英君

英君(静岡の日本酒)紫・緑・橙の英君の特徴や美味しい飲み方やおすすめの料理やおつまみ

明治14年から続く「英君(えいくん)」は、品質第一をモットーに掲げた日本酒です。静岡酵母を使って醸されたその味は、いつまでも飲み飽きることなく食中酒にぴったりです。
ここではそんな英君に注目して、そのラインナップや楽しみ方をお伝えしていきます。

「英君酒造」とは?

英君酒造は、静岡県静岡市にある明治創業の酒造店です。創業当初から全国各地の酒米を探し求めるなど、とにかく品質にこだわりながら酒造りをしていることが特徴です。
決して大きな蔵ではないですが、だからこそ出来るチームワークと柔軟な姿勢で、伝統を守りながらも成長し続けている酒造として知られています。近年では麹造りを完全システム化するなど合理化も図っており、造られるお酒は品質がとても高くなめらかでやさしい味わいです。
「英君」の名前は、開業した年が日英通商条約締結の明治14年であったことから、徳川の英いでた君主にあやかり付けられたそうです。

杜氏を務めるのは「古川靖憲」氏

英君の杜氏は、岩手県花巻市出身の南部杜氏である古川靖憲氏が担当しています。
南部杜氏とは岩手県で発祥した全国でも代表な杜氏の集団で、三大杜氏のひとつにも挙げられています。江戸時代に藩をあげて日本酒造りに取り組んだという歴史をもち、確かな伝統技術を受け継いでいるという杜氏集団です。
古川靖憲氏はそんな南部杜氏のなかでも、鑑評会でなんども賞を獲得したことのあるほど確かな実力を持っています。全国新酒鑑評会において金賞を獲得した経験や、南部杜氏自醸酒鑑評会での連続入賞経験もあるという名杜氏として知られています。

「英君」は杜氏制を取りながらも、伝統だけに頼らず効率化されたシステムをうまく導入し、また蔵人が一丸となり柔軟な姿勢で酒造りに取り組んでいます。

「英君」の酒米について

英君の原料米には、「兵庫県産山田錦」「福井県産五百万石」「長野県産美山錦」などが使われています。どれも酒造好適米としてよく知られているもので、英君のやさしい味わいを作りだすポイントとなっています。さらに安定した味わいにするために自家製米にこだわっているとの事で、精米には最近のコンピュータ精米機が使われています。

「英君」の仕込み水について

湧水
酒造りにおいて、もっとも重要だと考えられているのが仕込み水です。飲みごたえを左右するのはもちろん、水一つで米の旨味の感じられ方も大きく変わってきます。気を付けたいのが「鉄分」が含まれていないかどうかで、鉄分が多い水だとお酒の色や味が大きく壊れてしまうそうです。
英君で使われている仕込み水は、桜野沢湧水という質の高い良水です。先代の社長がこの水の湧き出る山をひとつまるごと買い取ったほど、こだわり抜いて選んだ水だそうです。さらに大敵である鉄分を徹底的に除去することで、英君の特徴であるまろやかさをしっかりと保っています。

英君シリーズのご紹介

日本酒
ここまで「英君」について、その歴史やこだわりをご紹介してきました。ただしひとことで「英君」と言っても、実はさまざまな種類があり、それぞれ味わいや特徴が異なります。
ここからは英君のいろいろなシリーズ商品について、いくつかピックアップしてご紹介していきます。あなたのお気に入りのものが見つかるかもしれません、ぜひ参考にしてみてくださいね。

紫の英君 純米吟醸 山田錦

created by Rinker
英君
¥3,630 (2020/11/26 14:53:07時点 Amazon調べ-詳細)
英君の定番純米吟醸シリーズは、使われている酒米でラベルの色が異なっています。紫色が目印のこのボトルは、酒米のなかでも王様と呼ばれている「山田錦」を使用して造られた1本です。フルーティーでジューシーな旨味を感じられる味わいで、ゆっくりと堪能できます。ほどよい酸味もあり全体の味はまとまっています。

  • 原料米:山田錦
  • 精米歩合:55%
  • アルコール度数:15~16度
  • 日本酒度:±0
  • 酸度:1.5
  • 税抜小売価格:1,800ml 3,100円

緑の英君 純米吟醸 五百万石

created by Rinker
英君
¥3,520 (2020/11/26 14:53:08時点 Amazon調べ-詳細)
緑色の英君は、五百万石という酒米を使って造られた純米吟醸酒です。端麗ですっきりした味わいで、清涼感をとても感じられます。辛口が好きな方には、ぜひこの緑の英君をおすすめします。海鮮などと一緒に味わってみてください。

  • 原料米:五百万石
  • 精米歩合:55%
  • アルコール度数:15~16度
  • 日本酒度:+4.5
  • 酸度:1.4
  • 税抜小売価格:1,800ml 3,000円

橙の英君 純米吟醸 雄町

雄町由来の豊潤な旨味と静岡酵母がマッチしたこちらの1本は、オレンジ色のラベルが目印です。グレープフルーツのような酸味を感じられ、冷や~常温~燗と幅広く楽しめる日本酒です。季節によって飲み方を変えてみてもいいですね。

  • 原料米:雄町
  • 精米歩合:55%
  • アルコール度数:15~16度
  • 日本酒度:-1
  • 酸度:1.6
  • 税抜小売価格:1,800ml 3,100円

英君 特別純米酒誉富士

誉富士は、静岡で生み出された酒造好適米です。やや甘口のフルーティーな仕上がりで、バランスの取れたお酒です。酒米も仕込み水も静岡というこだわりのボトルなので、ちょっとしたお土産、ギフトにもおすすめです。

