

休肝日にノンアルコールは効果的か

基本的にアルコールは入っていないというのでノンアルコールを楽しむ人もいますが、実際休肝日とるを目標にしているのでアルコールを思わせる類の飲み物は避ける方が効果的です。ただし、やり始めた頃はどうしても続けられないのが難しいところです。最初は練習のために飲みたくなったらノンアルコールという設定をして始めることもできます。しかし完全に休肝日を設定して離れたいなら別の飲み物を用意しておくことがより効果があります。人にはそれぞれの価値観があるので、自分のできる範囲内で行うことが望ましいです。

まとめ

医師に助言されなくても自分で設定して努力できる人もいれば、医師に言われて始めて休肝日をとる人もいます。始める理由はどうであっても、やらないよりは健康にいいので、自分のストレスにならない程度に計画を立て楽しみながら行うのが一番いい方法です。お酒大好きな人が休肝日をとるには家族の協力が必要です。独身者が行うのは難しいですが、休肝日と並行してやれる楽しみを見つけられたら、楽しく続けることができます。
一人でやるのはしんどいという人はお酒好きの友人達と一緒に休肝日を設定して一緒に実行する計画を立てることもできます。お酒の席にお呼ばれたれたら自分のペースでお酒を楽しむことで、休肝日を増やさないですみます。
若い人は特に周りに合わせて気持ち悪くなるまで飲んでしまう傾向にあるので、それを抑えるためにも自分のペースをつかみ、休肝日を設定して体に良いお酒との付き合いを早めに覚えておくことはとても大切です。高齢者はお酒しか楽しみがないのでと飲みすぎて健康を損なってしまうケースもあります。唯一の楽しみを奪われないためにも、お酒を摂取する量を決めて休肝日を設定しておくことは大切です。お酒はなるべく長く楽しみたい物なので、無理のない範囲で設定して摂取するようにすることはとても大切なことです。

関連記事

  1. 日本酒

    日本酒の水割りって邪道?美味しい飲み方と水割りにおすすめの日本酒5選

  2. お酒のしめのラーメン

    ラーメンだけじゃない!海外別。コンビニ・宅飲みでもおすすめのお酒のしめ8選

  3. 父の日 メッセージ

    父の日にお酒を送る際に注意したい5項目!喜ばれるお酒を選ぶポイントが分かる

  4. 日本酒名入れ

    【父の日に今から準備】日本酒・焼酎の名入れ酒をプレゼント。人気の理由は?こんなシーンでおすすめ

  5. もう忘年会で二日酔いしない

    【もう忘年会で二日酔いしない】プーアル茶は美容・ダイエット以外にも二日酔予防できる理由

  6. おすすめのふるさと納税の日本酒飲み比べセット

    ふるさと納税と確定申告の仕組みを知り日本酒・地酒・飲み比べセット20選を飲もう

  1. カツオ

    高知県のお酒・お土産にも最適なおつまみ12選(海鮮・肉・珍味)

  2. 新潟

    新潟の地酒19選。厳選の一滴の新潟の地酒ランキング

  3. 焼きまんじゅう

    群馬県のお酒・お土産にも最適なおつまみ10選(海鮮・肉・珍味)

  4. 鯛

    徳島県のお酒・お土産にも最適なおつまみ11選。海でも山でも、なん…

  5. 日本酒

    日本酒の「原酒」とは?生酒とどう違うの?おすすめの飲み方と日本…

  1. 日本酒名入れ

    【父の日に今から準備】日本酒・焼酎の名入れ酒をプレゼント。人気…

  2. 美味しい飲み方とは?

    死ぬまでに1度は飲みたいレア高級プレミア日本酒。高額になる秘密…

  3. 日本酒の辛口甘口について

    日本酒の辛口甘口についての基準が分からない。辛口甘口のおすすめ…

  4. 飲み比べ

    日本酒飲み比べセット・利き酒セットのメリットとその理由8選

  5. 日本酒の種類

    初心者でも分かる本醸造、吟醸、純米、大吟醸の違い。今さら聞けな…