雪の茅舎

「雪の茅舎」櫂を使わない秋田での日本酒造り。山廃純米大吟醸の特徴や美味しい飲み方を分析

酒どころ東北には、おいしい日本酒がたくさんありますが、今回紹介する雪の茅舎」をつくっている齋彌酒造店さんもこだわりのお酒造りでは、実績と信頼のある酒蔵といえるかと思います。

酒造の環境

齋彌酒造店の創業は、明治35年(1902年)となります。酒蔵の所在地は、秋田県由利本荘市です。
鳥海山を望む、由利本荘の地は良水に恵まれ、米作りが盛んな地。日本海に面し、冬には海からの冷たい季節風が吹き抜けていきます。
齋彌酒造の酒蔵は、由利本荘の風土に調和した酒造りにあった建て方になっています。「のぼり蔵」といわれる建て方は、風の通りや地形なども考慮し、酒造りの工程に余計な負荷をかけない、先人の智恵が生み出した酒蔵です。ここで米と水が出会い、お酒になっていきます。
秋田県由利本荘市

酒造の歴史

この酒蔵の特徴のひとつは、米へのこだわりです。お酒造りの際に使用されるお米は、磨き方に徹底的にこだわっています。
また、酵母に関しても基本的には、自社培養されており、質の高い商品を提供しようとする酒蔵の心意気を感じます。
ここまで丁寧な仕事をするには、想像以上の労力を必要とするところではありますが、齋彌酒造店さんで提供される雪の茅舎をはじめとするお酒は、良心的な価格設定がされており、この価格で、ここまでのクオリティーを実現していることにきっと驚くことになるでしょう。
この酒蔵は長い歴史を有しており、当時の建物の一部は、今でも残っており、なんと住宅や店舗、蔵などをすべて含めますと、11もの建物が、国の登録有形文化財に登録されています。
まるで、ここだけが明治時代にタイムトリップをしたような錯覚をしてしまうかもしれません。
これらの建物は、地域を代表する建造物としてこれからも、これまでの発展を物語る貴重なものとして受け継がれていくことになるはずです。

齋彌酒造の実績

とにかくこだわりのお酒づくりには定評のある酒蔵となりますので、外からの評価も非常に高いものになります。
すべての受賞暦は取り上げ切れませんが、今回は平成以降に受賞についていくつか取り上げてみます。
全国新酒鑑評会においては、金賞を19回受賞しています。この数字は、普通の酒蔵では考えられないレベルです。
東北清酒鑑評会においても数々の受賞暦があります。吟醸酒の部門においては、優等賞を 22回受賞していますし、純米酒の部門では優等賞を 19回も受賞しています。
ここまでは、国内における受賞ですが、ここからはグローバルな視点からの受賞暦を紹介します。
IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)、ISC(インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ)、JOY OF SAKE(全米日本酒鑑評会)でも高い評価を得ていることを最後に付け加えておきます。

酒造り

齋彌酒造店さんのお酒造りの基本は、水とお米、酵母、そして長い歴史の中で培われてきた職人の技になります。これらの要素はどれかひとつ欠けるだけでも齋彌酒造店さんのお酒造りは成立しません。酒蔵のある由利本荘は、自然が豊かなエリアで、この地域の恩恵でもある良質なお水を贅沢につかってのお酒造りをしています。
東北の名門のお酒に共通することかもしれませんが、日本人の舌にぴったりとあった軟水を使用するため、お酒のポテンシャルがかなり高いことは、一度飲めば多くの方が納得するところなのではないでしょうか。お米に関しては、秋田酒こまちを使用しています。(山田錦も使われます。)

地元のお米農家さんと契約をし、密にコミュニケーションをとることができる環境があり、質の高いお米の仕入をすることができるのもこの酒蔵の強みになっています。
地酒の魅力は、それぞれの酒蔵の杜氏さん力によるところは、否定できない事実かと思いますが、齋彌酒造店さんで活躍されている杜氏さんは、リーダーでもある高橋藤一氏を筆頭に、経験と確かな技術を要する方が多いと言えます。
もちろん、お酒の好みはそれぞれですので、誰にも絶対においしいお酒はありませんが、今回取り上げた「雪の茅舎」をつくっている齋彌酒造店さんの日本酒は、飲み手を選ばずに幅広い年齢層に訴えかけること間違いなしです。

櫂を使わない日本酒造り「雪の茅舎」

もう一つ、齋彌酒造の酒造りに特徴があります。「櫂入れ」をしない酒造り。「櫂入れ」とは、醪をかき混ぜるため、櫂を入れる作業。旅番組などで酒蔵を訪ねると、タンクの上から櫂をいれて、お酒をかき混ぜているシーンが流れる、一種酒造りの象徴的な工程です。ところが、齋彌酒造の酒造りでは行わない。醪の発酵による自然対流に委ねるだけ。人は、環境を整えるだけだといいます。
全てにおいて丁寧な仕事を尽くしたうえで、最後は自然に委ねる。それが齋彌酒造の酒造りなのかもしれません。その仕事の様子は、NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」でも紹介されました。自然、丁寧に作られたお酒には、相応の評価が付くもの。全日本新酒鑑評会や全米日本酒鑑評会などで数々の受賞歴を誇ります。

「雪の茅舎」シリーズ ラインナップ3選

「雪の茅舎」シリーズ ラインナップ3選
齋彌酒造の醸造するお酒は、冒頭に紹介した「雪の茅舎 山廃 純米大吟醸」もラインナップされる「雪の茅舎」シリーズ。「雪の茅舎」と書いて「ゆきのぼうしゃ」と読みます。「茅舎」は茅ぶきの家のことです。
「雪の茅舎」シリーズには、さまざまな顔を持つ多彩なお酒がラインナップされています。

