風の森

風の森(奈良の日本酒)油長酒造の秋津穂・しぼり華の特徴や美味しい飲み方を分析

風の森の歴史や特徴とは

奈良県御所市にある油長酒造株式会社は1719年創業の老舗酒蔵です。奈良県は日本清酒発祥の地とされていて、現在の日本酒製造技術のはじまりとされています。
奈良の寺院の僧侶たちによって様々な酒造りの手法が誕生しました。油長酒造では、代々伝わっている技術をさらに進化させ、時代に合う美味しい日本酒造りをしています。
慶長年間より莱種を使っての製油業を営んでいましたが、享保4年(1719年)に酒作りに転向。酒作りにあう良質の水を求め、葛城山系の山裾に酒蔵を築き、以来ずっと同じ井戸の水で仕込みを続けています。
葛城山系の地下で磨かれた水は、多くのミネラルを含み、硬度214mg/ℓ 以上という超硬水で『風の森』という日本酒の骨格を形作っています。
酒米は地元奈良県で契約栽培された「秋津穂」「露葉風」、兵庫県岡山県の「山田錦」「雄町」等を使用しそれぞれの特長を生かした日本酒作りをしています。

特に有名な銘柄に風の森があります。関西を中心に販売されているお酒ですが、通信販売を利用して購入可能です。
風の森は1998年に誕生しました。こだわりの純米無濾過生酒製法で炭酸ガスのフレッシュ感としっかりした旨味が感じられるお酒です。
アルコールは添加されていないお酒で濾過と火入れをしないで搾りたての美味しさを味わえます。
created by Rinker
¥3,850 (2020/08/14 20:30:36時点 楽天市場調べ-詳細)

風の森の歴史

現在の日本酒製造技術の礎は室町時代末期に奈良の地で確立されたといわれています。その奈良の地で、先人の技術を継承し、新たな知見とテクノロジーを加え、さらに後世の人々へ伝えるべく、日々奮闘する酒蔵が奈良にあります。
油長酒造は享保4年(1719年)創業の酒蔵。享保年間といえば、徳川吉宗や大岡越前が活躍した時代。江戸、明治、大正、昭和、平成、そして令和を歩んできた歴史ある蔵元です。
製造するお酒は、「風の森」と「鷹長」です。
奈良県御所市にある油長(ゆうちょう)酒造は、約300年もの長い歴史を持つ由緒ある蔵元です。葛城山系にある酒造りには好適な地下水を活かし、通受けのする味わい深い酒を、長きにわたって世に送り出してきました。

名前の由来

「風の森」は、日常の食事を、より豊かに愉しいひと時に変える価値を付与する願いが詰まったお酒です。ちなみに「風の森」の名は、酒蔵の近くにある、風の森峠より付けられました。近くの森の中には風の森神社が鎮座しています。その油長酒造が約20年前、1998年に発売したのが「風の森という名の生酒です。

生酒ブームの発端となりリードしてきた奈良の酒

今でこそ生酒は市場にすっかり定着し、愛飲する人も増えましたが、「風の森」の発売当初はまだ珍しい存在でした。その後に続く生酒ブームの発端となり、市場をリードしてきたのが、この「風の森だと言えます。
生酒というだけあって、製造過程で殺菌のための火入れなどを行いません。そのため米本来のフレッシュな旨味をそのまま味わうことができます。麹も生きたままですので、瓶詰めされた状態でもずっと発酵は続いています。そのため瓶の中で炭酸ガスが発生し、開けた瞬間には、さわやかな発泡感を楽しむことができます。しばらくすると発泡感は徐々に落ちついてきて、米本来の芳醇な香りと風味をじっくり味わえるようになります。つまり一つの酒で、味わいの変化を楽しみながら飲むことができるわけです。
素直でクセのない味ですので、和食を中心にさまざまな料理に合いますが、生酒本来の味を楽しむなら、味の濃い料理ではなく、お造りやおひたしなどと共に味わうのがいいでしょう。

風の森の美味しい飲み方とは?

美味しい飲み方とは?
『風の森』は微炭酸のフレッシュ感ある日本酒です。開封直後には、発酵の過程で生み出された自然な炭酸ガスを楽しむことができます。開封後、数日で炭酸ガスは抜け、より米の香りや味わいが出てくることで別の味わいへと変化します。
以前は1升瓶のものもありましたが、この変化をよりよい状態で飲みきれるようにと、現在は720mlのみになっています。
風の森にはいくつかラインアップがあります。美味しい飲み方と合わせてご紹介します。
風の森は冷たくして飲むのがおすすめです。
蔵での貯蔵方法、流通方法、酒販店での保存方法にもこだわりがあるお酒なので自宅でも保管方法にこだわるようにしましょう。開けるまで新鮮な状態が保たれているのでいつでも美味しく飲めます。

風の森 秋津穂純米 しぼり華

酒造適合米の秋津穂を使って造られています。風の森シリーズの中でも代表的なお酒で口の中で旨味が広がります。
地元奈良の契約栽培をお願いしている酒米「秋津穂」を仕込んだ純米酒。酒米「秋津穂」は、日本酒通の間でも知る人ぞ知る酒米。その「秋津穂」を丁寧に磨いて仕込まれた一品です。純米無濾過原酒をそのまま瓶詰したフレッシュなお酒は、グラスに注いでみると鮮やかな香りが駆け抜けていきます。味わいは、旨味と酸味の調和がとれ、ふくらみがありながら、あっさりとした口当たり。さっぱりとした味わいは食事のおともにも十分なポテンシャルを秘めています。

created by Rinker
¥1,155 (2020/08/14 02:25:38時点 楽天市場調べ-詳細)

