軽井沢ウイスキー買取おすすめ店8選。12年17年買取価格相場

【PR】
軽井沢

「軽井沢」という名前の国産ウイスキーをご存知でしょうか。このウイスキーは名前のとおり長野県軽井沢にあった蒸留所にて造られていたウイスキーで、日本のシングルモルトの先駆けとも言われている銘柄です。なお、すでに蒸留所は閉鎖しているため、現在では新しく造られていません。
なんとこの「軽井沢」がジャパニーズウイスキーの高騰化に合わせて、非常に価値が上がっています。もともと高級品としての扱いでしたが、今では希少価値の高さも相まって何倍もの価格がついています。

お酒ライターAnchan
お酒ライターAnchan
幻とも言えるウイスキー「軽井沢」は、買取専門店に売れば何十万もの値段が付く可能性があります。もし飲まない軽井沢が自宅にあるという方は、ぜひ査定に出してみましょう。
今回は軽井沢というウイスキーの歴史や特徴に触れながら、おすすめ買取店舗と買取のコツをご紹介していきます。
※この記事を書いたお酒ライターAnchanのプロフィール

おすすめお酒買取店8選

1位:福ちゃん

軽井沢のような有名なお酒を売る場合は、きちんとお酒の価値がわかる買取専門店に査定依頼をしましょう。大手の専門店であれば、お酒に詳しい専門の鑑定士が在籍しています。
福ちゃんは買取実績600万点以上のある大手の買取専門店です。はじめての方でも気軽に利用できる専門店なので、ぜひチェックしてみてください。

【福ちゃん史上最大】出張買取価格30%UPキャンペーン中
福ちゃんの公式サイトをチェックする
 

2位:リンクサス

軽井沢高価買取リンクサス

  • 買取対象:ウイスキー・シャンパン・ブランデー・ワイン・日本酒・焼酎・空き瓶/空ボトル・茅台酒など
  • 買取方法:宅配買取・出張買取・店頭買取
  • 査定方法:LINE査定・電話査定・オンライン査定・店頭査定
  • 対象エリア:日本全国
  • ポイント:徹底したコスト削減と世界各国の独自の強力な販売ルートがあるので高価買取を実現

軽井沢のような珍しいウイスキーを売りたい場合は、どんなお酒でもきちんと対応してくれる買取専門店に依頼すると良いでしょう。リンクサスはお酒の種類を問わずに買取査定を行ってくれる業者なので、軽井沢を売りたいという方にとって非常におすすめです。
店頭での買取だけでなく、宅配や出張でのサービスも利用できるのが嬉しいです。特に宅配買取なら全国どこからでも利用できます。

リンクサスの公式サイトをチェックする
 

3位:ファイブニーズ

ファイブニーズはお酒のみに特化したタイプの専門店です。お酒以外の品目には対応していませんが、その分お酒の知識には詳しく「軽井沢」のような希少価値の高いお酒をきちんと判別してくれます。
LINE査定や写メ査定を使えば、簡単に相場を調べることができます。

ファイブニーズ買取実績

ファイブニーズの公式サイトをチェックする
 

4位:バイセル

バイセルはTVCMやメディア掲載で良くみかける専門店です。店頭買取のほか、出張買取宅配買取に対応しています。査定料はもちろん、出張料や宅配送料もいっさいかからないので安心です。

バイセル買取実績

軽井沢17年やカミュで50,200円

バイセルの公式サイトをチェックする
お酒ライターAnchan
お酒ライターAnchan
福ちゃんとバイセルで悩まれている方は買取価格・口コミ評判・実績などを徹底的に比較しましたので参考にしてみて下さい
 

5位:ジョイラボ

東証1部上場企業グループが運営するジョイラボは、さまざまな種類のお酒の買取をしています。ウイスキーも高価買取の対象で、実際にたくさんのウイスキーを買い取った実績があります。
高級酒通販サイトなどウェブ上にたくさんの販売経路を持っているので、高価買取を実現しています。

ジョイラボ買取実績

ジョイラボの公式サイトをチェックする
 

6位:買取プレミアム

お酒買取プレミアム

  • 買取対象ウイスキーブランデー、バカラ空瓶、銘柄が不明なお酒など
  • 買取方法:持込買取、出張買取
  • 対象エリア:日本全国
  • ポイント:お客様相談室を設けていて、査定前から査定後まできちんとフォローしてくれる

買取プレミアムは買取金額の高さはもちろん、対応の良さにも定評があります。また状態の悪いお酒や、銘柄のわからないお酒でもきちんと査定してくれます。他店で断られたボトルでも査定してくれるのが嬉しいポイントです。

