渡舟

渡舟(茨城の地酒)「純米大吟醸・しぼりたて生吟・純米焼酎」の特徴や美味しい飲み方を分析

「渡舟」を醸造する府中誉は茨城県石岡市で1854年創業の造り酒屋。石岡市は筑波山系の清冽な湧水に恵まれた地。筑波山麓の広大な平野で作られた米を原料に元禄期以来の酒造りの地となり、東の灘と称せれることもあります。
府中誉は、この地で「量を追わず、効率を求めず、代々継承してきた伝統の技術」を基本とした酒造り行っている酒蔵です。代表銘柄は屋号を冠した「府中誉」。ほかに「太平海」や「渡舟」の醸造も行っています。

日本酒、気になる事調べものライターdencross
dencross
なかでも、「渡舟」は酒蔵の技術の研鑽とこだわりが生んだ注目のお酒です。「渡舟」は至高の酒米ともいえる山田錦の親につながる幻の酒米「渡舟」で醸造したお酒です。

「渡舟」は大正期の古い種類の酒米。復活栽培をはじめ、伝統の技術で酵母、麹、酒米を調和させて、「渡舟」を完成させました。
※この記事を書いた日本酒ライターdencrossのプロフィール

渡舟の歴史と特徴について

筑波山
1854年に創業した府中誉株式会社は茨城県にある酒蔵です。幻の酒米と言われている渡船を使用して造られる渡舟が有名な銘柄となります。
渡船は酒造適合米の王様とされている山田錦の親系統にあたると言われていて、風味が良くスッキリした味わいのお酒ができる酒造適合米です。
栽培に手間がかかってしまうためとても貴重なお米になります。
完成するお酒の味わいは酸味や旨味のバランスが取れていてとても飲みやすいと言われています。

『渡船』の歴史と酒米

『渡舟』の蔵元は茨城県の府中誉です。安政元年(1854年)創業し、昔から全国でも有数の米づくり地域である茨城の中央部、筑波山の花崗岩質の筑波山系の湧水〈府中六井〉にも恵まれ、自然の恵みを生かした日本酒作りを続けてきました。
『渡舟』の名は幻の酒米と言われた「短稈渡船(たんかんわたりぶね)」からになります。「短稈渡船」は、原種の米で品種改良されていない酒米です。「短稈渡船」は「山田錦」の親品種でもあり、酒米として評価の高い米でしたが、原種ゆえの育成の難しさから、栽培されなくなり幻の米となっていました。府中誉は、この「短稈渡船」を研究機関に残された14gの種モミから復活させました。現在は栽培農家と直接契約栽培を結び全量買付をしています。
『渡舟』はこの「短稈渡船」を使って作られた日本酒の銘となります。

渡舟の美味しい飲み方とは?

渡舟にはいくつかラインアップがあります。甘く爽やかな香りが楽しめる渡舟は、日本酒初心者にも楽しみやすい味わいになっています。優しい味わいのお酒です。美味しい飲み方と合わせてご紹介します。

渡舟 純米吟醸 槽しぼり 原酒

「渡舟 ふなしぼり純米吟醸」は、「渡舟」シリーズの中で一番人気の定番商品といわれいます。酒米「渡舟」の醪を、伝統の舟絞りでじっくり搾ったお酒。圧力を掛けず搾ったお酒は雑味がなくどこまでもクリアで深い味わいです。茨城県産の「短稈渡船」を55%に磨き丁寧に醸された純米吟醸酒を槽搾りで絞りました。
とにかく口当たりよく、スッキリとしたふくらみがあるお米の旨味が広がります。分かりやすく美味しいお酒に仕上がっており、冷やで飲むほか、ぬる燗でゆっくり飲むのも楽しいお酒です。

