日本酒の仕事がしたい!杜氏・お酒工場や酒蔵・酒造・酒屋で求人を考える

【PR】
日本酒の仕事がしたい

日本酒好きの方には、お酒に関わる仕事がしたいと考える方も多いでしょう。好きなものを趣味にすれば、きっと毎日が楽しくなりますよね。
ただし、日本酒を仕事にするとなると、以下のような疑問を抱く方も少なくありません。
「日本酒に関わる仕事は本当に稼げるの?」
「そもそも日本酒に関われる仕事にはどんなものがあるの?」

お酒ライターAnchan
お酒ライターAnchan
結論から述べると、日本酒に関わる仕事には作り手から販売者までさまざまな仕事があります。そして仕事の内容によって、働く場所や必要なスキルも大きく変わってきます。
今回は日本酒に携わる仕事がしたいという方に向けて、日本酒業界の動向を踏まえながら、どんな仕事があるのかを紹介していきます。
※この記事を書いたお酒ライターAnchanのプロフィール

日本酒業界の事情とは?日本酒消費量が減少しているって本当?

日本酒は非常に歴史のある飲み物です。お米を原料にして作られる日本酒は縄文~弥生時代には作られていたという説もあり、奈良時代には日本酒の原点となる米麹を使った醸造法がすでに普及していたことがわかっています。
しかし歴史の長い日本酒ですが、近年では消費量が減っていることが明らかになっています。

年度 清酒課税数量
1975年(昭和50年) 1,747,000kl
1980年(昭和55年) 1,473,000kl
1985年(昭和60年) 1,355,000kl
1989年(平成元年) 1,353,000kl
1993年(平成5年) 1,422,000kl
1998年(平成10年) 1,094,000kl
2003年(平成15年) 842,000kl
2008年(平成20年) 653,000kl
2013年(平成25年) 587,000kl
2018年(平成30年) 487,000kl

出典:国税庁 酒類課税数量の推移(国税局分及び税関分の合計)
日本酒の消費量は高度経済成長成長期であった1975年(昭和50)年がピークであり、そこからは減少しています。現在日本酒の消費量は全盛期の3分の1ほどになっており、日本酒業界が厳しい状況にあることが見て取れます。

日本酒の消費量が減ってしまった要因

人口減少と高齢化

日本酒の消費量が減ってしまった要因はさまざまです。特に大きな要因としては、人口減少や高齢化が進んだことが挙げられるでしょう。日本酒を好んで飲んでいた層が徐々に年齢を重ねてしまい、さらに若者の日本酒愛好家がさほど増えておらず、日本酒の飲み手自体が減ってしまったことが大きな理由だと考えられています。

代替品の台頭

またお酒や日々の生活習慣を取り巻く環境が変化したことも、日本酒消費量の減少理由だと考えられています。かつては「アルコールといえばビールか日本酒」のようなイメージがありましたが、今は海外産のワインや一風変わったカクテルなど、飲みたいお酒の種類が多くなり、その分日本酒を飲む方が減ってきているというのが事実です。

生活習慣・嗜好の変化

さらに従来よりもプライベートで楽しめるような娯楽の種類の幅が広がり、そもそも食事や酒類にそこまでお金を使わなくなったという方も増えています。
 

日本酒業界の今後はどうなるの?求められる人材は?

日本酒
上記で挙げたような要因は、簡単に解決する問題ではありません。そのため日本酒業界は、従来のようにただお酒を作って売るという行為だけでは衰退の一歩を辿ってしまうことになります。