買取プレミアムの公式サイトをチェックする
 

7位:買取リカーズ

買取リカーズには厳しい研修をクリアした専門の鑑定士が在籍しています。そのため、高級なお酒や希少価値の高いお酒をきちんと見極めてくれます。宅配・出張で買取を行ってくれるため、自宅から気軽に依頼できます。

買取リカーズの公式サイトをチェックする
 

8位:RIZAPグループ 買取王REXT

RIZAPグループ 買取王REXT

  • 買取対象ウイスキーブランデーワイン・リキュール
  • お酒以外の買取対象:ブランドバッグ・和服・ジュエリー・金・プラチナ・腕時計・切手・古銭・楽器・オーディオ・カメラなど
  • 買取方法出張買取
  • 対象エリア:日本全国
  • ポイント:買取にかかる手数料が一切かからず完全無料で利用ができる

買取王REXTはRIZAPグループが運営する買取サービスです。高価買取にコミットする、をモットーに、さまざまな品目の高価買取を手数料無料で実現しています。対応品目の中にはウイスキーも含まれているので、軽井沢の未開封のボトルを売りたい方にもぴったりの業者です。
日本全国から出張買取を利用でるので自宅にいながら重いウイスキーを大量に売ることも可能です。査定費用や出張費用がかからないので、気になった方はまずはぜひ公式ホームページをチェックしてみてください。
高買取にコミットするRIZAPグループが運営する出張買取
買取王REXTの公式サイトをチェックする
 

ウイスキー「軽井沢」の歴史

ウイスキー「軽井沢」の歴史は1952年、当時の大黒葡萄酒(後に社名を「オーシャン」に変更)が軽井沢に新たな蒸留所を設立したことにはじまります。初めて発売されたのは1976年のことで、日本ではじめての100%モルトウイスキーとして販売されました。
当時の価格で15,000円であったため、ウイスキーとしては高級品の位置付けでした。しかし決して手頃な価格帯ではないにもかかわらず、その味の良さからすぐに噂が広まり1ヶ月で1000本を売り切ったという歴史があります。さらにそこからは世界でも認められるようになり、2001年にはIWSC(インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション)にて軽井沢12年が金賞を獲得、そのほかのラインナップも銀賞をたくさん受賞しています。
ウイスキー
このように「軽井沢」自体はとても上質なウイスキーとして人気を集めていましたが、製造元であったオーシャンはさほど規模の大きい会社ではなかったため、買収されていく事となります。1962年にはメルシャン株式会社がオーシャンを買収し、さらに2007年には麒麟グループがメルシャンを買収しています。そしてキリングループの傘下となった軽井沢蒸留所は、2012年にグループ内の事業再編の影響を受け封鎖となってしまいます。
蒸留所が閉鎖されるタイミングで、貯蔵していた原酒は全て売りに出されました。今世界中にある「軽井沢」は、この閉鎖のタイミングまでに売られたボトルとなっています。もう2度と同じウイスキーが造られることはないため、今では希少価値が跳ね上がっています。その価格は天文学的とも言われていて、買取専門店に出せば非常に高価格で売れることが予想されます。
 

オークションで1,400万円で売れたって本当!?

非常に希少価値の高い「軽井沢」は、オークションでも驚きの価格がついています。
2015年8月に香港で行われたオークションには、「軽井沢1960年」が出品されました。このボトルは軽井沢のシリーズの中でも非常に珍しいもので、1993年皇太子徳仁親王がご成婚された時に作られた記念ボトルです。1993年と2013年に2度発売されていて、特に2回目の販売時は熟成年数が非常に長い超高級品だと言われています。当時の販売数はたったの41本で、200万円という高価な販売価格にもかかわらずすぐに売れてしまったという歴史があります。
この珍しい「軽井沢1960年」は、オークションにて1,400万円もの価格で落札されました。ジャパニーズウイスキーの中でも当時の最高額であり、軽井沢の注目度が伺えます。ウイスキーマガジンのオークション指標でも、それまでダントツで首位だった有名銘柄「ザ・マッカラン」を差し置いて世界トップの位置付けになりました。

 

軽井沢のラインナップについて

軽井沢マスターズ・ブレンド10年

2002年のIWSCワールドワイドウイスキー部門で金賞を獲得したシリーズです。軽井沢蒸留所の10年以上熟成されたモルト原酒をベースに、グレーン原酒をヴァッティングさせ味を整えています。シェリー樽由来の香りの高さと、ブレンドによるピーティーさのバランスが取れた1本です。
 