渡舟 しぼりたて生吟(純米吟醸)本生

「渡舟 しぼりたて生吟」は冬季数量限定出荷の逸品。価格もリーズナブルながら、「渡舟」の魅力と味わいは十二分に堪能できる商品です。生吟の文字通り、55%に精米した吟醸醪を丁寧に搾り、火入れろ過なくそのまま瓶詰めされているのでとてもフレッシュです。すっきりした味わいでやや辛口のお酒です。まさに寒い冬の間だけしか味わう事の出来ないお酒です。
搾りたての風味そのままに、フレッシュなリンゴの様なフルーティな香気が立ち上がり、口に入れると淡麗ながらフッと米の旨味が口一杯に広がっていきます。落ち着いた味わいではなく、荒い旨味が口の中で広がる感じながら、喉越し滑らかで、余韻を残しつつ消えていきます。

渡舟
¥1,628 (2021/08/02 17:08:15時点 Amazon調べ-詳細)

渡舟 テロワール太田ノ谷

茨城県筑波山麓八郷盆地して位置する太田ノ谷、その中で選らばれた米栽培に最適な約1ヘクタールの田から収穫された「短稈渡船」で作られたこだわりの結晶といえる日本酒です。
芳醇で瑞々しい香味、甘さもありながら酸味もある絶妙のバランスです。リンゴのような香りが楽しめる日本酒でしっかり口の中に味が残ります。

渡舟純米吟醸 濾過前 五十五

渡舟の中で最初にどれを飲んでみようかと悩んだ時はこちらがおすすめです。渡舟の特徴が一番わかるとされているお酒で価格もリーズナブルです。爽やかな果物の香りが楽しめて口に入れると柔らかな味わい、お米の旨味が広がります。

渡舟 大吟醸

控えめな香りですがとても上品な仕上がりになっています。口に入れると旨味が広がり優しい味わいです。飲んだ後はスッキリします。ラベルもとても上品なので贈り物にも人気があるお酒となっています。

渡舟
¥4,059 (2021/08/02 17:08:17時点 Amazon調べ-詳細)

純米焼酎 渡舟 初溜取り

清酒のもろみ部分を低温で時間をかけて蒸溜し垂れてきた部分だけを瓶に詰めている希少価値の高いお酒です。華やかな香りが特徴で芳醇な甘さがあります。数量限定、季節限定で販売されている商品です。ロックまたはストレートで味わってみてください。

吟垂れ 純米焼酎 渡舟(米)

低温でじっくり時間をかけて熟成させているので柔らかな味わいになっています。
果実のような香りが楽しめて美味しい焼酎です。ロックで飲むのがおすすめです。

¥1,466 (2021/08/02 17:08:17時点 楽天市場調べ-詳細)
「渡舟」シリーズには他にも商品がありますが、全てが上品で素性のきれいなお酒に仕上がっています。また、屋号を冠する「府中誉」も、日本酒の美味さ感じる佳きお酒です。
渡舟以外にも府中誉株式会社では美味しいお酒を造られているので飲み比べしてみてくださいね。

渡舟に合うお料理とは?

渡舟に合うお料理とは?
渡舟は色々なお料理に合わせることができますが、お酒の旨味をしっかり感じるためにあっさりしたお料理や薄味のお料理などを合わせると美味しくいただけます。
例えば湯豆腐や水炊き、酢の物、お浸し、お漬物などは良く合います。
和食にとても合う日本酒になっていて、飲食店でも提供されている日本酒になります。
また基本的に癖の少ないさっぱりした味わいなので、様々な食べ物との相性が良い感じです。
爽やかな飲み口なので、天ぷらやからあげといったこってり系の食べ物との相性が特に良いです。ただしぬる燗だとまろやかな甘みが増すので、さっぱりした食べ物と合う様です。
具体的には刺身で言うとマグロのトロよりも、赤身の方が相性が良く美味しく飲めます。

お米の旨味をしっかり感じながら味わってみてください。
貴重なお米を使って造られているという事から、なかなか入手しにくい場合もあるようです。通販でも取り寄せできるお酒なので取り扱い店舗を探してみてくださいね。

渡舟を美味しく飲むには

渡舟は、茨城県石岡市にある府中誉株式会社が製造している日本酒です。
1854年造り酒屋として創業された府中誉は、幻の酒米と言われていた渡舟を原料として代表銘柄であるこの日本酒、渡舟を生み出しました。そんな渡舟ですが癖がなく、すっきりとした飲み応えが特徴的なお酒です。個人的には、冷やか常温で飲む事をおすすめします。