風の森 秋津穂純米大吟醸 しぼり華

酒造適合米の秋津穂を使って造られています。キレがあるお酒でしっかりした味わいです。
洋梨のような香りが特徴のお酒です。

created by Rinker
¥1,650 (2020/08/14 02:25:38時点 楽天市場調べ-詳細)

風の森 露葉風 純米しぼり華

奈良県で栽培されているお米を使って造られているお酒で酸味が少しあります。独特の風味があるお酒で奈良のこだわりの味を楽しみたい人におすすめです。
「露葉風」は酒米の頂点といわれる「山田錦」に匹敵する心白をもつ酒米です。生み出されるお酒の味わいは、なかなか他に類をみないもの。口に含むと甘い果実の様な香りが鼻に抜けていきます。その後、口の中に米の旨味とふくよかな甘みがパッと広がっていきますが、その陰からスッと酸味と渋みも加わって独特の味わいを醸し出します。

風の森 露葉風 純米大吟醸しぼり華

味わい深いお酒で独特の風味を楽しめます。

風の森 山田錦 純米吟醸しぼり華

すっきりした味わいで甘い香りが特徴です。ブドウのような甘い香りを楽しめます。
繊細で上品な味のお酒です。

風の森 山田錦 純米大吟醸しぼり華

高級感のある味わいで香りは熟した果物のように甘さがあります。

created by Rinker
¥2,750 (2020/08/14 20:30:36時点 楽天市場調べ-詳細)

風の森 雄町 純米しぼり華

超低温で長期間発酵して造られたお酒です。雄町を使用しています。
酸味と甘みのバランスが取れていて飲みやすくなっています。

created by Rinker
¥1,375 (2020/08/14 02:25:38時点 楽天市場調べ-詳細)
この他にも風の森にはいくつかラインアップがあります。
「油長酒造」では、従来の日本酒作りから、更に新しい日本酒作りへも挑戦しています。
独自開発した氷結採りⓇ は、従来の日本酒の絞るという作業を無くし、日本酒を道具を使うことなく、独自設計の無酸素無加圧状態のタンク内で、もろみから分離することに成功しました。
この試みは『ALPHA TYPE4 風の森』の銘でラインナップされています。
created by Rinker
¥1,650 (2020/08/13 23:36:50時点 楽天市場調べ-詳細)
特にアルコール度数を抑えて造られているALPHA 風の森はアルコールに弱い人も飲みやすくなっています。さっぱりした味わいは女性にも人気です。
「風の森」には他にも「キヌヒカリ」を仕込んだものや、山田錦を仕込んだものなど米にこだわった酒がラインナップされています。いろんな米の貌を愉しめるお酒を味わえる「風の森」を味わってみてください。

風の森に合うお料理とは?

風の森に合うお料理とは?
風の森は炭酸ガスがある間と抜けてから、どちらも美味しくいただけます。
炭酸ガスがある間はプチプチはじけるような美味しさがあります。
炭酸ガスがぬけた後はお米の味をよりしっかり感じることができます。
甘みや旨味、味の深みを感じられます。
それに合わせてお料理も変えてみると良いのではないでしょうか。
お魚お肉、豆類、チーズなど色々な食材に合います。

created by Rinker
¥3,850 (2020/08/14 20:30:36時点 楽天市場調べ-詳細)

こちらの記事も人気です。

関連記事

  1. 「笑四季」シリーズ、最初におすすめ3選

    日本酒が永遠に飲める店 たまり場PON

  2. 黒松剣菱

    黒松剣菱(兵庫の日本酒)「極上黒松剣菱・瑞祥」等の特徴や美味しい飲み方を分析

  3. 不老泉

    不老泉(滋賀の日本酒)木桶仕込・滋賀渡船・杣の天狗の特徴や美味しい飲み方を分析

  4. くどき上手

    くどき上手(山形の日本酒)「ばくれんや純米吟醸」等の特徴・美味しい飲み方を分析

  5. 石鎚

    石鎚(愛媛伊予西条の日本酒)緑ラベル・夏吟・VANQUISHの特徴や美味しい飲み方を分析

  6. 七賢

    七賢(山梨の日本酒)風凛美山・スパークリング星ノ輝の特徴や美味しい飲み方を分析

  7. 日本酒うなぎだに

    日本酒うなぎだに

  8. 信州亀齢

    信州亀齢(長野の日本酒)「純米大吟醸・ひとごこち」等の特徴や美味しい飲み方を分析

  9. 神戸酒心館

  1. 山形県の地酒20選。歴史あり地元民からも愛される地酒特集

  2. 宅飲み

    宅飲みをより楽しくするおつまみは?家飲み簡単レシピ・コンビニ・…

  3. 甲府鳥もつ煮

    山梨県のお酒・お土産にも最適なおつまみ10選(肉・お菓子・珍味)

  4. 甘酒

    飲む点滴、甘酒の効果は?米麹と酒粕、美容とダイエットにおすすめ…

  5. 酒の肴

    コロナで宅飲みが増加?家飲みのメリット・デメリットと宅飲みおす…

  1. 日本酒の辛口甘口について

    日本酒の辛口甘口についての基準が分からない。辛口甘口のおすすめ…

  2. 日本酒

    死ぬまでに1度は飲みたいレア高級プレミア日本酒。高額になる秘密…

  3. 日本酒名入れ

    【父の日に今から準備】日本酒・焼酎の名入れ酒をプレゼント。人気…

  4. 日本酒の種類

    初心者でも分かる本醸造、吟醸、純米、大吟醸の違い。今さら聞けな…

  5. 飲み比べ

    日本酒飲み比べセット・利き酒セットのメリットとその理由8選