軽井沢モルトウイスキー12年

酒齢12年以上のモルト原酒をヴァッティングさせています。複数の蒸留所の原酒を組み合わせて造られるピュアモルトウイスキーで、口当たりが良く味の複雑さを楽しめます。
 

軽井沢シングルモルト15年

軽井沢蒸留所で造られたモルト原酒のうち、酒齢15年以上のモルト原酒のみを使用して造られたシリーズです。使われる原酒の中には最高酒齢31年のものもあり、ヴィンテージならではの深い味わいが特徴です。琥珀色も強くなっていて、見た目にも楽しめる1本です。
 

高価買取のコツをチェックしよう

高価買取のコツをチェックしよう
「軽井沢」は今では簡単に手に入れることのできない、貴重なウイスキーです。せっかく売るなら、なるべく高く売れるようにしましょう。
買取の際に気をつけたいポイントをまとめてみたので、ぜひチェックしてください。

1.いつ、どこで買ったのか伝える

軽井沢は現在正規ルートでは売られていません。そのため、買取に出すとどうやって手に入れたのかを聞かれる可能性が高いです。覚えている範囲で構わないので、どのようにして入手したのかを伝えましょう。購入してから大切に保管していたことが伝わると、評価額が高くなる可能性があります。
 

2.お店ごとの買取価格・相場を比較

同じお酒でも、買取専門店ごとに得意なジャンルや取引先が変わるため、買取価格が変化します。できるだけ買取価格を比較し、なるべく高い値段で売れる専門店に依頼しましょう。

 

3.付属品をチェック

ウイスキーはボトルのみでも売れますが、付属の箱がついていると査定額が高くなります。そのほかの付属品がある場合は、全て揃えて査定に出しましょう。
 

4.汚れや破損に注意

致命的な汚れや傷があるお酒
長期間飾っておいたボトルなどは、ほこりや汚れが付着している場合があります。査定に出す前には、瓶を拭いてきれいにしておきましょう。また運んでいる間に瓶が割れてしまうことの無いよう、梱包方法に気をつけましょう。

 

5.買取方法をチェックしよう

お酒の買取は店頭持ち込みだけではありません。出張買取宅配買取を利用すれば、忙しい方でもお店に行かずにお酒を売ることができます。自分の売りたい方法にお店が対応しているか、確認しておきましょう。

 

軽井沢以外も高く売れる?

お酒ライターAnchan
お酒ライターAnchan
今回は「軽井沢」という銘柄を中心に紹介しましたが、高く売れるお酒はもちろん他にもあります。特に有名なブランデーヴィンテージのワイン、人気高騰中のジャパニーズウイスキーなどは高い値段がつきやすいです。そのほか私たちの食卓に身近な焼酎日本酒ビールなども売れることがあります。
お酒は種類や銘柄、そして保存状態によっても査定額が変わってきます。詳しい価格を知りたい方は、各買取専門店の公式ページを確認・問合せをしてみましょう。
 

まとめ

今では簡単に手に入らない、超プレミアの「軽井沢」ウイスキーは買取市場での評価も高いです。もし持っていて飲む予定がない方は、査定に出してみてはいかがでしょうか。
ここで紹介したような大手買取専門店なら、お酒1点からでも無料で査定してもらえます。査定額を聞いてから売るかどうか判断もできますので、ぜひ利用してみてください。

関連記事

  1. 青森の高価お酒買取

    青森県八戸・弘前市。洋酒ウイスキー近くのおすすめお酒買取店7選

  2. 森伊蔵

    森伊蔵買取おすすめ店7選。極上の一滴や1800ml買取価格相場

  3. 山崎買取おすすめ店8選。ノンエイジ10年12年18年買取価格相場

    山崎買取おすすめ店7選。ノンエイジ10年12年18年買取価格相場

  4. シャトー・ラトゥール当たり年。サード・セカンドの特徴と買取店5選

    シャトー・ラトゥール当たり年。サード・セカンドの特徴と買取店5選

  5. 白州

    白州買取おすすめ店8選。12年・18年・25年買取価格相場

  6. お酒高く売りたい!おすすめお酒買取専門店比較ランキング8業者

中国白酒酉方(とりかた)




  • お酒買取ランキング
  • お酒に関わる仕事求人情報
  • 全国の厳選地酒特集
  • なぜ高い?プレミア焼酎
  • 全国おつまみ特集
  • 全国の地ビール特集