陸奥八仙

陸奥八仙(青森の日本酒)ヌーボー特別純米・華想い40・黒/赤ラベルの特徴や美味しい飲み方を分析

陸奥八仙』を醸すのは青森県八戸市にある「八戸酒造」です。
「八戸酒造」では、仕込み水は八戸・蟹沢地区の名水を使用し、青森県産の〈華吹雪〉〈華想い〉〈まっしぐら〉といった米、青森県独自の酵母をメインに使い、美味しい地酒と新しい日本酒造りヘの挑戦を続けています。
代表銘柄は『陸奥男山』と『陸奥八仙』の2つで、『陸奥男山』は、昔から港町の漁師に愛されてきた辛口の日本酒です。
『陸奥八仙』は、1998(平成10)年に発売され、フルーティーで華やかな香りを持つ日本酒のシリーズとなっています。銘の由来は、中国の故事や歌にも当場する「酔八仙」からです。《飲む方が酒仙の境地で酒を楽しんで頂きたい》という想いがこもっています。

酒造の歴史

1740(元文5)年に、近江の国(滋賀県付近)から陸奥の地にやってきた、初代の駒井庄三郎氏が《良酒一念》の志で酒造りを始め、代々の当主がその名と志を受け継いできました。
1775(安永4)年に、剣吉に糀屋を創業し酒造業をはじめます。
1888(明治21)年、4代目のころ、湊村濱通りにあった加藤徳次郎酒造場を譲り受けて、それまであった剣吉より移転をします。
1910(明治43)年、『陸奥男山』を商標登録します。
1944(昭和19)年、戦時統制による企業整備令で、16の酒造と合同となり、「八戸酒類株式会社」となります。これにより、6代目が初代社長に就任しました。
1997(平成9)年に、「八戸酒造」を離脱し、旧「八戸酒造」にて酒造りを開始します。
1999(平成11)年に、新設した「八仙酒造」に製造免許がおりたことから、「八戸酒造株式会社」と社名を改めます。
2003(平成15)年に、「駒井酒造」と合併をします。
2006(平成18)年から日本酒をーから自分で造る、参加型の会員制の倶楽部、『がんじゃ自然酒倶楽部』を発足しました。
この倶楽部は、5月にお田植え祭り、7月には草取り、10月に収穫祭、1月の仕込みを経て、4月下旬に出来上がった〈自酒〉を手にするというもので、日本酒の完成までを自ら体験できる、楽しい倶楽部です。

「八戸酒造」には、大正年間に建てられた店舗兼主屋や蔵等の、歴史がある美しい6つの建物があります。2010年には県の「景観重要建造物」に指定、同年に文化庁からも、国の「有形文化財」に登録され、街並みを美しく彩っています。
レンガ壁が特徴の「煉瓦蔵」や、白壁に上部の黒漆喰のコントラストが美しい「北蔵」「西蔵」「文庫蔵」等、訪れた際にはぜひ見ておきたい建物です。
蔵見学も、仕込みの時などを除き通年で、事前に電話やメールにて相談の上で受け付けています。

八戸発、新たな日本酒を目指して「陸奥八仙」5選

八戸発、新たな日本酒を目指して「陸奥八仙」5選
季節限定や数量限定といった、愛好者の心を鷲掴みにする商品もおおいあります。「陸奥八仙」は、平成10年に8代目当主が立ちあげた新ブランド。青森の造り酒屋として、青森にこだわった酒造りを目指すとともに、新しい色々な取り組みにチャレンジする酒が並んでいます。

陸奥八仙 特別純米

陸奥八仙」のスタンダート、このお酒から「陸奥八仙」が始まったといっても過言ではないお酒が「陸奥八仙 特別純米」です。麹米には「華吹雪」、掛米には「まっしぐら」と二つの酒米で仕込まれてたお酒です。
注ぐと、フッと微かな香りが感じられます。口に含むとしっかりとした米のうま味と甘み、調和のとれた酸味と隠れた苦みが見事にマッチした、非常に飲みやすい一本です。晩酌にピッタリで、どんなお料理にもピタッとくる感じがします。なんでも、ほとんどが地元で消費されているそうです。八戸名物のヒラメの漬け丼ともベストマッチなのでしょう。

陸奥八仙ヌーボー特別純米おりがらみ生原酒

陸奥八仙ヌーボー特別純米おりがらみ生原酒」という、何とも長い名前の季節限定酒ヌーボー、つまり新酒です。全量を「まっしぐら」を仕込んだお酒です。ところで、この「まっしぐら」という品種のお米、耳にした方は酒造業界の人でもそう多くないでしょう。お米業界関係者には知られた品種になっています。
「まっしぐら」は青森県の開発した酒米ではなく、食米なのです。現在では、青森県の主力品種になってます。こちらのお酒は、青森県産の主力品種でお酒を仕込んだ一本になります。グラスに注ぎ、口に含むと、ダイレクトに米の甘みが押し寄せてくるよう。その中で、しっかりとした米のうま味が広がります。甘みとうま味の陰にはしっかりと爽快な酸味があり、後あじはスッキリと爽やかに喉奥へ消えて行きます。新酒ゆえの瑞々しい若さと、白ワインのような甘さと酸味を堪能できるお酒です。生原酒のため、花冷え、雪冷えといった冷やして愉しむのが一般的です。

陸奥八仙 華想い40 純米大吟醸

  • IWC 2019 純米大吟醸部門 GOLD
  • ワイングラスでおいしい日本酒アワード 大吟醸部門 2017、2018 金賞
  • 純米酒大賞2016品評会 純米大吟醸部門 金賞
  • 東北清酒鑑評会 2016 優等賞