雪の茅舎 山廃 純米大吟醸

created by Rinker
¥5,170 (2020/09/29 07:10:55時点 楽天市場調べ-詳細)
雪の茅舎 山廃 純米大吟醸」、一見するとブランデーのボトルのようなデザインの4合瓶。グラスに注ぐと、パァーッと広がる華やかでどこか明るい香りが立ち上がります。口に含むと、しっかりとしたふくらみのある米の旨味。甘みはくどくなく優しく柔らか。透き通った旨味と甘みを残しつつ、あとあじには穏やかでそっと立ち上がる酸味が広がり、そのまますべてが溶け合って喉奥へと消えて行く。旨味、酸味、甘みが見事に役割を発揮して混然一体となり調和した味わい、そんなお酒です。
兵庫県黒田庄の契約農家に栽培をお願いしている「山田錦」を45%まで磨き上げ、山に降り積もった雪解け水が大地に浸透した豊かで清冽な伏流水と、山廃仕込みで仕込んだ、蔵元渾身の一本です。少々、高価なお酒ですが、充分にその価値はあります。キーンと雪冷えまで冷やして、グラスで嗜むもよし、軽く冷やして、あるいは常温で愉しんでも美味しいお酒です。

雪の茅舎 純米吟醸生酒

雪の茅舎 純米吟醸生酒」は、文字通りの生酒。「山田錦」と地元産「あきた酒こまち」を精米歩合55%まで磨いて仕込みました。グラスに注いでみると、大吟醸酒のような華やかさはさほど感じられませんが、穏やかな香りが立ち上がります。口にすると、さらさらと軽快で滑らかな飲み口、口に広がるふくよかな米の旨味と甘みはくどさはなく、さらりとして喉奥へとそっと消えて行きます。あとには軽い余韻が残り、キレがそっと出てくるタイプのお酒です。冷やしても常温でもおいしいお酒です。

雪の茅舎 山廃本醸造

最後は、「雪の茅舎」シリーズのもっともスタンダートなお酒。「雪の茅舎 山廃本醸造」。吟醸でも純米でもないこの一本にこそ、酒蔵の仕事の流儀が表れているといって過言はないでしょう。「山廃仕込み」、「自社酵母発酵」という酒蔵のこだわりはこの一本にもしっかりと施されています。しっかりとした米の旨味と甘みがいかんなく発揮されているにも関わらず、辛口に仕上がった飲み口は、キレがあって軽い。晩酌に、食事にぴったり。毎日の食卓が愉しみなお酒です。
常温でもよいのですが、ここは燗。人肌燗やぬる燗でゆるゆる飲むのも愉しいでしょう。

「雪の茅舎」の銘柄には、さまざまな期間限定のほか、定番商品も多くあります。生産量も少ない商品もあります。しかし、美味しい日本酒を求める方、一度は飲んでみていかがでしょう。櫂を使わない日本酒はどんな味なのか、興味を惹かれることとおもいます。

こちらの記事も人気です。

関連記事

  1. 山形正宗

    山形正宗(山形の日本酒)藍・純米辛口・熟成梅酒の特徴や美味しい飲み方を分析

  2. 開運

    開運(静岡の日本酒)祝酒・涼々・伝 波瀬正吉・山田錦の特徴や美味しい飲み方を分析

  3. 黒龍

    黒龍(福井の日本酒)しずく・九頭龍・貴醸酒・吟のとびらの特徴や美味しい飲み方を分析

  4. 蔵元レストラン 世嬉の一

    蔵元レストラン 世嬉の一

  5. 秀鳳

    秀鳳(山形の日本酒)雪女神・総伝・奥伝・吟酔匠・つや姫の特徴や美味しい飲み方を分析

  6. 七賢

    七賢(山梨の日本酒)風凛美山・スパークリング星ノ輝の特徴や美味しい飲み方を分析

  7. 石鎚

    石鎚(愛媛伊予西条の日本酒)緑ラベル・夏吟・VANQUISHの特徴や美味しい飲み方を分析

  8. 賀茂金秀

    賀茂金秀(広島の日本酒)特別純米 原酒・辛口特別純米の特徴や美味しい飲み方を分析

  9. 富久長

    富久長(広島の幻の米 八反草から造る日本酒)純米・仙・海風土の特徴や美味しい飲み方を分析

  1. おつまみ

    【酒の肴・おつまみ】全国の刺身・肉料理・チーズ・煮物等からの12選

  2. お好み焼き

    大阪のお酒・お土産にも最適なおつまみ10選(海鮮・肉・珍味)

  3. もんじゃ焼き

    東京のお酒・お土産にも最適なおつまみ10選(海鮮・肉・珍味)

  4. 宮崎県炭火焼地鶏

    宮崎県のお酒・お土産にも最適なおつまみ10選(海鮮・肉・珍味)

  5. 辛子レンコン

    熊本県のお酒・お土産にも最適なおつまみ10選(海鮮・肉・珍味)

  1. スキンケア製品

    日本酒の美肌効果や日本酒化粧水のお肌への作用について

  2. 日本酒風呂でお風呂を贅沢に!酒風呂の効能と作り方・温度・使うお…

  3. 飲み比べ

    日本酒飲み比べセット・利き酒セットのメリットとその理由8選

  4. 二日酔い対策

    忘年会等飲む前に飲むドリンクランキング。二日酔い予防対策・お酒…

  5. 焼酎

    ダイエット中でもお酒を飲みたい!焼酎と他のお酒のカロリーを比較…