天青

天青(神奈川の日本酒)千峰・吟望・風露・湘南ビールの特徴や美味しい飲み方を分析

「天青」を醸す湘南エリア唯一の酒蔵

神奈川県の人気エリアに湘南エリアがあります。湘南というだけでどこか瀟洒でお洒落な感じがします。湘南といえば太陽族と答えると年齢がばれてしまうので注意が必要です。湘南エリアの範囲を巡っては色々と意見もあるようですが、一般的に鎌倉や江の島あたりから相模湾沿岸の海岸に沿ったエリアと考えられています。
湘南エリアは広大な平野が広がっているため、古くから農業も盛んでした。かつては、酒蔵も存在していましたが、現在でも日本酒醸造を継続しているのは、湘南エリアを含む神奈川県では13か所、湘南エリアでは1か所だけになってしまいました。
湘南エリアはで唯一、「熊澤酒造」だけになってしまいました。
湘南

「天青」の歴史と名前の由来

「熊澤所蔵」は、明治5年(1872年)創業、100年を軽く超える歴史を誇る酒蔵です。製造販売する代表銘柄は「天青」。
「天青」の名前は、作家の陳舜臣氏の命名によるとのこと。中国の故事にある「雨過天青雲破処」よりとられたものです。「雨が過ぎ去ったあと、雲の切れ目からのぞく空のような澄んだ青色」という意味があります。十世紀の中国五代十国時代の後周の皇帝柴栄が、理想の青磁の色を評した言葉とされています。
熊澤酒造は、青磁の理想の空ようなお酒、突き抜けるようなすずやかさと潤いに満ちた味わいのある日本酒を目指す名前なのです。
ラベルには、独特の味のある趣のある筆字で「天青」の文字。こちらも、命名された陳舜臣氏によるものだということです。

「天青」には純米大吟醸酒の「雨過天青純米吟醸酒の「雨上がりの山の頂と交わる青空」を意味する「千峰天青特別純米酒で、「木々の緑と交わる青空」を意味する「吟望天青、そして特別本醸造酒の「風露天青」は「風そよぐ潤った大地と交わる青空」より名付けられたものです。レギュラー商品以外にも季節ごとに限定で生産される「天青」もあり、商品ラインナップは実に充実したものになっています。

「湘南ビール」も醸造している酒造

神奈川茅ヶ崎、湘南エリアで明治5年の創業以来、ずっと日本酒を醸し続ける熊澤酒造こと湘南エリアにお住まいの方の中には「ん、熊澤酒造?」となる方も沢山おられるのではないでしょうか。そう、あの「湘南ビール」を醸造している会社です。ほかにも、隠れ家的和食レストランや湘南ビールを提供するビアパブなど、茅ヶ崎を中心の多方面に展開されています。
昨今のクラフトビール人気で湘南ビールも人気が上昇中。伝統の日本酒蔵元が真剣に取り組んだビール、一瞬の隙もない仕上がりです、夏の茅ヶ崎、烏帽子岩を望みながら、よく冷えた湘南ビールのボトル流し込むのはきっと至高のひとときでしょう。

created by Rinker
¥4,180 (2020/08/14 13:46:20時点 楽天市場調べ-詳細)

「天青」の特徴やラインナップ

冒頭にも書きましたが、熊澤酒造は日本酒の蔵元。現在でも伝統の技術でしっかりと日本酒を造り続けています。製造する銘柄は、屋号と同じ「熊澤」のほか、「天青」、「かっぱ」ジリーズ、「曙光」、「鎌倉栞」と多種多様。ほかに、純米酒のスパークリングもあり、実に充実したラインナップを誇っています。
なかでも、屋号を号した「熊澤」を抑え、人気実力とも蔵元一推しの銘柄が「天青」です。

命名は作家陳舜臣氏。氏はラベルの書も揮毫されています。
由来は、中国古来の陶磁器、青磁の色の理想「雨過天青雲破処」からとったものだそう。目指す酒造りの高み、「突き抜けるようなすずやかさと潤いに満ちた味わい」を表しています。

