天明

天明(福島会津の日本酒)槽しぼり・一年熟成・焔の特徴や美味しい飲み方を分析

「天明」は、人気の日本酒銘柄の一つです。福島県の地酒として知られるこの銘柄は、季節感を大切にしており透明感のある味を表現しています。
蔵元は長い歴史をもち、伝統を大切にしながらも新しい試みを続けてきました。「天明」は現在から数えて一世代前の蔵元が作り上げた銘柄であり、それまで日本酒づくりでは当たり前と思われていた杜氏の制度を廃止してつくられたそうです。
ここではそんな「天明」の魅力についてお伝えしていきます。日本酒好きの方はもちろん、普段は飲まない方もぜひ目を通してみてくださいね。
※この記事を書いたお酒ライターAnchanのプロフィール

天明の歴史

「天明」は、福島県の会津にある曙酒造によって造られているお酒です。
酒造の歴史は古く、明治時代までさかのぼります。もともとは味噌を作る蔵だったそうで、創立者であった鈴木幸四郎氏が地元の米の上質さに気づき酒づくりをはじめたことがきっかけです。
歴史の長い蔵ですが、シンプルな酒造りだけではなく個性を大切にしていることで知られています。たとえば二代目以降の杜氏についてですが、当時は酒造り=男性の場所というイメージが強かった中で、曙酒造は三代続けて女性が杜氏を務めていました。また近年では純米酒や吟醸酒づくりに力を入れるため、杜氏制を廃止し地元の蔵人と家族でお酒を作るようにしています。

お酒ライターAnchan
お酒ライターAnchan
このように常識に捉われず新しい挑戦を続けている蔵で、その個性は味わいにも現れています。伝統と技術を掛け合わせて作られたお酒はバランスに優れており、種類や季節によっても異なる米の旨みを最大限に引き出しています。

名前の由来について

「天明」という名前は、夜明けや明け方を意味しています。酒造の名前に使われている「曙」も同様の意味を持ち、伝統だけに捉われず新しいことに挑戦していくという意味が込められているそうです。
蔵元自身もまさにチャレンジ精神の塊のような方で、もともとは一般企業に就職されていたそうですが、先代の病をきっかけに家業を継ぐことを決意されました。1から酒造りを勉強し直し全国の蔵元を尋ねるなど努力を重ねたそうです。

震災を乗り越えて

会津
2011年の東日本大震災は、会津の地にも大きな被害を与えました。曙酒造も例外ではなく、母屋は崩れ倉庫にあった多数のお酒も失われてしまったそうです。
被害を目の当たりにし、何かできることがないかを探したところ、日本酒を使いみんなを笑顔にするという答えに行き着いたそうです。
その後、「ハート天明」などのシリーズを生み出し、売上の一部を寄付するなど、地元福島の復興に努めてきました。

受賞歴と評判

日本酒
天明シリーズの人気は、地元福島だけに留まりません。優しいタッチのお酒は全国で愛されており、多くのファンがいます。数々の品評会で受賞歴があるなど、その実力は確かなものとなっています。
たとえば2020年5月に行われた「全国新酒鑑評会」で入賞したほか、2019年開催の「インターナショナル・ワイン・チャレンジ2019」で銀メダルを獲得するなど世界規模で評価されていることがわかります。
そのほかにも「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2019」で最高金賞も獲得しており、幅広い層から人気を集めています。メディアなどで紹介されることも多く、売れてしまうのが早いので、見かけたら是非手に取ってみてください。

仕込み水と酒米

天明の仕込み水に使われているのは町内の「辰巳の水」と呼ばれる水です。米のうまさを引き立てるのに適した軟水で、この水によって天明らしい透明感が表現されています。
酒米は会津で作られるさまざまな酒造好適米が使われています。丁寧な酒づくりを行い季節ごとに変わる米の旨みを最大限に引き出しており、定番商品だけでなく季節限定のボトルなど、特定の時期にだけ楽しめるシリーズもあります。

天明のおすすめシリーズ7選

おすすめシリーズ7選
ここからは、たくさんある天明シリーズの中でも特におすすめしたいものを7つご紹介していきます。日常に楽しめるお酒から贅沢感を感じられるお酒まで、天明には沢山の種類があります。ぜひお酒選びの参考にしてみてくださいね。

