七賢

七賢(山梨の日本酒)風凛美山・スパークリング星ノ輝の特徴や美味しい飲み方を分析

山梨銘醸はパイオニア。ここ白州の地で清酒醸造を始めたのは寛延3年(1750年)のこと。250年以上も前のことです。

日本酒、気になる事調べものライターdencross
dencross
初代がこの地に酒蔵を開き、白州の水を生かした酒造りを行い、経験と技術を積み上げてきました。「七賢」は、花崗岩にに磨かれた水を最大限生かした酒造りを目指しました。

※この記事を書いた日本酒ライターdencrossのプロフィール

環境

山梨県北杜市の三分一湧水
「七賢」を醸造しているのは山梨県北杜市にある山梨銘醸株式会社。北杜市は山梨の北西部にあった北巨摩郡の町村が平成の大合併にをして生まれた自治体。山梨銘醸は、旧白州町のエリアにあります。白州町の町内には名水百選にも選定されている尾白川が流れています。尾白川は、南アルプス甲斐駒ケ岳に源を発し、急峻な流れが迫力のある渓谷を形成しながら流れ下ります。花崗岩の地質によって水は磨かれ、味わい豊かな清冽な名水を作り出します。この名水を求め、洋酒の製造メーカーや製菓会社などが生産工場やワイナリー、酒蔵を置いています。

仕込み水

山梨銘醸で使う仕込み水は、南アルプス甲斐駒ケ岳の伏流水です。甲斐駒ケ岳は標高2967mの険しい山で、マグマがゆっくりと冷えて固まった花崗岩からできています。
甲斐駒ケ岳に降った雨や雪解け水はこの花崗岩にしみ込みろ過されて、やがて清らかな水になります。酒蔵の近くを流れる尾白川は日本名水百選に選ばれたことがあるほど、水の良さはお墨付きの土地なのです。このような名水の里・白州に蔵を構える山梨銘醸の日本酒は、水の良さを感じられる美味しいお酒です。

酒米

日本酒にとって重要なものがもう一つあります。お米です。「七賢」は、地元の水で育った米を仕込みました。使用する酒米は、山梨県内の生産農家とともに、高品質な酒米の栽培に取り組んでいます。「夢山水」、「ひとごこち」といった高品質の酒米を収穫し、日本酒醸造に用いています。

緻密なデータとふるい技術を活かした酒造り

どんなに素晴らしい原材料が揃っていても、美味しい日本酒は醸造することはできません。日本酒の醸造には職人の持つ伝統の技術が必要となります。しかし職人の高齢化など、技術の継承への不安が全国いたるところ語られる昨今、山梨銘醸は抜本的に酒造りの工程を見直しました。
緻密なデータを積み上げ、製造から発送まで大改革です。ですが、繊細な部分は職人の感性が必要です。温故知新。新しい中に、ふるい技術を活かした酒造りのうえに「七賢」ができあがるのです。

名水に育まれた名酒「七賢」2選

名水に育まれた名酒「七賢」2選

七賢 風凛美山

では「七賢」とはどんな味わいなのでしょう赤。もっともスタンダートされる「七賢 風凛美山」は、2019年「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)SAKE部門 純米の部」で金賞を受賞したお酒。もっとも、受賞したのは今回が初めてではなく、数々の受賞歴を誇るお酒です。
こちらは吟醸酒ではないのに、グラスに注ぐとフルーティな香りスッと立ち上がってきます。口当たりは爽やかな香りにふくらみのあるしっかりとした米のうま味が広がっていきます。喉越しはサラッと軽くキレがある感じで、辛口の風情のあと味がすっきりとした飲み口になっています。酒蔵のお勧めは、さすが山梨ワイン処。ワイングラスに注いで、軽く冷やして、あるいは常温で愉しむとのこと。

「七賢」には、発泡酒が多くラインナップされているのが特徴ともいわれています。日本酒の製法で酵母や発酵に工夫を凝らし、試行錯誤を重ね、ついに完成をみた日本酒です。まさに、日本酒のスパークリング。是非とも味わっていただきたい商品です。といいましても、これまたいくつも商品があります。