「天青」には一般商品と季節などの限定商品と、大きく二つのラインナップに分かれます。

一般商品には、性格や風味が異なる4つの「天青」が用意されています。「雨過天青」、「千峰天青」、「吟望天青」、「風露天青」です。
「雨過天青」は純米大吟醸酒。「山田錦」を40%まで磨き上げて仕込まれた一本。純米大吟醸酒特有の華やいだ香りスーッと立ち上がります。ふくらみのある旨味が口一杯に広がりますが、くどく残るわけはなく、透き通るような上品な余韻を引いて、喉奥へ消えてゆきます。サラッとした飲み口ながら、深み、厚みのある米の旨味をしっかり味わえるお酒です。

お洒落な湘南の酒「天青」4選

お洒落な湘南の酒「天青」4選

千峰天青

千峰天青」は純米吟醸酒。こちらは「山田錦」を5割まで磨いて仕込んだ吟醸酒。「雨過天青」と比べると、軽さが加わった感じがする飲み口。
旨味の広がり方がジンワリ優しくなり、落ち着いた味わいにになっています。この辺りは好みの問題なので甲乙を付ける問題ではありません。あと味のキレは素晴らしく、食事のお酒にはこちらの方が適していると思います。さらさら流れるようにいただけるお酒です。

吟望天青

吟望天青」は純米酒。「五百万石」を60%まで精米をして仕込まれたお酒です。吟醸酒は「山田錦」でしたが、こちらは「五百万石」を使用する辺りに蔵元のこだわりがうかがえます。華やかな香りが立ち上がる吟醸酒とは異なり、じっくりと穏やかな香りがそっと漂います。
口当たり軽く、凝縮された米の旨味をしっかり味わい尽くせます。でもくどさはなく、さらりと喉奥へ流れ、ビシッとしたキレをもつ味わいです。食事のおともにも最適で、人肌燗やぬる燗で料理をつまみながら、ジンワリと味わうのもいいでしょう。

風露天青

露天青
最後は「風露天青」です。こちらは「五百万石」を仕込んでいますが、純米酒ではなく特別本醸造酒となっています。価格のリーズナブルで、普段使いには十分のポテンシャル。日々の晩酌にピッタリの味わいのお酒です。
スッキリとしたキレがあるのですが、いわゆる辛口とは一線を画す味わいです。口当たりは最初はサラリ、コクのある広がる米の甘もと旨味。後口サッパリ切れる感じです。当然、常温から熱燗まで、好みまま飲むのが最上の愉しみのお酒です。
天青(てんせい)風露 本醸造1800ml

通年販売のお酒をご紹介しましたが、さらに魅力があるのは限定商品の数々。中からおひとつ紹介しましょう。

千峰天青 夏 純米吟醸

淡いブルーのボトルが涼しげに目を引く「千峰天青 夏 純米吟醸」は夏限定のお酒。50%まで磨き上げた「山田錦」を仕込んだ一本。
香りは穏やかながら、しっかりとフレッシュな果実感のある感じ。口当たりは軽快でさらさらと流れるように飲めます。軽さ一辺倒に聞こえますが、そこは純米吟醸酒。しっかりとふくよかな山田錦の旨味が静かに広がってゆきます。厚みのある旨味と甘みはずっと口の中にあるわけではなく、さらさらと喉奥へと消えてゆきます。後口に残る残響は、スッと消えます。引きづらない米の旨味と甘みは暑い夏に雪冷えに冷やし、冷酒であおるのに最適です。

他にも、「雄町」や「酒未来」、「愛山」といった酒米を醸したお酒やにごり酒、生酒も期間限定で販売されます。どの商品も飲めば何かを感じることの出来るお酒です。湘南ビールだけではなく「天青」も是非お愉しみ下さい。

「天青」以外のお酒

主力銘柄「天青」以外のお酒も醸造しています。水と米、酵母と酒造りに必要なもの全てを地元茅ヶ崎産で仕込んだお酒「かっぱ」シリーズ。「かっぱ」は、茅ヶ崎市を流れる小出川に架かる「大曲橋」に伝わる「河童徳利伝説」にちなんだ命名だそうです。
また、茅ヶ崎の海岸から昇る日の出から命名された「曙光」、屋号を号した「熊澤」、「鎌倉栞」と「湘南」という性格のことなる多様なお酒を製造販売しています。

「湘南ビール」をご存知ですか?