冷やで飲む

特に冷やで飲むと最初はフルーティーな甘い香りを感じさせつつ、後味にはグレープフルーツの様な僅かな苦味があって、非常に引き締まったすっきりとした味わいを堪能する事が可能です。

常温

次に常温ですが、こちらは最初はまろやかな甘さを感じさせつつ、同じ様にほんのりとした苦味も味わう事が出来ます。
まろやかさと苦味のバランスが良いため、常温でも軽やかな飲み応えを楽しめる点が嬉しい所です。

燗で飲む

もっともお酒は甘めが良いという人は、温めても美味しく頂けます。ただしさっぱりとした飲み口が特徴的なお酒であるので、まろやかさを強調し過ぎない方が良いです。
なので冬場でもぬる燗程度に止めた方が、渡舟の旨みをきちんと味わえると思います。

関連記事

  1. 月山

    月山(島根の日本酒)超軟水で仕込まれた純米吟醸・特別純米の特徴や美味しい飲み方を分析

  2. 酔鯨

    酔鯨(高知の日本酒)「高育54号・しぼりたて・すっぴん・れのわ・香魚・名将銘酒」や美味しい飲み方を分析

  3. クラフトジン HOLON

    今注目のクラフトジンHOLON(東京リバーサイド蒸留所)おすすめの飲み方・魅力とは

  4. 森伊蔵

    森伊蔵(鹿児島の幻の芋焼酎)価格や値段の話・特徴・かめ壺仕込みや美味しい飲み方を分析

  5. 一刻者

    一刻者(鹿児島の芋焼酎)赤・紫・ハイボール等のおすすめや飲み方も紹介

  6. もんどころ 水戸駅南店

    もんどころ 水戸駅南店

  7. 梵

    梵(福井の日本酒)梵GOLDを代表に純米酒のみを製造。特徴・美味しい飲み方を分析

  8. 結

    結(茨城の日本酒)「まっしぐら・亀口直汲み」の特徴や美味しい飲み方を分析

  9. 町田酒造

    町田酒造シリーズ(群馬の日本酒)・清りょう・トリプルハテナの特徴や美味しい飲み方を分析

  • バイセルお酒買取漫画
  • お酒買取ランキング
  • 全国の厳選地酒特集
  • なぜ高い?プレミア焼酎
  • 全国おつまみ特集
  • 全国の地ビール特集
  1. ワンカップの魅力とおすすめ10選

    パカッと開けて晩酌宅飲みチョイ飲みに!ワンカップの魅力とおすす…

    2021.08.02

  2. 広島お酒に関わる転職求人

    職種から考えた広島県のお酒や飲食に関わるおすすめ転職求人サイト6…

    2021.07.30

  3. 愛知お酒に関わる求人転職

    職種から考えた愛知県名古屋のお酒や飲食に関わるおすすめ転職求人…

    2021.07.28

  4. 長野のお酒に関わる転職求人

    職種から考えた長野県のお酒や飲食に関わるおすすめ転職求人サイト6…

    2021.07.26

  5. 青森お酒に関わる転職求人

    職種から考察!青森のお酒(飲食りんご)に関わるおすすめ転職求人サ…

    2021.07.25

  1. 着物買取福ちゃんおすすめできるか

    着物買取で福ちゃんはおすすめできるか口コミ評判・押し買いを検証…

    2021.06.29

  2. 着物福ちゃんバイセル比較

    福ちゃんバイセル着物買取の店舗相場・口コミ評判や押し買いを比較…

    2021.07.02

  3. ウイスキー

    なぜ品薄・高騰・高額買取?歴史から導くおすすめのジャパニーズウ…

    2021.01.07

  4. 2021年値上がりしそうな国産ウイスキー

    2021年値上がりしそうな国産ウイスキー9選を予想してみた

    2021.02.24

  5. 着物ボトルカバー

    お酒ボトルをオシャレに飾れるおすすめ着物ボトルカバー5選と作り方

    2021.07.08