お酒ライターAnchan
お酒ライターAnchan
しかし日本酒というものは消費量が減ってしまっても依然としてファンの多いお酒であり、また伝統行事などで飲まれることもあります。そのため日本酒業界が完全に潰れてしまうということは考えにくく、日本酒に関わる職が完全に失われてしまうということはあり得ません。
今現在、日本酒業界で求められているのは、ただ生産量を増やすようなお酒ではなく「飲み手のニーズにあったようなお酒造り」や、「上質なお酒を再現できる技術などの実現」ではないでしょうか。そして日本酒業界ではかつての伝統を職人目線で受け継ぎながら、それでいて新たな技術やスキルを身につけようとする向上心のある人材が強く求められています。
もちろん造り手だけでなく売り手側にも、日本酒に関する幅広い知識や高い意欲のある方が必要とされています。今は日本酒に関する資格や学校もあり、スキルを身につけてはたらくことができます。
またメディアミックスや海外進出など、近代だからこそ成長が期待される分野もあります。マーケティングや商品開発に携わったり、日本酒の海外輸出に携わる仕事に就いたりもできます。このように日本酒には「造る」だけでなく、「魅力を広める」という内容の仕事もあります。

日本酒生産量は全国で異なる!勤務地として考えられるのは?

日本酒は全国で造られています。ただし日本酒の生産量は全国で大きな違いがあるので、地域によって求められる人材や求人の量も異なります。
日本酒の生産量が多いのは、上から順に1位:兵庫県、2位:京都府、3位:新潟県となっています。

都道府県 2020年日本酒生産量
兵庫県 93599kl
京都府 59975kl
新潟県 28693kl
埼玉県 15189kl
秋田県 12589kl
愛知県 9799kl
福島県 8587kl
山梨県 7737kl
山形県 7256kl
長野県 6455kl

全ての県を確認されたい方はこちら
出典:国税庁 2020年 令和元酒造年度都道府県別清酒製造数量
兵庫県は灘のお酒を中心に、伝統のある酒造が多く「仙介」「龍力」など有名な銘柄のお酒が非常に多いです。生産量も9万kl以上と、2位の京都を大きく引き離してダントツのトップになっています。
京都は伏見のお酒が有名です。デイリー酒だけでなく高級な銘柄のお酒も多く、生産量だけでなく売上額も高いです。また全国展開しているブランドのお酒も多いです。
3位の新潟県は米どころとして有名であり、日本酒造りも非常に盛んです。生産量こそ3位ですが、酒造数では兵庫県を超えて全国1位となっています。

一方生産量で大阪府や東京都、神奈川県などの都心部に近い場所は人口数に対して日本酒の生産量が少ない傾向にあります。また宮崎県や鹿児島県、沖縄県などの九州南部は、焼酎の文化が非常に強く、日本酒はあまり生産されていません。
日本酒に携わる仕事は全国でできますが、求人が多いのはやはり生産量の多い地方寄りの都道府県が中心です。なおどんな仕事をするかによっても勤務地が変わってくるので、まずは「お酒に関わる仕事のうち、何がしたいのか」を考えておくことが大切です。

お酒関係にも強いおすすめの転職エージェントサイト6選

1位 2位 3位 4位 5位 6位

doda

リクナビNEXT

ビズリーチ

アクシスコンサルティング

5.0
★★★★★
4.7
★★★★☆
4.5
★★★★☆
4.3
★★★★☆
3.9
★★★☆☆
3.7
★★★☆☆
飲食業界に強い お酒業界全般に強い 全ジャンル網羅。転職した約8割の人が利用 経験を活かしてハイクラスの仕事を探すなら 工場関係・家賃0円の社宅・寮の紹介が有 コンサル・アドバイザーの仕事に強い
公式を確認 公式を確認 公式を確認 公式を確認 公式を確認 公式を確認

 

日本酒に関わる職種の例を紹介!仕事内容や収入は?

きき酒師

日本酒

  • 仕事内容:料亭やバーでの勤務、イベントスタッフ、販売店のスタッフなど。日本酒の味や歴史などを深く理解し、伝えていく
  • 必要なスキル:「唎酒師」の資格※未経験でも働ける場合あり
  • 年収・月給:年収300万円〜500万円前後※職種による
  • 福利厚生:会社によりさまざま