created by Rinker
¥4,180 (2020/08/14 13:46:20時点 楽天市場調べ-詳細)
最近のクラフトビールブームの中、人気が上昇中の「湘南ビール」をご存知ですか。この「湘南ビール」も熊澤酒造の仕事です。ビールの醸造といっても簡単なものではありません。日本酒の蔵元といっても一筋縄ではいかないものだったに違いありません。
しかしながら、100年を超える伝統をもつ熊澤酒造。経験と伝統の技術を余すことなく利用し、ひとつひとつの壁を乗り越えていきました。
「湘南ビール」は、無濾過、非加熱処理という酵母が生きたまま瓶詰されたビール。日本酒の無濾過生原酒のようなビールです。そのため品質保持期間は短く、冷蔵保存が必須、120日が消費期限となります。
ビールのラインナップも充実、通年商品としてピルスナーなど5種類、湘南エリアのローカルファームコラボした期間限定商品や、季節限定商品、ワンランク上の味わいを追求したプレミアムシリーズなどを展開しています。どのビールも魅力あふれる商品、じっくりと味わいたビールです。

熊澤酒造はレストランも開店

「天青」や「湘南ビール」をじっくり愉しむために、熊澤酒造はレストランも開店しました。熊澤酒造の敷地内に、酒蔵を改装した「蔵元料理天青」、古民家を移築したダイニングレストラン「MOKICHI TRATTORIA」をはじめカフェやベーカリーなどを展開しています。ほかにも、茅ヶ崎駅前や藤沢にも直営店を営業。店舗を通じて、「天青」や「湘南ビール」の魅力を発信しています。
日本酒醸造から、近隣農家とのコラボ、ビールの醸造、レストランの経営と多岐にわたる活動を通して地域振興、地域活性化などにも貢献しています。

蔵元料理天青

蔵元料理天青 食べログ

ダイニングレストラン「MOKICHI TRATTORIA」

ダイニングレストラン「MOKICHI TRATTORIA」 食べログ
神奈川県茅ヶ崎市香川7-10-7

こちらの記事も人気です。

関連記事

  1. 酒場それがし

    酒場それがし

  2. みむろ杉

    みむろ杉(奈良の日本酒)露葉風・Dio Abita・ろまんシリーズの特徴や美味しい飲み方を分析

  3. 龍神

    龍神(群馬の日本酒)「尾瀬の雪どけ」の酒蔵が仕掛けるもう一つのブランドの美味しい飲み方を分析

  4. 蓬莱泉

    蓬莱泉(愛知の日本酒)「可・空・摩訶・秀撰」の特徴や美味しい飲み方を分析

  5. 五橋

    五橋(山口の日本酒)木桶造りやfiveシリーズの特徴や美味しい飲み方を分析

  6. 笑四季

    笑四季(滋賀の日本酒)Sensation黒・白・朱ラベルの特徴や美味しい飲み方を分析

  7. 一ノ蔵

    一ノ蔵(宮城の日本酒)一ノ蔵 玄昌・純米吟醸 蔵の華の特徴や美味しい飲み方を分析

  8. 秋鹿

    秋鹿(大阪の日本酒)山廃仕込み・生もと・槽搾直汲・奥鹿の特徴や美味しい飲み方を分析

  9. 千徳

    千徳(宮崎の日本酒)金雫・銀雫・夢の中まで・さらさらにごり酒の美味しい飲み方を分析

  1. 山形県の地酒20選。歴史あり地元民からも愛される地酒特集

  2. 宅飲み

    宅飲みをより楽しくするおつまみは?家飲み簡単レシピ・コンビニ・…

  3. 甲府鳥もつ煮

    山梨県のお酒・お土産にも最適なおつまみ10選(肉・お菓子・珍味)

  4. 甘酒

    飲む点滴、甘酒の効果は?米麹と酒粕、美容とダイエットにおすすめ…

  5. 酒の肴

    コロナで宅飲みが増加?家飲みのメリット・デメリットと宅飲みおす…

  1. 飲み比べ

    日本酒飲み比べセット・利き酒セットのメリットとその理由8選

  2. 日本酒

    死ぬまでに1度は飲みたいレア高級プレミア日本酒。高額になる秘密…

  3. 日本酒の種類

    初心者でも分かる本醸造、吟醸、純米、大吟醸の違い。今さら聞けな…

  4. 日本酒名入れ

    【父の日に今から準備】日本酒・焼酎の名入れ酒をプレゼント。人気…

  5. 日本酒の辛口甘口について

    日本酒の辛口甘口についての基準が分からない。辛口甘口のおすすめ…