七賢 スパークリング 星ノ輝

¥5,500 (2021/11/28 08:39:59時点 楽天市場調べ-詳細)
今回はラインナップから、七賢 スパークリング 星ノ輝」をチョイスしました。こちらのお酒は、スパークリングのフラッグシップに位置づけられる一本。このお酒にはあえてグラスを選んでみたいと思わせるような質感があります。シャンパングラスに注ぐと、ふわっと立ち上がる芳醇にしてクリアで繊細な香り。キラキラと輝く細かい星のような気泡が、発泡酒であることをそっと主張しています。口に含むとサラッとした米の甘味が広がり、隠れたうま味と酸味が見事に調和しています。甘さにはべたつくようなクドさは全くなく、喉越し爽やかに、あと味スッキリ、ワインでいうところのドライに仕上がっています。食前酒にはもちろん、晩酌にも愉しめるお酒です。
発砲酒は他にもラインナップされています。それぞれにテイストがことなります。自分の好みを探すのも愉しい商品です。

「七賢」のラインナップ商品はまだまだあります。興味を持たれた方、すぐにHPへお越しください。きれいにまとめられたHPは見易く、「七賢」の魅力が十分に詰まっています。そして気になる商品があればすかさずゲットしましょう。
ところでHPをご覧になった方は気づかれた思います。山梨銘醸は単なる酒造メーカーに留まっていません。いまば麹などを使った発酵食品だけでなく、化粧品まで製造しています。麹を中心にした複合産業といえるでしょう。こちらも気になる方は是非お試しを。

酒造の歴史

白州の水の良さに惹かれて初代蔵元の中屋伊兵衛がこの土地に蔵を構えたのは、1750年(寛延3年)のことでした。もともと中屋伊兵衛の本家にあたる北原家は、信州の高遠で代々酒造業を営んでいました。この白州で蔵を構えることになったのは、江戸に行く途中で立ち寄った白州で偶然にも水の美味しさを知ったからだと言います。
この土地の水の美味しさに惚れ込んだ初代蔵元は、本家の北原家から分家して白州で酒造業を始めることにしたのでした。それから270年、その想いを受け継いで、今も飲んでいただくお客様のことを考えたていねいな酒造りを続けています。
現在の山梨酒造ではお兄さんの北原対馬さんが社長をつとめ、弟の北原亮庫さんは醸造責任者として二人三脚でお互いが協力し合い、切磋琢磨して酒造りを行なっています。
酒蔵では昔から杜氏制で酒造りを行うことが当たり前でしたが、山梨銘醸にはこの杜氏制がありません。

杜氏制は廃止

2014年(平成26年)、弟の亮庫さんが醸造責任者に就任した際に杜氏制は廃止になりました。亮庫さんは1984年生まれ、東京農業大学の醸造学科出身です。ただ子供の頃は一つ上のお兄さんが蔵を継ぐものと思っていたため、自分自身は蔵に入るつもりはなかったそうです。ですがあるときお父様から突然に一緒に蔵を継いで欲しいと言われ、迷った末に決断されました。
それまでの山梨銘醸では新潟の越後杜氏を期間雇用して酒造りを行っていました。しかし杜氏集団の高齢化により、徐々に社員として採用した杜氏が酒造りを行う形になっていきます。昔から酒造りをするのは蔵人であり、蔵元は直接酒造りに関わらないというのが一般的でしたが、このような時代の流れの中で山梨銘醸では蔵元である亮庫さんが酒造りに関わることになったのです。
自分の蔵に入る前には他の蔵でも働かせてもらい、いろいろ勉強を重ねて25歳の時に山梨銘醸に戻ります。そして30歳で醸造責任者となり、杜氏制度は廃止してお兄さんと一緒に蔵を支えることになりました。ただ五感に頼るというのではなく、データをしっかりとってそのデータに基づいた酒造りを大切にしています。

白州の水を体現する酒造り

水のイメージ
新たな体制になり、これからどのような酒造りを続けていくかを考えた際に思い出したことは、初代蔵元も惚れ込んだ「白州の水」だったそうです。そしてこの原点に立ち返って「白州の水を体現する酒造り」を意識していくことにします。そのために酒質の見直しはもちろん、ラベルデザインや商品のラインナップも見直し、醸造設備も新しくしました。