きき酒師は、いわば日本酒版のソムリエのようなものです。お酒についての知識を身につけたうえで、専門用語など難しくわかりにくい部分をお客様にわかりやすく伝え、日本酒の魅力を広げていく仕事です。
具体的には料亭やレストラン、バーなどで勤務し、お客様にお勧めの日本酒を紹介したり、日本酒イベントなどで個人・企業を相手に日本酒の魅力や特徴を伝えていきます。
きき酒師のメリットとしては、活躍の場が広いことが挙げられます。きき酒師の資格があれば、お店での勤務はもちろんメディア関連の仕事をするなど、お酒に関わる仕事はなんでもしやすくなります。また唎酒師という資格がありますが、必ずしも資格を持っていないといけないわけではありません。未経験の状態から仕事を始め、働きながら資格を取るという方もいます。
一方できき酒師のデメリットとしては、常に勉強し続けなければならないということです。新発売の日本酒の魅力や味の違いなども理解しておかなければならず、常に新しい情報を手に入れるというアンテナを張っておく必要があります。そのためとにかく日本酒が好きという熱い気持ちや、向上心がある方に向いています。

きき酒師にもおすすめの求人転職サイト:フーズラボ


フーズラボは飲食店の求人・転職を扱うサイトです。きき酒師として活躍できる飲食店を探している方にとってもおすすめです。
フーズラボは豊富な新着求人の中から、自分のスキルや求めている条件に合わせて仕事を探すことができます。その中には限定求人や非公開求人も多く、優良企業で働きたいという方にとってもおすすめできます。
フーズラボの公式サイトをチェックする
 

杜氏(最高責任者)

杜氏

  • 仕事内容:酒造計画、人員配置、設備管理、品質・商品量管理、発酵状態の測定・分析など、日本酒の製造に関わる業務全般
  • 必要なスキル:実務経験および醸造学や生物・食物・農学などの知識、酒造技能士(必須ではない)の資格など
  • 年収・月給:年収500万円~1000万円程度

杜氏は日本酒の酒造において、酒造りの最高責任者を務める人のことです。本人が酒造りの作業そのものを行うというよりは、蔵人に指示する立場になります。
杜氏は明確な免許や資格などは必要ありませんが、基本は蔵に1人の最高責任者の立場なので、誰でも杜氏になれるわけではありません。杜氏は計画から管理、そして測定まで日本酒造りの全てに携わるため、酒造りの知識はもちろん統率力や判断力、そしてセンスも必要になります。そのためまずは蔵人としての経験を積むことからスタートします。そこから杜氏になるまでには7~10年程度かかると言われています。
かつては杜氏は職人のような立場で、各地の杜氏集団に入り学ぶというケースが多かったですが、現在では雇用形態が変化しており、蔵元やメーカーに正社員として就職し杜氏を目指すというケースが増えています。
杜氏のやりがいは、なんといってもお酒の全てに携われることです。1人前の杜氏になればできることも増えるため、年収なども良くなります。
ただし働く場所が限られているため、誰しもが簡単になれるわけでなく、長年の経験を積む必要があります。また現在は後継者不足問題もあり、後輩育成が難しく自分の都合で働けるとは限りません。

杜氏にもおすすめの求人転職サイト:doda


杜氏は日本酒造りの中でも、高いレベルの実力が求められる仕事です。自分のスキルをしっかり活かして働ける場所を探しているなら、ぜひdodaに登録して仕事を探してみましょう。
dodaは日本全国の様々な企業や会社による求人を取り扱う転職サイトで、職種はもちろん勤務地や年収などの条件から仕事を探すことができます。Uターン・Iターンで働きたい方にもおすすめです。
dodaの公式サイトをチェックする
 

蔵人(杜氏のもとで働く人)

蔵人

  • 仕事内容:お米になる原料を蒸す、もろみを絞る、仕込みの状態確認、機械管理など日本酒造りの工程に関わる業務全般
  • 必要なスキル:お酒に関する知識(ただし新人からでも可能)
  • 年収・月給:月給18~20万程度
  • 福利厚生:住み込みになる可能性もあり、早朝手当や賄いなど