天明 槽しぼり 純米本生

天明には定番商品がいくつかあり、それぞれラベルの色が異なります。これは「空色の天明」と呼ばれており、水色のラベルが目印です。
透明感と酸味が感じられる爽やかなお酒で、食中酒にぴったりです。穏やかで優しい口当たりなので、万人受けする生酒です。

  • 原料米:会津坂下産 五百万石
  • 精米歩合:50%(麹)・65%(掛)
  • アルコール度数:16度
  • 日本酒度:+3.0
  • 酸度:1.7

天明 槽しぼり 純米火入れ

こちらは「オレンジの天明」と呼ばれるものです。火入れ処理により、生酒タイプよりも酸味が抑えられてよりまろやかになっています。麹に山田錦、さらに掛米として五百万石、亀の尾、夢の香が使われており、それぞれの長所を活かしたバランスの良い味わいがポイントです。

  • 原料米:山田錦(麹)・五百万石等(掛)
  • 精米歩合:50%(麹)・65%(掛)
  • アルコール度数:16度
  • 日本酒度:+3.0
  • 酸度:1.5

天明 槽しぼり 純米吟醸 本生

天明
¥3,604 (2022/12/07 13:00:04時点 Amazon調べ-詳細)
3種類の酵母を使ったこちらのシリーズは、「みどりの天明」と呼ばれ親しまれています。しっかりと磨き上げた酒米を使った純米吟醸のお酒は、1口含むと程よい立ち香と甘味を感じられます。そして後からしっかりとしたキレと喉越しの良さを感じられる、まとまりのある味わいです。
生酒由来の生まれたての新鮮さと、季節を追うごとの熟成を楽しめる1本です。

  • 原料米:山田錦
  • 精米歩合:50%(麹)・55%(掛)
  • アルコール度数:16度
  • 日本酒度:±0
  • 酸度:1.7

天明 一年熟成 純米大吟醸 火入

1年の熟成で無濾過の良さを楽しむことをコンセプトに作られた、「茶の天明」です。生のまま冷蔵貯蔵し、1年後に火入れ処理を行っています。
熟成による鮮やかで豊かな味わいが特徴で、冷やしても燗にしても楽しめるボトルです。オールマイティなお酒なので、食中酒にもピッタリです。

  • 原料米:山田錦
  • 精米歩合:50%
  • アルコール度数:16度
  • 日本酒度:+1.0
  • 酸度:1.4

天明 ちょいリッチ47 亀の尾 純米大吟醸 無濾過生原酒

ちょいリッチシリーズは、その名の通り贅沢感を出している限定醸造のタイプです。使われる酒米で複数タイプがあり、こちらは幻の米と呼ばれる「亀の尾」を使用したものです。
酸味がありシャープでキレのある飲み口が特徴のお酒は、冷やして飲むとより美味しく感じられるでしょう。

  • 原料米:兵庫県産「山田錦」(麹)、会津坂下産「亀の尾」(掛)
  • 精米歩合:40%(麹)・47%(掛)
  • アルコール度数:16~17度
  • 日本酒度:±0
  • 酸度:1.9

天明 純米おりがらみ本生 中取り零号

おりがらみとは、うっすらと濁っている日本酒のことです。お米の旨味をより感じられる、贅沢感のあるお酒です。
特にこのボトルは中取りといい、日本酒をつくる過程で取れる1番美味しい部分を瓶詰めしたタイプになります。
酸味、旨味、甘みのバランスが絶妙な限定酒で、さらにコストパフォーマンスにも優れた1本です。

  • 原料米:瑞穂黄金
  • 精米歩合:65%
  • アルコール度数:15~16度
  • 日本酒度:−2.0~−4.0
  • 酸度:2.5~3.0
¥3,300 (2022/12/07 13:00:05時点 楽天市場調べ-詳細)

天明 焔(HOMURA) 山廃もと 特別純米本生

冬の燗酒にぴったりな、山廃仕込みの天明です。温めることでふくよかな酸味と香りを感じられる、伸びやかなシリーズです。天明らしい透明感も感じられるお酒は、おでんや鍋料理などの冬の食卓にぴったりです。