  • 原料米:誉富士
  • 精米歩合:60%
  • アルコール度数:15~16度
  • 日本酒度:±0
  • 酸度:1.4
  • 税抜小売価格:1,800ml 2,600円

英君 純米大吟醸

英君のなかでも最高級ランクの、純米大吟醸のシリーズです。贅沢な吟醸香を楽しむために、冷や~常温で飲むことをおすすめしています。鑑評会でも受賞経験のある、全国のさまざまな人から愛されるお酒で、特別なシーンにもピッタリのボトルです。

  • 原料米:山田錦
  • 精米歩合:40%
  • アルコール度数:16~17度
  • 日本酒度:-
  • 酸度:-
  • 税抜小売価格:1,800ml 10,000円

英君 特別純米酒ひやおろし


ひやおろしとは、春に火入れをしてから貯蔵したものを、秋にそのまま瓶詰した季節感のあるお酒です。熟成されることで味に丸みがでており、旨味と苦みの調和がとれたものになっています。冷やすとキレ味が増し、お燗にすることでマイルドなコクを感じられるでしょう。

  • 原料米:誉富士
  • 精米歩合:60%
  • アルコール度数:15~16度
  • 日本酒度:+4
  • 酸度:1.5

どんな風に飲んだらいいの?

どんな風に飲んだらいいの?
「英君」定番の純米酒は、どんな温度にしても飲みやすいのが特徴です。冷やすことで香りが落ち着き、すっきりと飲みやすくなります。普段は日本酒を飲まないという方は、まずは冷やして飲んでみると良いでしょう。

常温=そのままの温度は、お酒がもつ本来の味をしっかりと堪能できます。注ぐだけですぐに楽しめるので、用意しやすいのもポイントです。季節によって同じ常温でも味の感じ方が変わるので、1年中お酒を楽しむ方は常温で飲み比べてみると面白いかもしれません。
燗酒は温めて飲むことを言います。「お燗につける」などの言葉で親しまれており、30~55度とその幅もさまざまです。温めることで味わいやコク、香りが際立ちます。お酒の温度とアルコールのもつ力で身体が内側から温まるので、寒い冬にもぴったりです。
ひとつ気を付けておきたいのが、大吟醸酒などの香りのあるタイプはお燗には不向きという点です。せっかくの香りが飛んでしまう恐れがありますので、大吟醸酒タイプは冷やしてまたは常温程度で飲むことをおすすめします。

合わせたい料理・おつまみ

生しらす・桜えびの軍艦巻き
旨味と酸味で調和の取れている英君は、食中酒として楽しめるという特徴を持っています。主張しすぎないやさしい味わいなので、どんな食事と合わせてもバランスが良いでしょう。そのなかでも特におすすめしたいのは、産地である静岡の名産品との組み合わせです。駿河湾の桜エビや、かまぼこをおつまみにして楽しんでみてください。インパクトのある黒はんぺんも話題性があって面白いかもしれませんね。

英君は「品質第一」で丁寧に作られた静岡生まれの名酒です。シリーズ商品が豊富にあり、それぞれ味わいが異なるのがポイントです。飲み比べてみると、きっとお気に入りが見つかるでしょう。ぜひお試しくださいね。

関連記事

  1. 而今

    而今(三重の日本酒)「千本錦・酒未来・にごり酒」の特徴や美味しい飲み方を分析

  2. 秀鳳

    秀鳳(山形の日本酒)雪女神・総伝・奥伝・吟酔匠・つや姫の特徴や美味しい飲み方を分析

  3. 臥龍梅

    臥龍梅(静岡清水の日本酒)開壜十里香 愛山・純米酒・本醸造の特徴や美味しい飲み方を分析

  4. 上喜元

    上喜元(山形県酒田の日本酒)金賞受賞酒・生もと純米・お燗純米等の特徴や美味しい飲み方を分析

  5. 百十郎

    百十郎(岐阜の日本酒)蒼面・赤面・黒面・日和の特徴や美味しい飲み方を分析

  6. 山形正宗

    山形正宗(山形の日本酒)藍・純米辛口・熟成梅酒の特徴や美味しい飲み方を分析

  7. 男山

    伝統銘酒「男山」(北海道の日本酒)歴史・特徴や美味しい飲み方の分析

  8. 十四代

    幻の日本酒「十四代」いったい何がすごい?4つの理由と本丸・龍泉・龍の落とし子・龍月の特徴

  9. 花邑

    花邑(秋田の日本酒)「美郷錦・陸羽田・雄町」の特徴や美味しい飲み方を分析

  1. 奈良の高価お酒買取

    奈良県の高いお酒買取業者6選。高額で売れるレアで人気な地酒の解説

  2. 生カキ

    お酒のおつまみ・お土産にも最適な岩手県のおつまみ11選(海鮮・肉…

  3. スキンケア製品

    日本酒の美肌効果や日本酒化粧水のお肌への作用について

  4. 地ビール

    東京のおすすめ地ビール6選。地ビールにあうおつまみ・お土産・ビー…

  5. 北海道地酒

    北海道の日本酒・地酒20選。こだわりのある愛される地酒ランキング

  1. 二日酔い対策

    忘年会等飲む前に飲むドリンクランキング。二日酔い予防対策・お酒…

  2. スキンケア製品

    日本酒の美肌効果や日本酒化粧水のお肌への作用について

  3. 焼酎

    ダイエット中でもお酒を飲みたい!焼酎と他のお酒のカロリーを比較…

  4. 飲み比べ

    日本酒飲み比べセット・利き酒セットのメリットとその理由8選

  5. 日本酒風呂でお風呂を贅沢に!酒風呂の効能と作り方・温度・使うお…