蔵人は酒造にて、杜氏のもとで働く人のことを言います。具体的にはお酒の原料となるお米を洗い、もろみを絞るなどの、お酒づくりそのものの工程に携わる人を指します。その業務はさまざまで、一般的には工程ごとに分かれ、複数人で担当した業務に従事することが多いです。
蔵人となるためには、お酒の知識があればあるだけ良いでしょう。ただし経験や資格は必須ではなく、新人からでも蔵人になることができます。ただし新人の場合は酒造の清掃や酒造で働くスタッフの食事づくりなど、雑務まで1からこなす必要もあります。
蔵人になるメリットとしては、働きながらお酒の知識や技術を学べるということが挙げられます。蔵人として働きながら修行を続けていけば、杜氏を目指すことも可能です。
なお蔵人のデメリットは、肉体労働であることや忍耐力が必要なことが挙げられます。特に繁忙期は早朝から作業する必要があり、プライベートの時間を作りにくいということがあります。

蔵人にもおすすめの求人転職サイト:リクナビNEXT


日本酒の蔵人として働きたいなら、リクナビNEXTで求人を調べてみましょう。リクナビNEXTは転職者の約8割が利用していると言われる転職サイトで、求人の情報が非常に多く掲載されています。
求人情報の他にも、面接のコツや書類の書き方など転職のノウハウなども知ることができます。そのため未経験からお酒の仕事を探したい方、初めての転職という方でも安心です。
リクナビNEXTの公式サイトをチェックする
 

日本酒海外輸出担当

日本酒海外輸出担当

  • 仕事内容:海外への営業、取引、現地出張、展示会参加、商品説明など、日本酒を海外に広めるための仕事
  • 必要なスキル:英語力、接客・営業スキル
  • 年収・月給:350万円~500万円

日本酒海外輸出担当は、酒造メーカーなどに就職し海外輸出に関わる仕事をする人のことです。いわば売り手側の仕事であり、海外顧客や企業を相手として取引をしていきます。
現在海外では「ジャパニーズ サケ」の愛称で日本酒がたいへん好まれており、これから発展が見込める市場でもあります。
なお海外輸出に携わる仕事なので、英語スキルは必須となります。海外出張なども年に数回あります。営業スキルも必要であり、大手なら未経験の新入社員でも採用してくれますが、規模の小さなメーカーなどでは即戦力となる方が求められる傾向にあります。
日本酒海外輸出担当のメリットややりがいとしては、海外相手なので国内よりも発展の伸び代があり、うまくいけば事業規模を広げられるという点にあります。より多くの人に日本酒の魅力を伝えることができ、ビジネスとしてもチャンスが大きい分野です。
デメリットは実力がモノを言う世界であり、向かない人には厳しいということです。例えば造り手は定められた工程でお酒を造る、販売者は毎日お店や飲食店でお酒を売る・提供すると言う一定の流れの業務になりますが、海外輸出はそうではありません。取引を成功させたり人脈を広げたりする必要があり、お酒に対する気持ちだけでなく高い営業スキルやコミニュケーション力も大切になってきます。

日本酒海外輸出担当にもおすすめの求人転職サイト:ビズリーチ


ビズリーチはハイクラス向けの転職サイトです。自分の語学力や経験を活かし海外に向けて活躍していきたい方などにとてもお勧めできます。
年収の高い求人が多く、また基準を満たしたヘッドハンターが多数いるので、「今より良い条件で働ける場所を探している」という方に適していると言えるでしょう。職種や業種からも仕事を検索できるので安心です。
ビズリーチの公式サイトをチェックする
 

酒屋

酒販店

  • 仕事内容:酒類の販売、仕入れ、卸売、発注など
  • 必要なスキル:一般酒類小売業免許、酒類卸売販売免許、通信販売小売業免許など
  • 正社員 年収・月給:年収約385万円 月給約32万円
  • アルバイト:平均時給945円

酒屋は日本酒をはじめ、さまざまなアルコールを販売する事業です。酒屋を開業する場合には、形態によって免許が必要になります。店舗で販売する場合は「一般酒類小売業免許」、飲食店などを相手に卸売する場合は「酒類卸売販売免許」、さらに近年で取引の増えているインターネット上での通販などには「通信販売酒類小売業免許」が必要になります。
ただし開業するわけではなくスタッフとして働くのであれば、アルバイトからでも挑戦できます。
 