こうして新たな「七賢」ブランドが生まれました。そしてさらに今も日本酒の可能性に挑戦し続けています。

日本酒の可能性に挑戦

2015年(平成27年)にはスパークリング日本酒が発売され、その後も毎年、新しいスパークリング日本酒を発表しています。これには日本酒を乾杯のためのお酒として飲んでもらいたいという想いがあるそうです。
このような山梨銘醸ですが、酒銘の「七賢」は1835年(天保6年)の母屋新築の際に五代蔵元が高遠城主よりいただいた「竹林の七賢人」の欄間一対に由来します。また母屋の奥座敷には1880年(明治13年)に明治天皇の御巡幸に際して泊まられた行在所(あんざいしょ)も残っています。
山梨銘醸では酒蔵見学も行っていて、その際にはこの「行在所」と「竹林の七賢人の欄間」も見ることができます。せっかくですから酒蔵見学の際には一緒に見学すると良いでしょう。

関連記事

  1. 屋守

    屋守(東京の日本酒)純米中取り・荒責・おりがらみ・雄町の特徴や美味しい飲み方を分析

  2. 臥龍梅

    臥龍梅(静岡清水の日本酒)開壜十里香 愛山・純米酒・本醸造の特徴や美味しい飲み方を分析

  3. 三井の寿

    三井の寿(福岡の日本酒)+14 大辛口純米吟醸 山田錦の特徴や美味しい飲み方を分析

  4. 〆張鶴

    〆張鶴(新潟の日本酒)「純米吟醸・月・雪・花」等の歴史・特徴・美味しい飲み方を分析

  5. 久保田

    久保田(新潟の日本酒)萬寿・千寿・生原酒・雪峰・碧寿の特徴や美味しい飲み方を分析

  6. 神亀

    神亀(埼玉の日本酒)にごり酒・上槽中汲・真穂人の特徴や美味しい飲み方を分析

  7. 山川光男

    山川光男って誰?山形県で一番話題の日本酒。名前の秘密や美味しい飲み方を分析

  8. 天青

    天青(神奈川の日本酒)千峰・吟望・風露・湘南ビールの特徴や美味しい飲み方を分析

  9. いづみ橋

    いづみ橋(神奈川の日本酒)青ラベル・恵・彩・とんぼの特徴や美味しい飲み方を分析

  • お酒買取ランキング
  • 全国の厳選地酒特集
  • なぜ高い?プレミア焼酎
  • 全国おつまみ特集
  • 全国の地ビール特集
  1. お酒買取の福ちゃんバイセルの口コミ評判比較

    お酒買取の福ちゃんバイセルの口コミ評判とは?価格相場や押し買い…

    2021.11.20

  2. シャトーペトリュス買取おすすめ店5選

    シャトーペトリュス買取おすすめ店5選。当たり年や高額売却査定の秘…

    2021.11.18

  3. クルボアジェ買取おすすめ店5選

    クルボアジェ買取おすすめ店5選。ナポレオンcourvoisier等買取価格…

    2021.11.17

  4. 美味しい通販おせちとおせちに合うおすすめ日本酒

    2022年本当に美味しい通販おせちとおせちに合うおすすめ日本酒計10選

    2021.11.17

  5. ヘネシー買取おすすめ店

    ヘネシー買取おすすめ店5選。xo旧ボトルvsop買取価格相場

    2021.11.09

  1. 着物買取福ちゃんおすすめできるか

    着物買取で福ちゃんはおすすめできるか口コミ評判・押し買いを検証…

    2021.06.29

  2. 着物福ちゃんバイセル比較

    福ちゃんバイセル着物買取の店舗相場・口コミ評判や押し買いを比較…

    2021.07.02

  3. 2021年値上がりしそうな国産ウイスキー

    2021年値上がりしそうな国産ウイスキー9選を予想してみた

    2021.02.24

  4. ウイスキー

    なぜ品薄・高騰・高額買取?歴史から導くおすすめのジャパニーズウ…

    2021.01.07

  5. 飲むシリカ口コミ評判を検証

    ステマ?飲むシリカは美容や腎臓に良いか口コミ効果評判を検証した

    2021.08.03