秋田県の酒米〈華想い〉を40%まで磨き醸した純米大吟醸酒です。トロピカルフルーツのような華やかな甘い香りに、甘さと旨味がロに広がります。それでいて透明感のある味わいで素晴らしいバランスの日本酒です。
国内外で評価の高い、お薦めの1本です。

陸奥八仙 黒ラベル 特別純米

ワイングラスでおいしい日本酒アワード プレミアム純米部門 2018 金賞、2019最高金賞
秋田県の酒米〈華吹雪〉を55%まで磨き造られた、日本酒です。芳醇な香りになめらかな口あたり、甘味と酸味のバランスがとれたコスパに優れた1本です。

陸奥八仙 赤ラベル 特別純米

  • KURA MASTER 2019 純米酒部門 プラチナ賞
  • ワイングラスでおいしい日本酒アワード 2019 金賞

秋田県産〈華吹雪〉と〈まっしぐら〉を使い、醸した日本酒です。
リンゴのような甘く華やかな香り、旨味がロに広がり、酸味が甘味と調和する『陸奥八仙』らしい芳醇旨口です。

「陸奥八仙」には、このほかにも大吟醸の逸品や、夏限定のお酒などラインナップされています。酒蔵の伝統と新しい挑戦という二つの融合が新しい日本酒の予感させます。「陸奥八仙」に興味がある方は、一度手に取って味わってください。八戸酒造のHPでは販売店だけではなく、お愉しみいただける飲食店も記載されています。東京以西は多くありませんが、お近くあれば是非ともお出かけください。

名前の由来

「陸奥八仙」は名前の通り、陸奥の国青森のお酒。陸奥の国というと青森県のイメージが強いが、それは明治時代以降の話。平安時代の頃から江戸ぞ代まで、今の福島県から青森県までの東北地方の秋田県と山形県のエリアをのぞいた広範な範囲をさす名前だったそう。陸奥の由来は、もともとは道奥(みちのく)とよばれていたものが、時代とともに陸奥(みちのく)となり、陸奥(むつ)になったといいます。
「陸奥八仙」の「八仙」は、中国の故事に出てくる8人の仙人の逸話から名付けられています。故事に出てくる8人の仙人は、道教の代表的な8人の仙人で、厚い信仰対象にもなっています。日本の七福神のようなおめでたい絵のモチーフなることも多い仙人です。その8人の仙人はお酒が大好きで、お酒や食にまつわる物語が紡がれています。そのお酒好きの8人の仙人から「八仙」の名をいただいています。

陸奥男山

「陸奥八仙」を醸造する八戸酒造は、初代が近江の国より出奔し、陸奥の国で酒造りをはじめました。時に元文5年(1740年)。今年で、創業280年を迎える陸奥の老舗酒蔵です。醸造銘柄は、「陸奥八仙」以外に酒蔵の伝統ブランド「陸奥男山」を醸造しています。

すこし話はそれますが、「陸奥男山」についても記しておきます。「男山」がつくお酒は、日本全国にかなりの数があります。この「男山」の商標を明治43年に最初にとり、商標として唯一商標登録しているお酒になります。季節限定のお酒や定番のお酒がラインナップされており、ラベルの文字が裏返った「裏男山」などユニークなお酒もあります。ちなみに「裏男山」は、超辛口の純米酒生タイプ。超辛口の名の通り、キレのあるスッキリと飲み口のドライなタイプ。冷酒から燗酒まで、幅広い温度帯で愉しめるお酒です。

関連記事

  1. 庭のうぐいす

    庭のうぐいす(福岡久留米の日本酒)特別純米・純米吟醸の特徴や美味しい飲み方を分析

  2. 神泉

    神泉(石川の日本酒)「大吟醸・純米大吟醸」等の特徴・歴史・美味しい飲み方を分析

  3. 三千盛

    三千盛(岐阜多治見の日本酒)「からくち」一筋、純米ドライの特徴や美味しい飲み方を分析

  4. 玉川

    玉川(京都の日本酒)山廃ビンテージ・純米吟醸 雄町・Ice Breakerの特徴や美味しい飲み方を分析

  5. 釣吉

    釣吉

  6. 翠露

    翠露(長野の日本酒)磨き39・磨き49・米寒仕込み66の特徴や美味しい飲み方を分析

  7. 笑四季

    笑四季(滋賀の日本酒)Sensation黒・白・朱ラベルの特徴や美味しい飲み方を分析

  8. 不老泉

    不老泉(滋賀の日本酒)木桶仕込・滋賀渡船・杣の天狗の特徴や美味しい飲み方を分析

  9. 萩の鶴

    萩の鶴(宮城の日本酒)手造り 純米酒・日輪田 山廃 純米の特徴や美味しい飲み方を分析

  1. 奈良の高価お酒買取

    奈良県の高いお酒買取業者6選。高額で売れるレアで人気な地酒の解説

  2. 生カキ

    お酒のおつまみ・お土産にも最適な岩手県のおつまみ11選(海鮮・肉…

  3. スキンケア製品

    日本酒の美肌効果や日本酒化粧水のお肌への作用について

  4. 地ビール

    東京のおすすめ地ビール6選。地ビールにあうおつまみ・お土産・ビー…

  5. 北海道地酒

    北海道の日本酒・地酒20選。こだわりのある愛される地酒ランキング

  1. 飲み比べ

    日本酒飲み比べセット・利き酒セットのメリットとその理由8選

  2. 二日酔い対策

    忘年会等飲む前に飲むドリンクランキング。二日酔い予防対策・お酒…

  3. スキンケア製品

    日本酒の美肌効果や日本酒化粧水のお肌への作用について

  4. 日本酒風呂でお風呂を贅沢に!酒風呂の効能と作り方・温度・使うお…

  5. 焼酎

    ダイエット中でもお酒を飲みたい!焼酎と他のお酒のカロリーを比較…