工場・物流など

工場・物流など

  • 仕事内容:日本酒をは製造、販売するメーカーやその工場にて、お酒を梱包したり配送したりする仕事
  • 必要なスキル:難しい資格は必要ありません
  • 年収:300万円~400万円程度

日本のあらゆる場所で作られている日本酒は、それだけ蔵元や工場も多いです。製造された日本酒を商品として販売するためには、工場や倉庫にて物流関連の仕事をする人も必要不可欠になってきます。日本酒関連の工場や物流では、日々製造された日本酒を商品としてリリースできるように、箱詰めや梱包、配送作業などが行われています。
工場や物流での仕事は一見難しく感じるかもしれませんが、実は未経験からでもできる仕事であり資格も不要なことが多いです。特にマニュアル完備の職場を探せば、働いていく間に仕事を覚えることができます。
なお工場や物流での仕事は、お酒の製造や販売に比べると裏方仕事になるため、お酒関連の派手な仕事に就きたい方には不向きです。その一方でコツコツとした作業が得意な方、他業種からでもチャレンジできるお酒の仕事を探している方には非常におすすめです。

工場求人に特化して相談できる:ポイントバンク

工場求人 ポイントバンク
日本酒関連の工場求人を探している方はポイントバンクがおすすめです。ポイントバンクは工場・倉庫でのお仕事を紹介してくれるサイトで、未経験からでも挑戦できる仕事が多いです。梱包や軽作業のほか、マシンオペレーターや搬送・仕分けといった作業のお仕事も紹介してくれます。
またポイントバンクは、社宅・家賃0円寮の求人紹介も得意としています。住み込みや寮生活ができるお仕事を紹介してもらえるのが大きなメリットです。

ポイントバンクの公式サイトをチェックする
 

お酒関係にも強いおすすめの転職エージェントサイト6選

1位 2位 3位 4位 5位 6位

doda

リクナビNEXT

ビズリーチ

アクシスコンサルティング

5.0
★★★★★
4.7
★★★★☆
4.5
★★★★☆
4.3
★★★★☆
3.9
★★★☆☆
3.7
★★★☆☆
飲食業界に強い お酒業界全般に強い 全ジャンル網羅。転職した約8割の人が利用 経験を活かしてハイクラスの仕事を探すなら 工場関係・家賃0円の社宅・寮の紹介が有 コンサル・アドバイザーの仕事に強い
公式を確認 公式を確認 公式を確認 公式を確認 公式を確認 公式を確認

 

あると役立つ資格や学校をチェックしてみよう

あると役立つ資格や学校をチェックしてみよう
日本酒の仕事をしたいと思ったら、日本酒の知識を身につけておくと有利になります。日本酒検定」や「唎酒師」など日本酒関連の資格もあるので、勉強しながら身につけると良いでしょう。資格があれば、未経験や新人からでも就職できる可能性が高まります。
専門学校に通えば、資格の勉強をすることもできます。

 

まとめ

日本酒を仕事にしたいと思ったら、まずはどんな仕事があるのかを知り、自分がどのような仕事に向いているかを考えましょう。
中には新人から未経験でもはじめられる仕事もあります。また仕事に有利な資格を取ると言う方法もあります。
どの職を目指すにしても、行動は早い方が良いでしょう。気になる仕事があれば是非調べてみてください。

関連記事

  1. 兵庫のお酒に関わる求人や職業

    職種から考えた兵庫県神戸・姫路等のお酒や工場・飲食関係おすすめ転職求人サイト6選

  2. ソムリエ

    日本酒・焼酎・ワインを学ぶ上でおすすめお酒の資格・講座9選

  3. 長野のお酒に関わる転職求人

    職種から考えた長野県のお酒や工場・飲食関係おすすめ転職求人サイト6選

  4. 広島お酒に関わる転職求人

    職種考察!広島県のお酒や工場・飲食関係おすすめ転職求人サイト6選

  5. 北海道のお酒に関わる転職サイト

    職種から考えた北海道のお酒工場や飲食のおすすめ転職求人サイト6選

  6. 徳島県お酒に関わる転職求人

    職種から考察!徳島県のお酒や工場・飲食関係おすすめ転職求人サイト6選