  • 原料米:山田錦、五百万石
  • 精米歩合:60%
  • アルコール度数:16度
  • 日本酒度:+2.0
  • 酸度:1.8

天明のおいしい飲み方について

おいしい飲み方について
使用米や醸し方によってシリーズごとに味わいの異なる天明は、それぞれに合った飲み方があります。
たとえば夏季限定のボトルや、吟醸酒のものはしっかりと冷やして飲むのが相応しく、生もとタイプなどは温めることで味の広がりを楽しめるでしょう。季節によって選ぶお酒や飲み方を変えるのもいいですね。

定番の純米酒タイプなら、冷やしてもお燗でもどちらも楽しめるでしょう。初めて飲む方や色々試してみたいという方は、ぜひ「オレンジの天明」など定番タイプからはじめてみてください。
また、合わせる料理もシリーズや季節によってさまざまなものを試していただけます。夏には冷酒にあわせてカルパッチョやお刺身、体力をつけたい時にはジューシーな唐揚げ、温まりたい冬には煮物と合わせてみるなど、お気に入りの組み合わせを見つけてみてくださいね。

福島県の会津でうまれた「天明」は、芳醇なお米の旨味を感じられるお酒です。タイプも豊富にありますので、ぜひお気に入りの1本を探してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 満寿泉

    満寿泉(富山の日本酒)純米・白ラベル・Green生・貴醸酒の特徴や美味しい飲み方を分析

  2. 長珍

    長珍(愛知の日本酒)「特別純米・純米酒・純米吟醸」の特徴や美味しい飲み方を分析

  3. 赤武

    赤武(岩手の日本酒)純米・F NEWBORN・結の香の特徴や美味しい飲み方を分析

  4. 甲子

    甲子(千葉の日本酒)老舗蔵元の純米酒・純米吟醸の特徴や美味しい飲み方を分析

  5. 紀土

    紀土(和歌山の日本酒)大吟醸・純米吟醸・ごりざけの特徴や美味しい飲み方を分析

  6. 竹鶴、黒ラベルと白ラベルの違いとは?実際に飲んで評価した

    竹鶴、黒ラベルと白ラベルの違いとは?実際に飲んで評価した

  7. ここ一軒で宮城県 伊達藩長屋酒場

    ここ一軒で宮城県 伊達藩長屋酒場

  8. 四季の会席料理 しゃとれ蔵

    四季の会席料理 しゃとれ蔵

  9. 日本酒

    日本酒bar旅籠




  • お酒買取ランキング
  • お酒に関わる仕事求人情報
  • 工場住み込み求人ポイントバンク
  • 全国の厳選地酒特集
  • なぜ高い?プレミア焼酎
  • 全国おつまみ特集
  • 全国の地ビール特集
  1. ウイスキー小瓶50ml詰め替え販売ベアーズウイスキーを評価した

    ウイスキー小瓶50ml詰め替え販売ベアーズウイスキーを評価した

    2022.11.17

  2. 山崎蒸溜所見学ツアー予約困難。ショップ限定ウイスキーは定価で買えるか

    予約困難山崎蒸溜所見学ツアー。ショップ限定ウイスキーは定価で買…

    2022.10.14

  3. 美味しい通販おせちとおせちに合うおすすめ日本酒

    2023年本当に美味しいお取り寄せ人気おせち通販口コミランキング10選

    2022.09.16

  4. 天女ラベル等貴州マオタイ酒なぜ高い?本物の見分け方とおすすめ買取店

    天女ラベル等貴州マオタイ酒なぜ高い?本物の見分け方とおすすめ買…

    2022.07.31

  5. スコッチウイスキー お酒の特徴とは?おすすめの銘柄一覧13選

    スコッチウイスキー お酒の特徴とは?おすすめの銘柄一覧13選

    2022.06.30

  1. 広島お酒に関わる転職求人

    職種考察!広島県のお酒や工場・飲食関係おすすめ転職求人サイト6選

    2021.07.30

  2. 2022年値上がりしそうな国産ウイスキー

    2022年値上がりしそうな国産ウイスキー9選を予想してみた

    2022.01.04

  3. ウイスキー

    なぜ品薄・高騰・高額買取?歴史から導くおすすめのジャパニーズウ…

    2021.01.07

  4. ワンカップの魅力とおすすめ10選

    パカッと開けて晩酌宅飲みチョイ飲みに!ワンカップの魅力とおすす…

    2021.08.02

  5. おすすめ家庭用ビールサーバー

    自宅で家飲みを満喫!レンタルも可おすすめ人気家庭用ビールサーバ…

    2021.08.06